LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2007年01月

ブレーキフリュードの交換はエンジンオイルなどのようにドレインから一気に抜いて、リザーバータンクから新しいフリュードを入れるというわけにはいかない。それでは回路内に空気が入り込み、それを抜くのにまた苦労することになる。従って、リザーバータンクから新しいフリ
『エア抜き』の画像

マフラー製作の途中報告。今日から本格的に試作のマフラーを作り始めることになった。音量や音質は職人の勘と経験によるものが大きいが、やはり作ってみないと分からない。ただ、出口の形状は見える部分なので形状やパイプの太さなどはある程度事前に決めることができる。左
『続・マフラー』の画像

通勤途中のガソリンスタンドで見かけた看板だ。ポリマーシーク加工の価格表には、かなり幅広く輸入車が設定されている。純粋にランドローバーの全車種が認知されていることがうれしい。輸入車というだけで、スペアキーも作ってくれない金物屋さんもある。名古屋市内では入れ
『輸入車』の画像

19時で仕事にキリをつけ、床屋へ駆け込んだ。行き着けの理髪店は高校一年の時からの長い付き合いだ。15の春からだから、今年で27年!おそらく30代半ばで理髪店を創められたご主人もすっかり禿げ上がって貫禄がついた。椅子に座ると『今日はどのぐらいで?』と短く聞
『散髪』の画像

フォーバイフォーマガジンの記事をブログネタにするのはインターセプトの反則ワザかもしれないが、面白い記事があったのでほんのちょっとだけ紹介させてもらっちゃいます。 スノーアタック!道なき道を走破し、雪上でキャンプもしてしまうというダイナミックな特集記事。そ
『サバメシ』の画像

カップヌードルの詰め替え用が発売されるとのこと。一度買ったカップを何度も繰り返し使うことで、省資源・省スペース・ゴミの低減を目的にしたもの。今はまさにそういう時代だ。さらに、ホームページを通じてオリジナルのMyリユースカップを作ることも可能だとか。 そん
『リユースカップ』の画像

写真は2ndレンジローバーのエアサスペンションの制御パーツ。ドライブボックスと呼ばれるコントロールユニットだ。トレイ型のハウジングに基盤が入っており、シーラーを流し込まれている構造だ。シーラーは元々黒いものだが、茶色に変色している。部分的に硬化して亀裂に
『熱』の画像

テスト中のエンジンオイルについて テストは、まずレンジローバースポーツ・スーパーチャージドで行った。正直なところ、音や振動などを含めたフィーリングは特に大きく伝わってくる違いは感じられなかった。可もなく不可もなくといったところだ。500km走行時点の燃費は5.

写真は専用テスターを2ndレンジローバーに接続してオートエアコンの診断をしたところ。実はエアコンの表示パネルにブックマークと呼ばれる警告灯が点灯している。しかも、助手席側からは昼夜を問わず熱風しかでなくなっている。症状から温風と冷風を適切にブレンドするた
『ブレンドモーター』の画像

SRSエアバッグが標準装備されるようになってシートベルトの安全装置もレベルアップした。初期の巻き取り式の場合は、衝撃で金属製のボールが慣性で前方に転がることで巻き取り機構のギヤをロックさせ、シートベルトがたるまないようにしていた。原始的だが、簡単な構造だ
『シートベルトプリテンショナー』の画像

最近、ほとんどのクルマに補助灯が付いている。ヘッドランプと同じユニットに仕組まれたり、バンパーの中に埋め込まれたり、初めからデザインされたものがスッキリ収まっている。その昔は補助灯の追加は代表的なドレスアップだった。シビエ、マーシャル、ヘラー、それらの選
『hella』の画像

国産車で自動車整備の基本を学んだ私にとって、ブレーキディスクは消耗品の範囲外だった。92年に初めてフォルクスワーゲンの整備に携わったとき『ブレーキパッド交換2回に1回はディスクも交換!』と、言われて驚いた。パッドよりも減りが遅いだけで、ディスクも確実に磨
『ブレーキディスク』の画像

2005年の愛知万博が開催されているころ、名古屋名物がマスコミに取り上げられそれがきっかけで全国的に知られるようになったものもある。元々有名なものは、みそかつ、きしめん、味噌煮込みうどん、天むす、ひつまぶし。そして、レアなところでは、あんかけスパ、台湾ら
『味噌煮込みうどん』の画像

今ではほとんどのクルマにエアバッグが付くようになり、ハンドルの中にはロータリーカプラーと呼ばれる配線機構が組み込まれるようになった。これは、エアバッグのための結線を確保するためのものだ。右に切っても左にきっても配線は繋がっていなければならない。構造は蚊取
『ロータリーカプラー』の画像

1995年にデビューした2ndレンジローバーも今年で12年目になる。日本国内で一番台数が増えた1998年モデルでさえ9年が経ち、距離的にも10万キロを越すクルマも少なくない。最近では車検整備などでステアリングのボールジョイントが破れ、あるいはガタが発生し
『ステアリング・ボールジョイント』の画像

いただいた年賀状から3等切手シートが3枚当選しました。名前は申し上げられませんが、送っていただいた方、ありがとうございました。 100枚に2枚の確立だからほぼ確立どおり。レイブリックかお送りした年賀状から当たりが出ていてくれればなおのこと嬉しい。 それに
『お年玉』の画像

夜になって、あるマフラー職人を訪ねてきた。目的は新型マフラーの開発の相談だ。およそ2年前に別の工房で3rdレンジローバー用のマフラーを開発した。ところが、2006年モデルで搭載されるエンジンがBMW製からジャガー製に代わってしまったことで互換性がなくてっ
『マフラー』の画像

ホイールメーカーが軽量ホイールのサンプルを持ってきた。鍛造という工法で作られたものだ。サンプルといっても実はこれは他のクルマ用。ランドローバー用はなかなか着手してもらえない。ただ、『これぐらい軽くなりますよ!』という説明のために持ってきただけだ。『軽くで
『鍛造』の画像

錆び付いたりしてドライバーでは回らないボルトを力づくで緩めようとしてもプラスネジの溝がどんどん削れて深みにハマっていくことがある。そんな気配を感じたらネジ山がつぶれる前にショックドライバーでガツンと一撃で緩めてやればよい。プラス頭のネジにあてがってハンマ
『ショックドライバー』の画像

運転免許証の更新通知が届いている。そろそろ手続きに行かねばと思うものの、性格的にこういうことはギリギリにならないと片付けられない。しかも、今回の更新でゴールド免許からブルー免許に降格してしまうので尚のこと気が進まない…。 ブルー免許になった原因は二度のス
『免許証更新』の画像

最近バッテリーを交換したばかりなのに、またエンジンが掛からない!というディゼル車のお客さまのクルマがロードサービスで運ばれてきた。スターターモーターは元気よく回る。つまりバッテリーは問題ナシ!原因はグロープラグだった。グロープラグとは、冷たくなったエンジ
『グロープラグ』の画像

予報どおりとはいえ、朝出かけるときに外に出て真っ白な雪景色にビックリした。クルマの上には1センチほど雪が積もっていた。道路には積もっていなかったので出勤には問題なかったのは幸いだった。 中部地方のほとんどのスキー場も昨夜からの降雪で雪不足から解消されたよ
『めぐみの雪』の画像

『日本のクルマにときめきが帰ってくる。』 日産の新型スカイラインのキャッチコピーだ。私はすっかり輸入車党になっているが、このキャッチコピーをテレビCMで聞いたとき、特に輸入車びいきになっているわけではないことに気がついた。ただ、日産さんが言うように日本に
『ときめき』の画像

ディフェンダーのフロントホイールにオイルらしきものが付着している。放射状に飛び散っていることから、原因は外部ではなくホイールの軸部分にあることが分かる。ディフェンダー、クラッシック・レンジローバー・ディスカバリー・シリーズⅠのランニングギヤ構造は基本的に
『スウィベルハウジング』の画像

レイブリックの2007年の営業は明日1月5日からです。10時にオープンしたらすぐに頭と体がほぼフル回転できるよう、連休最後の今夜はちょっと会社へ行ってきました。溜まっていたファックスや郵便物を整理したり、パソコンなどのOA機器などの作動点検などをするわけ
『助走』の画像

親戚と出かけた料理屋で正月仕様の割り箸におみくじが付いていた。開けてみると『吉』!いろいろ励まされることが書かれていてこんなものでも慶びを感じるのだが、『病気−大丈夫 安心せよ』という一行がなにより嬉しかった!
『吉』の画像

昨年に続いて今年も元旦からスキーに出かけた。名古屋から中央自動車道を北上し、岐阜から長野へと向った。途中の山々を見渡しても一向に雪が現れない…。心配になって目的地のスキー場に電話をかけて状況を聞いたら『一部雪がなくて滑れないゲレンデもありますが、一応何コ
『初すべり』の画像

新年あけましておめでとうございます。今年もブログを継続し、これまで以上に充実した日々にしようと思いますのでお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、正月といえばお節料理! レイブリックのお客さまで何店舗もの飲食店を経営していらっしゃる方がいる。
『お節料理』の画像

↑このページのトップヘ