LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2006年10月

レンジローバー・スポーツにオプションで設定されているストーマータイプ・20インチアルミホイールの重量を計ってみた。約17.5kg!2.5トンの重量を支えるためには充分な強度が確保されているのだろうが、それにしても重い…。仮に、鍛造などの特殊な工法で作れば
『アルミホイール』の画像

2ndレンジローバーでも経験があるが、エアコン作動時(オートエアコンなのでほとんど常時作動しているが…)に不定期に『クゥ〜〜〜』っと乾いた音がすることがある。鳴り出すと数分ごとに鳴り、けっこう気になってくる。 エアコンの回路内で高圧で流れるガスが原因でパ
『エアコンからの音』の画像

2ndレンジローバーのエンジンルーム内のにはリレーとフューズがぎっしり詰まったボックスがある。ボンネットを開けて向かって左側、バッテリーの置くの黒いボックスがそれだ。電気系のトラブルでもない限りここを開ける必要はないかもしれないが、ユーザーの方は機会
『リレー』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
エアサスペンションのコンプレッサーはエンジンルーム内の助手席側にある。不定期に『ブ〜〜〜ン!』と作動する。圧縮のための空気の吸い込み口にはフィルターが付いている。これが汚れで詰まってくるとコンプレッサーは普段より頑張って汲まなければならない。頑張って頑張
『エアサスフィルター』の画像

ホームセンターや通信販売などで見たことはあったが、なぜもっと早くから使わなかったのだろうと思った!たまの洗車だけならともかく、毎日ランドローバーの整備をしているのならあらゆる場面で便利に使うことができる。四柱リフトでクルマを持ち上げてから、クルマの中のも
『作業台』の画像

ガムテープでフロントガラスのモールを押さえつけているところ。ガラスとの密着が悪くなり、雨水がモールとガラスの間に入り込むと、そこにはエアコンの外気導入口があるのだ。つまりそこからエアコンの回路内に水が侵入し、足元に落ちてくる。気が付くと助手席の足元が濡れ
『助手席の足元が濡れる』の画像

何年かに一度宝くじを買う。2年前には『夏ラッキー賞』とやらで10,000円が当たった!それが過去最高の当選。 初めて宝くじを買ったのは18歳の年末ジャンボ宝くじだった。学生時代の少ないバイト料から捻出して20枚を買った記憶がある。そして心臓が止まる思いを
『オータムジャンボ』の画像

先月、鈴鹿サーキットで行われたクラブイベントの記事がフォーバイフォーマガジン・12月号(10月25日発売)に掲載された。こういう記事は当事者以外には軽く流されがちだが、参加したメンバーは自身やマイカーが写っていないかと目を皿のようにして見るものだ!私は飛
『雑誌掲載』の画像

ウッドとレザーのコンビネーション・インテリアは英国車の伝統的な手法だ。2ndレンジローバーには1996年と1999年の2度にわたりオートバイオグラフィーという限定車が発売された。通常モデルでは樹脂仕上げの内装部分のほとんどに革が貼られ、あるいはウッド加工
『レザーインテリア』の画像

2ndレンジローバーで、ハンドルを切りながらバックする際にボディの後ろのほうで『カキンッ!』と甲高い音がすることがある。ほとんどの場合は、このボルトを増し締めしてやれば止まる。(写真中央の黄色でペイントされたボルト) このボルトを回すには左側のひとまわり
『パナールロッド』の画像

工場から『ギ〜ン!ギーン!』とハンドグラインダーを使ってなにやら加工をしている音がしていた。その直後、『パンッ』っと甲高い音がした!尋常じゃない音だ!慌てて様子を見に行くと工場内は異臭で充満している。この臭いは希硫酸だ!グラインダーを使っている作業台の少
『引火!』の画像

愛知県の紅葉の名所といえば豊田市足助町の香嵐渓。見ごろは11月中下旬ごろらしい。11月中の夜間はライトアップされ、平日でもかなりの賑わいになる。 整備中に飛んできたカマキリは既に色づいていた!
『紅葉の季節?』の画像

数日前から右の脇の下あたりが痛くなっていた。周辺を押さえてみるとおそらく肋骨か?って感じ。痛みは数日間かけて徐々に増してきて、昨夜は寝返りで痛むため夜中に数回目を覚ました。仮に肋骨の損傷だとしたらおそらく自然治癒に任せることになるだろうとは思ったが、念の

試験中のエンジンオイルの中間報告。 実は、このオイルは私のこれまでのランドローバーに対する常識では考えられないほど柔らかいオイルなのだ。こんな柔らかいオイルを入れたら打音などの悪影響が出る可能背が非常に高いと推測していた。入れてみて調子が悪かったら、も

ランドローバーマガジンでおなじみのサドルシューズさんから今年3月に発売された00号に引き続き、BG01号が発売された。 前回も感じたことだが、この本を見ていると『イギリスにかぶれたい』という願望が湧いてくる。スイス製腕時計でも、アメリカ製アタッシュケース
『GB』の画像

ブラックのスチールホイールで武装したフリーランダー!スパルタンな仕上がりは迫力があってキマッている! タイヤは標準の215/65R16から235/70R16に大型化。計算上、外径で約50mm大きくなる。つまり車高も25mm高くなる。このサイズに変更しても
『フリーランダーをカスタム』の画像

今朝、親戚の法事に行ってきた。般若心経が唱えられた。お経の深い意味を解読したことはないが、終盤での『ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい…』は音的に印象深い。 大学を卒業し、最初に勤めた会社の新入社員研修で(確か)3泊4日の体験修行があっ

トルクレンチ、おそらくこの工具を使わない日はないだろう!ホイールを外す整備の時は締め付けの際には必ず使う。ホイールナットを締め付ける際、インパクトレンチで力任せに締め付けることは大変危険だ。強過ぎればハブボルトが折れることもある。万が一、走行中に折れたら
『トルクレンチ』の画像

『エンジンが掛からない!バッテリー上がり?ところが2ヵ月前にバッテリーは新品に交換したばかり!じゃあ、どこか別の電気系が故障したのか?!』 ここ数ヶ月でこんな症状の2ndレンジローバーが数台入庫した。偶然にも原因はみな同じだった。バッテリーのプラス端子
『バッテリー端子』の画像

名古屋から千歳に向けて飛び立った飛行機からの風景。離陸して十数分で長野県の御嶽山の上空に来た。山頂は既に雪化粧。遠くに富士山が見える! こうして飛行機から富士山を見ると必ず思い出すことがある。23年前、1983年9月の大韓航空機撃墜事件だ。米ソ冷戦構造時
『富士山』の画像

12年ぶりのF1観戦!チケットを確保したときはまだ予想もしていなかったが、鈴鹿でのF1開催20周年にあたる今年が鈴鹿サーキット最後の日本グランプリになった。また、フェラーリのミヒャエル・シューマッハも引退を表明し、その有志を見られる最後の機会になることで
『F1日本グランプリ』の画像

車検整備で入庫したディフェンダーを点検しようとボンネットを開けた瞬間、独特の甘〜い臭いがした。甘い臭いとはクーラント(冷却液)の臭いだ。エンジンルームの中でクーラントが漏れる可能性のある場所を目視で点検していく。まず、ラジエターホースやヒーターホース、V
『ラジエターの腐食』の画像

フロント&サイドアンダーミラーは2006モデルから装着されるようになった。安全のために必要な装備なのは充分理解できるが、せめてもっとスマートな方法はないものだろうか?!と願うのはきっと私だけでもはないと思う! 案の定、他のメーカーのSUVは対応してきた!今

座面位置が高いランドローバーでは、乗り降りの際に特に運転席の座面の角だけが擦れてしまうケースが多い。リフレッシュする場合は皮シートの表皮だけをパーツで取り寄せて交換する方法が一般的だが、局部的な傷みならリペアで治すこともできる。 今日も職人がやってきて何
『皮シート職人』の画像

2007年モデルディフェンダーの話題。 200Tdiあるいは300Tdiと呼ばれたローバー製ディーゼルエンジンからBMW製Td5に変わったのはまだ数年前のことだが、FORD傘下になった現在ではいつまでもBMWエンジンを搭載し続けるはずはない。 2007年
『2007年モデル』の画像

エアコンプレッサーは、整備工場の要となる機器だ。開業以来10年間フル稼働で動き続けている。今朝、コンプレッサーを作動させるとどこかからかシューッ!と圧縮エアが漏れる音がした。これが動かなくなってしまっては仕事にならない!早速修理だ! 先月はエアコン修理に
『10年目の…』の画像

センターコンソールを取り外してようやくたどり着いた黄色のボックスはSRS(エアバッグ)のECU(コントロールユニット)。イントスルメントパネル内にSRS異常が表示された。専用テスターと使った診断の結果、ECU不良と判断された。 実はSRSの診断はスゴク厄
『SRS(エアバッグ)』の画像

いよいよ、今月10日からご当地ナンバーが導入される。 愛知県内では尾張小牧管内に一宮、三河管内に豊田と岡崎の合計3つが採用された。これで愛知県は、名古屋・三河・尾張小牧・豊橋・一宮・豊田・岡崎の合計7種類のナンバーができることになる。私が免許をとったとき
『ご当地ナンバー』の画像

↑このページのトップヘ