LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2006年04月

ディスカバリー3の限定車が発表された。G4 CHALLENGE Limited Edition。150台の限定とのこと、個人的には是非G4カラーのオレンジ色を設定して欲しかった。オプションでルーフラックやシュノーケルも用意されていることだし、オレンジ色があれば見た目はまんまG4仕様
『G4チャレンジ』の画像

ブレーキダスト超低減パッドの続報! レイブリックのデモカー3rdレンジローバーの左前輪のみに取り付けて一週間(市街地走行で200キロ)が経過した。効果は歴然!左右の汚れ方は全然違う。心配していたブレーキ鳴きも今のところない!ブレーキング時にハンドルをとら
『ブレーキダスト(その3)』の画像

ディスカバリー3、お前もか! なんて冗談を言っている場合じゃないが、ディスカバリー・シリーズ1の頃は日常茶飯事だったリブベルトのトラブルがディスカバリー3でも発生した。走行僅か2,000キロ。オートテンショナーのガタが原因でベルトがプーリーからずれながら
『テンショナーのガタ』の画像

6月1日に法改正が行われる。我々の業種では特に駐車違反の取締りに関する内容にはシビアになっている。駐車違反の反則金に関して督促を受けた場合、反則金を納付しなければ車検が受からないというのだ。『車検が受からない』というのが微妙な表現で、陸運支局に確認したとこ

ディフェンダーというクルマは屋根が付いている(当たり前だが)にも関わらず、あらゆるルートから雨が侵入する。しかし、今日のケースには驚きだ。侵入の原因はルーフの最後部。リベットで接合された2枚のパネルの僅かなすき間からだ。ここから侵入した水が、ルーフの内側
『ディフェンダーの雨漏れ』の画像

2ndレンジローバー(M/C前)の泣きどころのひとつ。ピラートリムの植毛が剥げてくる。運転していても視界に入る部分だけにけっこう気になる。新品パーツを取り寄せて交換すれば手っ取り早いが1本あたり1万数千円の費用がかかる。そこで剥がれかけた植毛を全部剥がしてし
『ピラートリム』の画像

ブレーキダスト超低減というコンセプトのブレーキパッドをレイブリックのデモカーに取り付けてみた。試験的に左側前輪のみ。右側は純正パッドのまま。このままで一週間使ってみることにした。 左右で汚れ方を見比べるために一度ホイールをキレイに掃除しようとした
『ブレーキダスト(その2)』の画像

1948年に誕生したランドローバーが1998年に50周年を記念して限定発売されたモデル「50th Aniversary」。その限定カラーがアトランティス・ブルーだ。2ndレンジローバーとディスカバリー・シリーズⅠには限定仕様を発売。本国ではディーゼル&マニュアルトランスミッション
『アトランティス・ブルー』の画像

都市高速では日本一値段が高いといわれている名古屋高速道路。料金は750円。 首都高速や阪神高速道路ほどではないが、最近では時間帯によっては環状線を中心に混むようになってきた。しかし、ここ東山トンネルはいつも空いている。東名高速道路の名古屋インターから名古
『東山トンネル』の画像

欧州車の宿命なのか?!ランドローバーも例外ではなく、フロントのホイールがブレーキダストで真っ黒になる。掃除を怠るとガンコにこびりつき、ちょっとやそっとじゃ落ちなくなるから厄介だ。 3rdレンジローバー用のブレーキパッドが某メーカーから発売された。うたい文
『ブレーキダスト』の画像

今年初めてのプロ野球観戦に行ってきた。 一塁側内野席に座ったが、周りには阪神ファンもちらほら。以前はたまたま一塁側に座ってしまったビジターチームの応援は控えめにしていたような気がするが、最近はあまり関係ないようだ。一塁ベンチの真上にも縦じまが見えた。 レ
『ナゴヤドーム』の画像

フリーランダーのヘッドランプのレンズはガラスではなく樹脂製だ。ゆえに経年でこうしてくもってくる。見栄えも悪いし、ヘッドランプも暗い。 この場合はコンパウンド(研磨剤)を使って磨いてやればくもりは取れる。研磨剤は自動車用のワックスにも含まれる。メ
『ヘッドランプ磨き』の画像

環境問題に取り組むある有名人のコラムでこんな内容の話があった。 ****************************************************** ハンバーガーショップでハンバーガーとコーヒーを注文した。クルマの中で袋を開けたら、ポテトも入っていた。セットメニューのほうがお得だろ

「なんとなくヒーターの効きが弱い!」というのが今日のユーザーの訴え。エンジンルームを点検するとやはり冷却液が入っていない。ヒーターはエンジンの冷却水の温度を利用して温風を作っている。冷却液が少なくなり、ヒーターのシステムに温水が回らなくなるのだ。 冷却
『クーラント漏れ』の画像

とある割烹料理屋で出された珍しいもの!私も初体験の珍味。 料理長がプルプルのババロアのようなものを持ってきた。 直径は12〜3センチ。なんだろう?透明感があり、クラゲにも見える。 聞けばたこの卵巣だという。北海道直送だと自慢げの料理長!たこのこと云うらし
『たこのこ』の画像

これが名古屋名物であることはずいぶんあとになって知った。 初めて食べたのは高校1年の時。トッポというあんかけスパの専門店だった。学校帰りによく仲間と食べにいった。その頃からスパゲティのスタンダードだった。 あんかけと聞くと中華あんかけをイメージする人もい
『あんかけスパ』の画像

我々自動車販売業者が取りあつかう損害保険はほとんどが自動車保険と自賠責保険。 まれに障害や賠償責任に関する商品を取り扱うこともある。身近なものだとスポーツに関する保険だ。ゴルフ・スキー・釣りなどが主なもの。ゴルフに関しては自動車保険にゴルフ特約という形で
『エースだ!おめでとう!』の画像

2ndレンジローバーまでのV8エンジンは、ランドローバーの場合は基本的には同じエンジン。クラッシック・レンジローバーやディスカバリーⅠ、ディスカバリーⅡ、また3.9リットルから4.6リットルに至るまで年式により仕様変更はあるものの構成体はほぼ同じ。つまり
『インテークマニホールド・ガスカット』の画像

1998年の自動車保険の完全自由化以降、契約者のニーズに合わせてあらゆるパターンの保険契約が可能になった。損害保険会社各社はそれぞれ特徴を出し、契約者の確保に取り込んでいる。我々保険代理店も移り変わる商品に確実についていかなければ契約者に適切な保険契約を

レンジローバー・スポーツのスターターモーター。 DENSO(日本電装)の文字を発見!この文字を見るとなんだか安心する。 何年か前にイタリアの大手電装品メーカーのマグネット・マレリー社が日本電装と業務提携した。以来、クラッシック・レンジローバーやディスカバ
『DENSO』の画像

レイブリックのまん前にある桜がようやく満開になった。3月末の雪の影響などもあって、きっと例年より遅くなっているのだろう。 向かいのマンションの敷地内にあるのだが、ここは以前は某大手都銀さんの保養施設だった。敷地内には入ったことはなかったが、森や池もあり野
『ようやく満開』の画像

黄砂の影響で空がかすんでいる。晴れているが雲は見えない。月のように白く浮かんだ太陽が神秘的だ。
『モノクロの太陽』の画像

来冬のスタッドレスタイヤシーズンに向けて今年2月から進めているホイール作成の3度目の打ち合わせを行った。デザインを基準にホイールの図面が出来上がってきた。 対象車種は現行モデルであるレンジローバー・スポーツと3rdレンジローバー、そしてそれぞれにはBre
『続々・アルミホイール』の画像

 ペンフレンドの二人の恋は  つのるほどに悲しくなるのが必然  また青いインクが涙でにじむ切なく  若すぎるから遠すぎるから  会えないから会いたくなるのは必然  貯金箱壊して君に送ったチケット  定期入れの中のフォトグラフ  笑顔は動かないけど  
『大きな玉ねぎの下で』の画像

定休日の今日はゴルフに行っていた。 ラウンドしたコースは岐阜県可児市の東建塩河カントリークラブ。来週開幕するJAPANゴルフツアー第一戦東建ホームメイトカップが開催されるコースだ。 スタート前に準備をしていると今日担当していただけるキャディーさんがやっ
『東建ホームメイトカップ』の画像

競馬にはそれほど詳しくない私でもこの馬の名前は知っている。 メジロマックイーン (以下、枠番の記憶は定かではないので間違っているかも…) 平成3年秋の天皇賞! 連勝複式の馬券はそれまでは枠で仕切られていた(枠連)が、確かその年から馬連も発売されるように

国土交通省中部運輸局から勧告書などという仰々しい文書が届いた。 車両を販売する際、クレジットを利用していただくいわゆる割賦販売の場合には販売店が所有者になり、ユーザーが使用者になる。所有権留保販売という形態だ。所有権留保販売は特にイレギュラなケースではな
『勧告書』の画像

私の好きなシーン ランドローバー・オフィシャルサイトの中でディスカバリー3が氷上でドリフト走行している。 カウンターハンドルを切って姿勢をコントロールし、大きな車体を正確に走行ラインに載せていくシーンは迫力がある。 DISCOVERY 3 スペシャルサイト >NEW
『ドリフト』の画像

この変わった形の金具がなかなかの優れもの! アクセサリーを取り付けるときなどに使う端子だ。これをブレードヒューズに重ねて取り付けるだけで一切の加工ナシで電源が取り出せる。 収まりもいい!作業時間も大幅に短縮できる。作業はキレイで早くて正確でなけ
『キレイ・早い・正確』の画像

最近のクルマにはこんなところにもエアバッグが付いている。 ETCの取付作業をしているのだが、アンテナをフロントガラスに貼り付けて配線をピラートリムの内側に通しているところだ。ここにエアバッグが存在する以上、配線の取り回しにも注意が必要だ。トリムの隙間から
『エアバッグ』の画像

↑このページのトップヘ