LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

更新情報

今日の愛知県の最高気温は39℃。とても残念なことに、昨日は愛知県内の小学校でも1年生の子が熱射病で亡くなるという痛ましい事故も起きてしまった。それぐらい暑い日だったし、今日もその暑さが続いている。夏は始まったばかり。この暑さはまだまだ続くわけだが、とりあえ
『危険な暑さの夏』の画像

いやあ、暑かった!そして熱かった!6年ぶりに静岡県掛川市のつま恋で開催された夏フェス、ap bank fes '18 に挑んできた。夏フェスは本当に体力勝負。正直、かなりの覚悟が要る。そして、想像どおりしんどかった。しかしたまにはこういうのもいい!汗をたくさんかいて、その
『よく来たね』の画像

梅雨が明けてとても暑い日が続いている。こんな時、映画館で涼むのは私の常套手段でもある。 池井戸潤さんの小説の中で私の好きな作品は、まず「下町ロケット」、そしてもう一つは「空飛ぶタイヤ」。共に、読みながら、何度も涙が込み上げた作品だ。「空飛ぶタイヤ」につい

これは車内でも使える冷蔵庫。シガーソケットから電源をとれるというもの。決して珍しいものというわけではないが、最近ちょっと興味を惹かれている。夏のドライブやキャンプで活躍してくれるであろうことは明らか!現在は保冷剤を入れたクーラーボックスで事足りているのは
『ただいま考え中』の画像

今朝のニュース、「2050年には世界で販売する全て の日本乗用車を電動車に」。 まだウチの息子が小さいころ、といってもほんの十数年前のことだが、街中にはまだレコード店というものが残っていて、その看板を見た息子が「レコードって何?」と訊いてきたことがあった。 私

遂にこういう時代に入ってきた。ランドローバーにもプラグインハイブリッドのモデルが発売されるようになった。CO2排出量が64g/kmとのこと。こういう数値にも敏感にならなければいけないだろうが、正直まだピンとこない。しかし、燃費なら分かる。記事によれば2.8l/100km、リ
『プラグインハイブリッド』の画像

最近では各自治体で資源の再利用をするための回収施設が整うようになっている。長久手にもエコハウスという施設があり、紙や金属、乾電池やインクカートリッジなど、細かく種類別に分けて回収するようになっている。 その中に「小型家電」というコーナーがある。テレビや冷蔵
『みんなのメダル』の画像

東洋経済新報社から毎年「住みよさランキング」が発表されるのだが、昨日、2018年のランキングが発表された。レイブリック本社のある愛知県長久手市は今年は全国第2位。私が生まれ育った街でもある長久手がこのように評価されることはとても嬉しいことである。 長久手は、
『住みよさ』の画像

私は現在53歳。少し早いが、今日は年金の話を。 最近、「トンチン」という保険用語を立て続けに聞いた。流行り始めているのかもしれない。聞くごとに少しづつ理解できてきて、また興味も持つようになった。 まず保険の仕組みの話から。例えば、なじみの深い自動車保険の場合
『トンチン』の画像

愛知県にもこんな素敵な場所があった。 豊田市の山間部、稲武町に出かけた。ランチをしたところで、この辺でどこかお勧めの場所があればと訊ね、教えてもらったとことがここ。面ノ木(”めんのき”と読む)風力発電所。私は、ダムや橋など、巨大建造物に妙に惹かれるところ
『至福の時』の画像

とあるカフェで行われた木工教室に参加してきた。本職は家具職人をされている方が先生として招かれ、我々カフェのお客さんが先生に教えてもらいながら作品を作るというイベントだった。今日の課題はクルミの木を使ったコーヒーメジャースプーン作り。円筒形の穴や、大まかな
『木工教室』の画像

マイカーの走行距離が伸びていくことは、思い出や歴史の積み重ねを実感することができ、とても感慨深いものである。現在のマイカーであるバンデンプラの場合はより一層その思いが強い。 先月の足掛け6日間の旅ではおよそ1,400kmを走破した。群馬県や長野県ではいくつもの険し
『走行43万キロ達成。』の画像

トリマーで周囲を削った板をペンキで塗り、できあがったのがコレ。看板を貼りつけるためのベース。看板を直に壁に貼ってもよいのだが、まあこれはちょっとした自己満足である。しかし、たったこれだけでも自分が手掛けたものに対する愛情も深まるもの。
『D.I.Y.』の画像

木工D.I.Yは私の趣味のひとつ。木工の技術も奥が深く、いつまで経ってもその世界の入り口あたりをウロウロしている感じがしている。しかし様々な加工がしたくなるわけで、それを補ってくれるのが道具である。今日もそのうちのひとつを紹介しよう。 これはトリマーという電動
『トリマー』の画像

バンデンプラでの旅も今夜で5泊目。最後の夜は旅の締めくくりにふさわしくこんな素敵なところで!日暮れとともに空は薄く曇り、今夜は月も星もない真っ暗な夜になった。気温も下がってきたので、焚き火で暖をとっているところ。少し早いけどこの薪を使いきったら眠るとしよ
『エピローグ』の画像

↑このページのトップヘ