LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2006年07月

150台限定のG4チャレンジリミテッドをじっくり見る機会が訪れた。この限定車の特徴はコイルサスペンション(通常はエアサスペンション)と5人定員(同7人)。このシンプルさが最大の魅力だ。限定車ではなく、ベースグレードとしてラインアップしてほしい。全国的にも
『G4チャレンジ・リミテッド』の画像

誰かがイタズラでボンネットの上にタイヤを載っけたわけではない。これはれっきとしたスペアタイヤで、しっかりマウントされているのだ。ディフェンダーの特徴のひとつでもある。もし、広い砂漠でパンクしてしまったら…。そんな心配からなのか、本来テールゲートに取り付け
『ボンネット・スペアタイヤキャリア』の画像

お客さまからクルマが故障したとの電話があり、状況をお聞きすると自走は控えたほうが良い状態。最近では自動車保険にロードアシスタンスサービスが付帯しているケースが多い。自動車保険に車両保険をかけていれば自動付帯されるのが一般的だ。距離の上限が各社設定されてい
『ロードアシスタンス』の画像

2ndレンジローバーのルーフヘッドライニング(天井の内張り)はだいたいこんな感じに垂れ下がってきてしまう。クラッシック・レンジローバーやディスカバリーⅠの頃も同様だった。つまり全滅…。6〜7年前だったか、クラッシック・レンジローバーのルーフヘッドライニン
『ルーフヘッドライニング』の画像

写真はディスカバリーⅠのドアトリムを取り外したところ。(クラッシック・レンジローバーも同じ構造) ドアの中に組み込まれている樹脂製の黒いボックスはドアロック・アクチュエーターだ。各ドアに付いていてドアロックとリンクされている。リモコンでのドアロックの開閉
『ドアロック・アクチュエーター』の画像

普段はそれほどひどくないが、時々腰痛に襲われる。情けないかな、今日も腰が痛みクルマの乗り降りがおっくうなほどだった。 腰が不自由で動きが鈍くてもちゃんとお腹は減るものだ。そこで思いついたのがドライブスルー!うん、これはなかなか快適だ!
『ドライブスルー』の画像

ディフェンダーはクルマもオーナーもスパンルタンだ!少々の不具合は問題視されないことが多い。少々の雨漏れ、少々の音、少々の隙間風…。少々ヒーターの温風が生ぬるくても、少々クーラーの冷えが悪くても…。 さて、クーラーの冷えがなんとなく悪いと感じているユーザー
『コンデンサーファンの錆び付き』の画像

レイブリックがOPENする午前10時ごろから上空を数機のヘリコプターが旋回している。どうやら東名高速道路上で事故があったようだ。救助、警察、取材などのヘリコプターだろう。どんな事故だか様子は見えないが高速道路が通行止めになるほどなのできっと大きな事故だろ
『事故』の画像

左ハンドルのディフェンダー110。もちろんランドローバージャパンの正規販売車ではない。もう何年前になるだろうか?海外で赴任されてたオーナーが現地で使っていた車両を帰国とともに持ち帰ってきたのだ。帰国される際に現地で処分し、再び日本国内でディフェンダーを探
『輸入』の画像

クラッシック・レンジローバーのクーラーモデルの最終93年モデルでさえ既に13年が経過している。もともと漏れや詰まりにたいする信頼性が低い上に経年劣化とくれば、性能を維持し続けられているほうが不思議だ。冬の間にしばらく使わなかったクーラーを夏になって久しぶ
『クーラーホース』の画像

これはインターネット専用口座の銀行のパスワードを表示する機械。スパイウェアに侵されたパソコンが第三者から監視され、自信のパスワードを盗まれないようにするために考案されたものだ。キーホルダーに表示された6桁の数字は60秒ごとに任意の数字に変わっていく。この
『ワンタイムパスワード』の画像

駐車場のすみにコンテナ倉庫を置いた。海上コンテナのリサイクル品だ。海上輸送のシステムには詳しくないが、まだまだ充分使えそうな気がする。何らかの理由があって現役から退いたコンテナは、丈夫な構造なのでこうして倉庫として使うのには最適だと思う。 倉庫として
『コンテナ倉庫』の画像

来店されたお客さまとの雑談の中で『中型自動車免許』という言葉が出た。中型自動車免許が施行されたら、現在仕事で使っているトラックが乗られなくなる?という疑問だった。恥ずかしながら私は中型自動車免許の存在すらしらなかった。 愛知県警察のHPを見るとちゃんと書
『中型自動車免許』の画像

既にお気づきの読者もいると思うが、アメリカのオフィシャルサイトでは、新型フリーランダーが紹介されている。アメリカではLR2と呼ぶようだ。 レンジローバー・スポーツにもファースト・エディションと呼ばれる70台初回限定車にはオレンジ色の設定があった。フリーラ
『LR2』の画像

ランボルギーニ!!! サーキットの狼世代の我々にとってはスーパーカーと言えばランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ・512BBだ!ポルシェ・930ターボよりも仮に性能が悪くてもそんなことは比較の対象ではない!スーパーカーはスーパーカー!決してスポーツカ
『スーパーカー』の画像

先月、レイブリックは有限会社から株式会社へ商号変更したわけだが、封筒などの印刷物の中にはまだ大量に有限会社レイブリックのものが残っている。ということで、空いた時間にはこうして内職をしている。
『セツヤク、セツヤク!』の画像

先週ドバってきたスタッフが撮ってきた写真には、しっかりランドローバーも写っていた。しかもただのランドローバーではない。Arden(アーデン)というチューニングメーカーのコンプリートカーだ。写真やオフィシャルHPを見る限り、レイブリック内でも『派手〜〜〜っ
『Arden』の画像

20才代の若者にこの写真を見せて『さて、4フレーム目の1投目と2投目はぞれぞれ何本だったでしょうか?』とクイズを出してみた。しかし、クイズが成り立たない…。ナント、そもそも点数のつけ方が分からないとうのだ。 なるほど、最近では勝手に計算されてプリントアウ
『ターキー』の画像

クラッシック・レンジローバーのテールパイプの出口部分が見事に脱落している。まあ、これなら音も公害も問題なさそうだ!(笑) このサイレンサーの前から落ちるケースもあるが、実はそれでもドライバーは気が付かないほど音は変わらない。騒音のほとんどはセンターパイプ
『マフラーの腐食』の画像

今日仕事で訪れた岐阜県本巣市は、富有(ふゆう)柿とホタルのスポットとして有名だ。 ホタルは6月下旬から7月にかけて多く観られるらしい。わざわざ出かけていった知人の話によると、確かにたくさんのホタルが飛んでいてキレイだったそうだ。ただ、遠く離れた駐車場から
『ほたる鑑賞』の画像

ランドローバーの故郷イギリスからお客さまが来店された。パーツの輸出に携わる方でアジア地域の担当者だ。仕事の話はともかく、数時間の限られた短い時間だっただけに海外の人と触れ合う貴重な時間を有意義に使うことに集中した。実務的なことはメールやファッスでやり取り
『イギリスからのお客さま』の画像

ランドローバーとミニ、この組み合わせを所有するオーナーは決して少なくないと思う。クラッシック・レンジローバーやディフェンダーとオールド・ミニの頃には現在よりよくお目にかかった。レイブリックのお客さまでも何人かいらっしゃった。 それぞれのクルマは世代交代し
『ランドローバーとミニ』の画像

ここはディフェンダーのリヤゲートのヒンジ部分。何年も経つとこのように錆びてくる。そしてやがてボルトが途中から折れナットの頭がポロッと落ちる。ボルトは上から刺さっているのでドアが落ちてしまうことはないが、そのままじゃ気分がいいものではない。 ディフェン
『ヒンジの錆び』の画像

梅雨も開け切らぬ湿り続きの天気に台風が絡み、各地に大雨の被害をもたらしている。台風の名はイーウィニャ。なんとも不可思議なネーミングだ…。 日本にやってくる台風にも名前がつけられていることを私は2年前に知った。2004年の夏、あるアーティストの野外ライグ

LRO(LAND ROVER OWNER INTERNETIONAL)の今月号の表紙を飾ったのは、新型フリーランダーだ!旧ローバーグループの崩壊後も唯一ローバー製V6エンジンを搭載し続けられていたフリーランダーがようやくフルモデルチャンジを迎えることになったのだ。 詳細はまだ分からな
『フリーランダー2』の画像

はたらくじどうしゃ、男の子ならきっとこんな絵本の一冊ぐらい持っているだろう。おもちゃにしてもスタイリッシュなスポーツカーより、ダンプカーやショベルカーやゴミ収集車のほうが楽しく遊べるものだ! 今日、レイブリックの前の路上で働く自動車が大活躍していた。
『はたらくじどうしゃ』の画像

エンジンのシリンダーヘッドはアルミ合金製だ。スパークプラグの交換の際に、ほんの僅かだが斜めに差し込み、ちょと堅いなあ…とグッ!と力を入れてレンチを回したとたん、ネジ山がズルっと削れてしまう。 こんな失敗を何年かに一回は目の当たりにする。最悪のケースはシリ
『タップ』の画像

レイブリック的に『ドバる』と言うと、『ドバイに行く』『ドバイで楽しむ』を意味する。 スタッフのひとりがゴールデンウィークを返上したりして休みを温存し、一週間固めて休暇をとり先ほどドバイ(UAE)に出かけて行った。今夜出発の中部国際空港からの直行便だそうだ
『ドバる!』の画像

特にテニスを熱心にやったことはないが、テレビ中継で試合を観るのは好きだ。(今年に限ってはサッカーのワールドカップの盛り上がりで影を潜めた感があるが)現在、イギリスでは全英オープンテニス(ウィンブルドン)が行われている。 10年前に私がイギリスに行ったとき

↑このページのトップヘ