LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2006年01月

国内唯一のランドローバー専門誌LAND ROVER MAGAZINEを発行しているサドルシューズから今年もBuyers&Parts Guideが発売された。 表紙を見るとどこかで見たことのある写真。 そうだ!ランドローバーマガジン31号の特集の時の写真だ!
『ランドローバー・バイヤーズ&パーツガイド』の画像

お客さまからディスカバリー3用のルーフキャリアの問合せがあった。 欧州車を中心として世界中のあらゆる車種に対応しているスウェーデンのTHULE(スーリー)社からも現在のところ発売されていない。 純正品のほかに選択肢はないのか?!

雑誌やウェブ上では見たことがあったが、今日初めてiPod nanoを手にした。小さい!!! 電車通勤をしているわけでもなく、音楽を聴くのはもっぱらクルマの中なのでポータブルオーディオには全く興味がなかったが、最近はレイブリックにメンテナンスで来店されるユー
『25年の壁』の画像

『20インチアロイホイールはダンプト・ステアリング・システム付き車両のみ装着できます。』 レンジローバー・スポーツのオプションホイールの頁の注意書きで意味不明な用語を発見!『ダンプト・ステアリング・システム』が何だかわからず、車両のカタログやランドロー
『ダンプト???』の画像

彼らの音楽を聴いた人は口をそろえて『インストルメンタルなのに歌っているよう…』という。私は去年の夏に初めてDEPAPEPEを聴いた。 若い二人のギターDUO。自然に体が動き出すような明るい旋律で奏でられる音楽はまるで歌詞があるかのようだ。 昨日、夜中に何気に番

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
多くのレンジローバーが集まるレイブリックでも、白のクラッシック・レンジローバーがこうして2台並ぶことは珍しい! 個人的にも白のクラッシックはカッコいいと思う。もちろん人気もある。かといって『探して欲しい!』といわれても何年に一台しか出てこない代物だ…。
『白クラッシック』の画像

スウィベルハウジングとはフロントのドライブシャフトと車輪との間に取り付けられている部分だ。等速ジョイント(CVジョイント)と呼ばれ、最近のクルマではモリブデン系グリスで潤滑されてゴム製の蛇腹のブーツで保護されているのが一般的だ。ランドローバーも2ndレン
『スウィベルハウジング』の画像

レイブリックのある愛知郡長久手町のとなりの瀬戸市に地上波デジタル放送のためのアンテナがそびえ立っている。地上245メートル。せっかくなら東京タワーや名古屋市のテレビ塔のように展望台でも作ってくれればよかったのに!このタワーの上からなら名古屋市を含む濃尾平
『デジタルタワー』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
一般的なフットブレーキのシステムには踏力を補助する倍力装置としてバキュームアドバンサーが使われている。エンジンの吸気側の負圧を利用してブレーキペダルを踏む力を補助する役目だ。そのシステムの上にABS(アンチロックブレーキシステム)が追加される。ABSは雪
『ABSアキュームレーター』の画像

雪国の人たちにとってはきっと毎日のことだろうが、愛知県ではクルマに乗り込んでマイナスの外気温度を表示することは滅多にない。さすがに寒い! 外気温度センサーの位置の問題だが、2ndレンジローバーの頃はあまり正確な温度とはいえなかったが、3rdレンジローバー
『−1.5℃』の画像

やけに散らかった物置のようだが、これはバンの中!工具を満載して営業にやってくるスナップオンのバンの中だ。 板前さんは『包丁一本』というが、メカニックはそうはいかない。ミリ単位のあらゆる工具がたくさん必要だ。しかも、これが安いものではない。満足いくまで全部
『永久保障』の画像

放熱する魂に。 沸きたつ細胞。 挑発する存在。 眼が肌が、感応する。 レンジローバー・スポーツのカタログからの抜粋だが、画像もさることながらコピーがカッコいい!何かの歌詞の中から引っ張り出してきたような力強い言葉だ。
『コピー』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
2ndレンジローバーのマイナーチェンジ以降にはホワイトウインカーレンズが採用されている。ウインカーはオレンジ色に光らなきゃいけないので、レンズが白の場合は電球がオレンジ色になっている。そのオレンジ色の塗料が剥がれてくると単純に白く点滅するようになってしま
『ホワイトウンカーレンズ』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
ディスカバリー・シリーズ2のマイナーチェンジ後(LT94A型)のサーモスタットの不具合が発生した。 今朝の最低気温は0℃。それなのにアイドリング中に水温が上昇して電動ファンが作動した。状況からサーモスタットの不良と判断し、交換した。 こうした診断では温
『氷点下にオーバーヒート?』の画像

切り文字ステッカーが出来上がってきた。 ホワイト・ブラックのほか、シルバーとグレー。なかなかいい感じ! ボディーに貼られているストライプや車名・グレード等のデカール類に近い色を選んでみた。ボディーに貼る場合にさりげなく馴染むようにと考えてみたが、まあ自己
『自己満足』の画像

味噌カツ定食 地元の人もこれほどまでに典型的な名古屋名物はなかなか食べることはないだろう。 昨年、愛知県で開催された万博の影響で名古屋名物がいっきにもてはやされるようになった。幹線通り沿いの飲食店には『名古屋名物ひつまぶし』とか、『名古屋名物味噌煮込み
『王道』の画像

岐阜県との県境、愛知県豊田市で火の見やぐらを発見!子供の頃にタイムスリップしたような風景だ!懐かしい!
『火の見やぐら』の画像

1月11日のブログを読んだ読者の方から報告があった。 確かにゴルフの練習用のネットだが、ただの練習用じゃない!ナント、会員制なのだ! 会員になるための条件は、このお店で新車を購入したユーザーまたはサービス工場を利用するために登録したユーザーとのこと。輸入
『会員制』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
3rdレンジローバー・スーパーチャージドのフロント部分ラジエターグリルのドアップの写真だが、あらためてこうして見てみると凝った造りだ!まるで欄間のようだ。 ところで、エンブレムのランドローバーの楕円のマークは、スーパーチャージドだけはブラックで精悍なイメ
『欄間』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
ちょっと見慣れない形状のこのオルタネーターは、2005年までのBMWエンジンの3rdレンジローバーのもの。普通、オルタネーターにはケースにスリットが入っていて、プーリー付近にはクーリングファンが付いている。つまり空冷だ。 ところが、このオルタネーターには
『水冷オルタネーター』の画像

これは2ndレンジローバーのエアサスペンションの構成部品であり、システムの要となっているバルブブロックだ。 今回のトラブルは「車高が上がらない」! 診断の結果、蓄えられるべき圧縮空気が排気しっぱなしになっていることから車高が上がらないことが分かった。バル
『エアサスペンション』の画像

正面の黒い建物は、昨年8月にオープンした某国産高級車のショールームの裏手側。まだ訪れる機会がなく、ショールーム内や実際のクルマの雰囲気は感じたことはない。 もちろん、私がそのショールームに出向いて新車を購入することは生涯ないだろうが…。ただ同業として、ま
『ゴルフの練習用ネット』の画像

2ndレンジローバーのエギゾーストテールパイプは何故かここによく穴があく。この錆がもっと進行するとリヤサイレンサーの手前でパイプが完全に切断してしまう。しかし、センターパイプのサイレンサーでほとんどの音を抑えているので案外異常に気が付かないものなのだ。音
『マフラーの腐食』の画像

この写真を見てピンとくる人もきっといるだろう! ココは名古屋市名東区のとあるスペイン料理店。そう!この6角形の幾何学模様の壁は昨年開催されていた愛知万博のスペイン館の壁だ! 各国の言葉で、『のぼるな!』『のぼるな!』『のぼるな!』とユニークに書かれていた
『残像』の画像

今朝、出社したら水が出ない!水道管が凍結した。 この冬、最低気温が氷点下になることはしばしばあったが、特に冷えそうな時は前日からチョロチョロ水を出したりしていた。昨夜はなにも対策せずに帰ってしまった。 寒さに慣れて油断した…。
『凍結』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
2005年10月28日でも紹介したウォーターポンプの話。98年ディフェンダー90(V8ガソリンエンジン)の故障車が入庫した。日本で正規に販売されたディフェンダーのV8ガソリンエンジンは基本的には2ndレンジローバーのエンジンと同じものだ。今日の修理も同様にウォー
『ウォーターポンプ』の画像

年末年始の1週間の休暇も今日で終わり。明日からレイブリックの2006年がスタートする。 連休をとると仕事始めの日はやはりペースが狂う。少しでも早くリズムを取り戻すために、できる限り前日に一度出社するようにしている。連休の間に届いた郵便物やファックスを整理
『営業開始準備』の画像

ボーリング場に行ったらナント、3時間30分待ち! 子供のころ、プロボーラーの中山律子さんが大ボーリングブームを引き起こした記憶がある。私が学生の頃にはトムクルーズの映画『ハスラー2』がきっかけでビリヤードブームもあった。そんな頃でも3時間半待ちなどめった
『3時間30分待ち』の画像

LAYBRICK加藤ブログ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。 私の2006年はスキーで幕開けした。 ゲレンデに着いてびっくり!ガラ空きだった!午前10時から途中昼食をはさんで午後4時までノンストップ!快晴のなか何十本滑ったか覚えていない。 私の
『初滑り』の画像

↑このページのトップヘ