LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2008年04月

午後8時半ごろ、いつも通っている近所のガソリンスタンドの前を通ったら見たことのない光景が飛び込んできた。ガソリンスタンドは給油待ちのクルマで溢れ、スタッフがスタンド内に入りきれないクルマの誘導をしているほど。私のクルマのガソリンタンクにはまだ2/3ほどの

仕入れてきたランドローバーのガソリンの残量が少なく、整備に取り掛かったとたんガス欠なんてこともある。大変恥ずかしい話だが、商談中にお客さまと試乗中にガス欠で止まってしまったこともある。そんな時のために非常用にジェリカンを常備している。 来月から再びガソリ
『ジェリカン』の画像

ディスカバリー3用のマフラーを製作する過程で気がついたこと。 先に製品化されているレンジローバー・スポーツ用のマフラーを叩き台にしてディスカバリー3用を作り始めている。出口付近の形状は間違いなくディスカバリー3用として専用のものを作りこむ必要がある。しか

当ブログの読者さんのご要望で2ndレンジローバーの等長フロントパイプを作成した。 まず、ノーマルのフロントパイプを触媒の後ろで切断し、フランジを取り付けた。フロントパイプを交換したところで、最低地上高と音量が基準に満たしていれば車検で問題になることはない
『等長フロントパイプ』の画像

今日からおよそ一週間の予定でディスカバリー3/V8用のDLEマフラー(レイブリックオリジナルマフラー)の開発を行う。エンジン&シャシは基本的にレンジローバー・スポーツと同じ。従ってパイプの取り回しで悩むことはそれほどないと思う。 課題はまず音質。レンジロー
『DLEマフラー』の画像

中学・高校時代、私は水泳部に属していた。そんなこともあって、最近のニュースではイギリスのスピードというメーカーの水着の話題が大変気になる。私が現役スイマーだった頃にもスピード社は有名だった。私自信、主にアリーナ製かスピード製のものを選んではいたが、特に速

フロントガラス交換は、通常2人ペアで作業を行う。重く大きなフロントガラスを持ち上げたり、また慎重に位置を決めながら貼り付けたりするにはとても一人では困難だからだ。 ところが、最近では一人でできる便利な工具がある。写真のとおり、側面のウインドガラスに対して
『ガラス職人』の画像

こんなものがあったらイイ!純正ルームミラーに小型モニターが組み込まれ、ブラインドモニターとしてドライバーからの死角となる映像を映し出すことができたなら…。自動防眩機能付きの純正ルームミラーを分解してモニターを内臓させるなどということは、私の乏しい頭脳では
『モニター付きミラー』の画像

2007年モデルの3rdレンジローバーに標準装備となったフロントシートクーラー、その真価を初めて試す陽気が訪れた。今日の名古屋の最高気温は23.5℃、雲ひとつない天気で陽射しも強く、窓を閉めきった車内の温度は40℃を超えるほど。 早速、シートクーラーのス
『シートクーラー』の画像

ディスカバリー3には、V6エンジンとV8エンジンの2種類のパワーユニットが搭載されている。エンジンパワーによってストッピングパワーも異なる。写真はフロントブレーキのディスクとキャリパーブラケット。共に大小2種類のサイズがあるのが分かる。当然、大きいほうが
『純正チューン』の画像

そう!国内男子プロゴルフツアーの開幕戦、『東建ホームメイトカップ』で暫定で予選首位に立っているのは石川遼プロだ。降雨悪天候のため、2日間の日程で全てのプレーヤーが予選を終えることができなかった。しかし、仮に全ての選手がホールアウトしたとしても、おそらく首

これは知人が持っていたドライバーだ。とあるゴルフショップのオリジナルヘッドとのこと。実は、そのショップのオーナーは以前レイブリックでレンジローバーを購入していただいたお客さまだった。現在は別のクルマに買い換えられたのだが、ランドローバーに思い入れがあるこ
『GOLF LAND』の画像

経年でヘッドランプが内側から雲ってくると当然暗くなり、場合によっては照度不足で車検で引っ掛かることもある。レンズがハウジングと接着されており、ユニットが分解できない場合には裏側を掃除するのは大変だ。こんな時には綿棒が役に立つ。綿棒といってもお風呂のあとに
『綿棒』の画像

過去にレンジローバー・スポーツの洗車中にナンバープレートで指を怪我したことがある。ナンバープレートの端はまるでハサミの片側のように鋭利な形状をしているのだ。ディスカバリー3もフロントの側のナンバープレートの取り付き方はレンジローバー・スポーツと同様で、こ
『ミゾゴム』の画像

当ブログの旬のネタでもある2ndレンジローバーのエアサスペンションシステム。オーナー独自の工夫でその熱対策が施されているクルマを発見!バルブブロックやコンプレッサーの加熱を心配されたオーナーは、ケースに穴を開け小型の電動ファンを取り付けて対策されている。
『バルブブロック・クーリングファン』の画像

東名高速道路でタイヤ脱落により死傷者が出るという悲しい事故が起きた。整備不良の可能性もあるとのことで、このような事故は自動車整備に携わる者としては全く他人事ではない。 我々は中古車として直前まで別の誰かが所有していたクルマを仕入れてくる。前ユーザーさん
『脱輪事故』の画像

昨日記事にしたバルブブロックと合わせて、エアサスペンション・システムのもうひとつの要となるパーツはコンプレッサーだ。コンプレッサーの能力が落ちれば、エアサスペンションが根本から成り立たない。バルブブロックと同様、供給単位はアッセンブリとなる。ただ、コンプ
『エアサスペンション・コンプレッサー』の画像

2ndレンジローバーの故障事例ですっかり有名になっているのがエアサスペンションシステムのバルブブロック。クラシック・レンジローバーの93年モデル以降にもエアサスペンションは採用されており、機構的には2ndレンジローバーのそれと全く同じもの。2ndレンジロ
『バルブブロック』の画像

英国のランドローバー専門誌LROI(LAND ROVER OWNER INTERNATIONAL)の今月号に小冊子が付属していた。ランドローバー創業60周年の歴史を振り返る記事がまとめられたもので、実に64ページにも渡るもの。日本にランドローバーが正規で輸入されるようになったのは199
『60th』の画像

マスターズ・ウィークが始まった。私なんぞ、ただテレビで観戦するだけ。それでもマスターズは特別な盛り上がりを感じる。テレビ中継は日本時間の11日(金)の早朝から。しかし、既に現地では何かが始まっているであろうことを想像するだけで興奮している私は相当なゴルフ馬
『マスターズ・ウィーク』の画像

ランドローバーとスポーツカーを合わせ持つユーザーは少なくない。 今日、一台のスポーツカーがレイブリックの前に停まった。運転席から降りてきたのは10年以上お付き合いのあるレンジローバーユーザーのお客さまだった。 『このクルマ、まだ買ったばかりなんですよ!今
『ランドローバーとスポーツカー』の画像

3rdレンジローバーの世代になって、オイル漏れに関してはそれまでのランドローバーの常識からしたらかなり治まってきた。それでも、多少の滲みはやむを得ない部分もある。 さて、入庫しているのは2006年ジャガーエンジンの3rdレンジローバー。とても滲みなんてレ
『オイル漏れ』の画像

昨日の写真は曇り空でせっかくの桜が映えなかった。ということで撮りなおし。この桜はピンクが薄くほとんど白に近く見えるが、それは樹齢と関係があるのだろうか?どちらにしても、背景は青空のほうがよく似合う。 今日は、もうひとつ別の桜を紹介しよう。ここはレイブリ
『桜桜』の画像

レイブリックの真ん前のマンションの敷地内の桜は開花予報どおりほぼ満開。この桜はマンション建設のずっと前からあり、もちろんレイブリックよりもその歴史は長い。マンション建設時に敷地内の自然林が伐採されたのだが、きっとこの桜は意図的に残されたにちがいない。春に
『桜』の画像

今朝、出社すると既にスタッフのひとりが愛知県のホームページから税務課の更新をチェックしていた。つなぎ法案でとりあえず変更はないと報道されていた自動車取得税が5%から3%に変更されていた。『ガソリン以外は変わらないんじゃんかったのか?』と驚いた。『エイプリ

↑このページのトップヘ