LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2008年09月

空中作戦の第一弾。これまではゴミ箱を床に置いていた。とういうか、ゴミも床に置いていた。事業ゴミは週に一回業者さんに回収に来てもらっている。その間に溜まるゴミを段ボール箱にまとめてはいたが、それを直接床に置いていた。 4S活動を開始すると、まず急激にゴミが
『加藤工務店』の画像

レンジローバーユーザーのお客さまがトヨタのハイブリッドカーでご来店。音もなく現れたのでご来店されたことに気づかなかったほど。 今のところ、ランドローバーでは縁のない動力を持つクルマなので、「電気で走る」と言われても全くピンとこない。百聞は一見にしかずとい
『ハイブリッド』の画像

表面が劣化してしまったウレタンハンドルのリフレッシュが完了した。元々の色に合わせてブラックの革巻きにした。純正らしくありながら標準仕様よりも密かにグレードアップしている。そんなさりげなさがいかにもランドローバーらしい。 垂れてきてしまったルーフヘッドライ
『革巻きハンドル−After』の画像

念願の2階部分が昨夜完成した。改装工事は業者に任せっきりでも構わなかったのだが、深夜まで職人さんが頑張ってくれているところを「じゃ、お先に失礼!」とはなかなかいかず、徹夜に近い日もあった。そんなわけで、完成した昨日は真っ先にブログでそんな内容で更新しよう
『コンパネの買出し』の画像

改装作業は順調に進んでいる。順調といっても、深夜までの強行日程だ。 昨日早朝から始まった工事は、まず鉄骨屋さんの作業から始まった。今日はその続きから始まり、並行して大工さんが床材などの仕込みを行った。夜になってペンキ屋さんが登場。明日は大工さんが仕上げを
『空中作戦』の画像

写真は、ディスカバリー・シリーズⅡのステアリングホイール。ご覧のように表面が傷んでザラザラになってしまった。陽が当たることも原因のひとつだと思うが、結局普段もっとも強く手で握る部分が追い討ちをかけられるように表面が剥がれてきてしまう。ステアリングホイール
『革巻きハンドル−Before』の画像

一見、なんの変哲もないレイブリックだ。ところが・・・ 中に入るとピット内(正確には、ピット内で物置きになっていたスペース)がガランドウ!そう、明日から3日間の日程で2階化改装工事が始まるのだ。今日は夕方からまさにレイブリックピット一世一代と
『改装前夜』の画像

ブラックエンブレムがちょっとしたブームになっている。今日もご来店していただいたお客さまに購入していただいた。 さて、エアバッグのロゴもグリーンからブラックに変更できないものか?という懸案事項について。レンジローバースポーツのドアトリムに付いているエンブレ
『ブラックエンブレム』の画像

私はホームセンターが大好きだ。信じられない読者さんもいると思うが、それとも読者さんなら理解していただけるかもしれないが、分り易く表現すればディズニーランドやユニバーサルスタジオ(こちらは行ったことがないが…)よりも楽しい。郊外型の巨大なホームセンターなら
『木材カットコーナー』の画像

今頃、台風13号は本州の南をかすめているころ。今のところ予報よりはるかに穏やかで一安心。それでも、今日の仕事が終わる前には台風に供えて準備をした。 最優先で行ったことは、お客さまから整備や修理でお預かりしているランドローバーや納車をひかえたご契約車両を安
『台風接近』の画像

写真はレイブリックが普段使っている業務用のブレーキフルード。ちょうど、灯油のポリタンクを小型化したような形状をしている。5リッターの容量なのだが、ランドローバーでブレーキフルードを交換した場合には数台分で使い切ってしまう。従って、こんな立派なポリタンクが
『3R』の画像

来週ピット内の2階化改装工事を行うことになった。骨組みは丈夫な鉄骨。そのため、基本工事は鉄骨業者に依頼した。更に、床材などの木工事を伴うところまではプロにお願いした。 2階部分が出来上がったら、そこに新たに部品棚を並べたり、壁を利用して収納できるようにあ
『電動工具』の画像

昨日に続いて、ボディーケアの話題を。 台風13号の影響で夕方から雨が降りだした。そういえば、数日前にデモカーのディスカバリー3のボディーの手入れをした。塗装面や樹脂部分、レンズやガラスに至るまでクルマの外面のほとんどをコーティングした結果、弾かれた雨が玉
『バリアスコート』の画像

写真は1995年モデルの2ndレンジローバーのボンネット。塗装の表面全体に細かな傷やヒビが広がり、白くボケてしまっている。 このレンジローバーのボディーカラーは、当時圧倒的に人気のあったエプソム・グリーンだ。メタリック塗装で、本来表面には透明のクリア層が
『塗装』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
数日前、ブラックエンブレムの記事を読んでくださったお客さまから「自分の2ndレンジローバーのエンブレムを交換したい」との電話をいただいた。早速、スーパーチャージド用のエンブレムを取り寄せ、今日実際に交換作業を行った。 ナイアガラ・グレーのボディー
『ブラックエンブレム』の画像

クラシック・レンジローバーの1993年モデルまでの空調システムは、非常に古典的だ。私がまだ幼少の頃、クルマにはクーラーが付いていないのが当たり前だった。当時のクルマにはフロントドアガラスの前端に開閉式の三角窓が付いており、走行風をダイレクトに車内に導くこ
『クーラーホース』の画像

写真はディフェンダーのリヤ・ドライブシャフトとハブ。スプラインによって勘合し、動力を車輪に伝える部分だ。構造は、クラシック・レンジローバーやディスカバリー・シリーズⅠも同様。 さて、今回のディフェンダーはクラッチを繋いでもクルマが動かなくなったことでレッ
『ハブ』の画像

点検で入庫の3rdレンジローバーのフロントタイヤを外したところ、大変危険な状態であることが発覚した。タイヤがブレーキホースに干渉して削れてしまっている。当然のことながら設計上はこんなことはあってはならない。では何故? 調べてみるとタイヤサイズが純正よりも
『タイヤサイズ』の画像

大陸を走るフリーウェイのパーキングエリアでのワンシーンと思うほど素敵な写真だ。写真として素敵であるとともに、レンジローバーをこんな風に生活に取り入れていらっしゃることが素晴らしい!「牽引」は、牽引されるものがその目的を果たす。ボートであでば海でボートに乗
『牽引ライフ』の画像

8月末に行った決算棚卸しでは、大掃除も兼ねて整理整頓をした。…つもりだった。 写真は今日2階の事務所からピット内を見下ろしたところ。仕事がしやすいようにパーツや整備機器類が配置されているのは重々理解できるが、この写真を見る限りやはり整理整頓されているとは
『4S』の画像

2005年8月22日から始めた当ブログは、今日の更新で1,000通目を迎えることができました。訪れていただいております読者のみなさんには心から感謝しております。記事のネタが湧いてくる日もあれば、絞っても出てこない日もあります。継続することの難しさをあらた
『1,000通』の画像

ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
写真は、2ndレンジローバーのラッシュアジャスター。エンジン内部の構成部品で、油圧によってバルブクリアランスを適正に保つための部品だ。2ndレンジローバーに限らず、クラシック・レンジローバーやディスカバリー・シリーズ1およびシリーズⅡ、ディフェンダーのV
『オイルメンテナンス』の画像

お得意さまからいただいた電話をとると『加藤さん、今年はTシャツは作らなかったのですか?』と。毎年BILSTEIN(ビルシュタイン)とのダブルネームTシャツを作ってきたのだが、実は今年は作らなかった。昨年のTシャツがまだ多少余っていたので今年は見送ったのだった。
『ロゴ入りTシャツ』の画像

仕事上でお付き合いのある工場を訪ねたら、工場内の空間を有効利用すべく鉄骨で2階部分が作られていた。レイブリックの店舗は、写真の工場同様のスレート倉庫だ。現在では屋根までの空間をほとんどもてあそんでいる状態。こんな風に中二階部分を作って部品などを整頓し、店
『空間利用』の画像

プロペラシャフトはディスカバリー・シリーズⅡのウィークポイントだ。エアコンのドレインホースから排水される水がプロペラシャフトのユニバーサルジョイント部分に落ち、それが錆を発生させることが原因のひとつだと我々は踏んでいる。 そこで、排水がプロペラシャフトに
『エアコンのドレイン対策』の画像

今日から9月だ!株式会社レイブリックの決算は8月。つまり、今日から新たに第13期が始まったわけだ。とはいうものの、「決算セール!」などと、とくにイベントを行ったわけでもなく、もっぱら社内だけで盛り上がったりあるいはバタバタと慌てふためいているだけに過ぎな
『第13期』の画像

↑このページのトップヘ