LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2009年05月

今日も大変な収穫!音楽の世界がまた広がりそうだ。正確には、お客さまに広げていただいているというべきだろう。 修理でご来店していただいたお客さまがクルマから数枚のチラシを取り出し、それを私に差し出してきた。チラシにはアコースティックギターを抱えた4人のミ
『ギターインストルメンタル』の画像

私が愛用している靴の多くはロックポート製のもの。"世界一履きやすい靴を作る"というコンセプトのもとに設立されたブランドだとのことだが、実際私の足にはとてもフィットする。 履き易さのあまり、ついつい酷使してしまう。少々傷んできても、逆にその頃にはすっかり足に
『レザーケアクリーム』の画像

今朝、出勤したら、既にアスファルト工事が進んでいた。予報の雨が強くなるまえにと、早朝から仕事に取り掛かってくれていた。 こんな小さな駐車場工事にもかかわらず、4人の職人さんがフル稼働。おかげで数時間でアスファルト工事が終わった。明日は輪留めの工事をする予
『お客さま専用駐車場』の画像

お客さま専用駐車場にアスファルトを敷こうと思い、専門業者さんに依頼をした。周辺のモルタル処理、砂利の下地処理、輪止めの施工などなど予想以上の見積もりが出てきた。正直なとこと、現在の砂利の上にアスファルトを流し、ローラーで固めてハイ終わり!そんな簡単な工程
『お客さま専用駐車場』の画像

土曜日から右上の奥歯が痛み出した。奥歯というより、もっとその奥のようにも感じる。既に治療済みの歯でなので、かぶせものの奥の根の部分で炎症でも起きているのか、あるいは化膿しているのか。ズキズキ痛いというよりは、モノを食べるときなどに鈍痛がある感じ。それほど

昨日の根室駅到着後の続編。 釧路で登録を終え、自走で根室へたどり着いた。途中、蝦夷鹿などの動物の飛び出しなど、事故に注意しながらの緊張の運転だった。目的地の根室へ無事にたどり着いたことで一安心。 この時点で、まだ納車のお約束の時間までは4時間近くあった。
『北海道(最終日/後編)』の画像

今日の釧路は雨。昨日のご納車まで、なんとか天気が持ちこたえてくれたのは幸いだった。 名古屋へ向かう飛行機は午後なので、少しのんびり朝食をとり、そして昨日撮った写真の整理をしているところ。 昨日、釧路から目的地の根室へ向かう際に撮った写真を紹介し
『北海道(最終日/前編)』の画像

え?まだ北海道で遊んでいるのか?そう思われて当然のタイトル。しかし、今日からは仕事に復帰している。いや、後に話すが、厳密には昨日の夕方からは気持ちは仕事モードに切り替わっていた。 さて、今私は釧路に居る。先週、レイブリックを旅立った一台のディスカバリー
『北海道(三日目)』の画像

北海道には素晴らしいゴルフ場がたくさんあり、毎年「さて、今年はどこへお邪魔しよう」というところから始まる。しかし、数あるゴルフ場の中でどうしても何度も候補に挙がってくるのが今日もプレーをしたザ・ノースカントリーゴルフクラブさん。最初の年にプレーしたことで
『北海道(二日目)』の画像

加藤ブログでは初めて紹介するのだが、実のところ5月の北海道ゴルフ旅行はすっかり恒例になって今年で4年目。お取引先でもあり、大切なゴルフ仲間でもある方との年中行事になっている。 2006年5月に初めて北海道ゴルフに来ることになったきっかけは『名古屋発一泊二
『北海道(初日)』の画像

閉店の午後7時になると、営業の神田スタッフがおもむろに動き出した。まず商談コーナーの応接セットをピット側へ出し始めた。そして掃除機、次に拭き掃除。彼の目的はフローリングのワックスかけ。そういえば、ホームセンターへ買い物に出かけていたことを思い出した。ワッ
『ワックスがけ』の画像

インターフェイスに関する問合せが相次いでいる。そして、予想どおりディスカバリー3に対するご要望もあった。レイブリックにはせっかくディスカバリー3のデモカーがあるのに、それを使って試作モデルを完成させておくのが間に合わなかった。回路としてはレンジローバー・
『ブラインドモニター』の画像

今日もお客さまから差し入れをいただいた。まずは名古屋名物の代表のひとつである手羽先、しかしこれは手羽先味のあられ。名古屋には二大手羽先専門店がある。ひとつは「風来坊」、そしてもうひとつが「世界の山ちゃん」。風来坊の方が歴史が古く、私もよく食べにいったのは
『名古屋スイーツ』の画像

2階の部品棚が完成した。これだけの棚を作ったところで収納力そのものは従来のスチール棚群のそれと大して変わらないだろう。しかし、ここにパーツがビシッと収まったときの見栄えが違うはず。そして、部品を探しやすい。つまり管理をしやすい。 開業当時から在庫部品が増
『部品棚(その四)』の画像

このディスカバリー・シリーズⅠは、レイブリック史上最遠方へ納車される予定。今日、一足先にレイブリックを旅立つので最終の準備をしているところ。これから積載車に積まれてまずは港へ、そしてフェリーに積み込まれ、その後は・・・。 お楽しみということで! きっ
『旅立ち』の画像

インターフェイスシステムを使って、リヤビューおよびフロント&サイドブラインドエリアの全ての映像を純正モニターに映し出すことに成功した。ボンネットのブラインドミラーを取り外したあとの、保安基準遵守目的というわけではなく、実用レベルでの安全確保というのが今回
『続・インターフェイス』の画像

昨年、レイブリックでバックカメラの取り付けを承ったユーザーさんの更なるご要望をかなえる作業に取り掛かった。インターフェイスを使ってフロント&サイドブラインドカメラからの映像を純正モニターから映し出そうというもの。 机上では配線図は出来上がっていたが、デモ
『インターフェイス』の画像

知人を含め、何人かの方から『精密検査の結果は?』と聞かれることがあった。すいません、結果を聞きに行っていませんでした。その病院には親戚が居るので、もし悪い結果が見つかって一刻を争うような事態だとしたら、きっと何らかの連絡があるだろうと悠長に構えていた。と

今日、重大なことが発覚した。先月、レンジローバー・スポーツ用のビルシュタイン製ショックアブソバーをディスカバリー3に取り付けたのだが、実際の作業では少々の加工を行った。それは、サスペンションロワサポートの切り欠き部分を合わせるためだった。レンジローバー・
『BILSTEIN』の画像

写真はクラシック・レンジローバーのフロントブレーキパッド。角がボロボロになって崩れているのが分かる。実は、これは私が「指」で崩したのだ。そう、指に崩れるほどヤワなものになっているのだ。 これは、ブレーキのフェード現象によるもの。加熱によってブレーキパッド
『フェード現象』の画像

今朝、出勤前に庭に転がったままのゴルフボールにとまっている珍しい蝶を見つけた。このあたりだと、モンシロチョウか、夏にアゲハチョウはよく見かけるが、こんなに鮮やかなオレンジ色の蝶は珍しい。 気になって調べてみた。カバマダラという種類に大変よく似ている。オレ
『カバマダラ?』の画像

写真のECUはクラシック・レンジローバー(93年モデル以降)のフロントメモリーシートを制御するためのコントロールユニット。No.1ドライバーとNo.2ドライバー、つまり二人のドライバーのシートポジションをメモリーし、ボタンひとつで座面高さ・背もたれの角度
『メモリーシートECU』の画像

現在の私のお楽しみ、部品棚の進捗状況報告。棚の骨格となる部分が徐々に見えてきた。目的は部品を整頓して収納すること。しかし、棚がカッコ良くできることも大切。機能的に優れたものと、見栄えを良くすること、これを両立させることは非常に重要だ。完成までもうひといき
『部品棚(その参)』の画像

無惨にもバーストしてしまったこのタイヤは、道路のセンターラインに等間隔で埋め込まれている「鋲」、いわゆる「キャッツアイ」に一撃を喰らってしまったものだ。高速走行中の出来事らしく、その衝撃の凄まじさがうかがえる。コントロール不能に陥るといったような二次災害
『キャッツアイ』の画像

今日から大工さんに入ってもらい、部品棚の作成に取り掛かってもらった。あいにく、外は雨が強く、軒先での作業も幾分はかどらない様子。それでも手際よく部材となる木材を加工していき、イメージが徐々に形になっていく。この過程に、たまらなく血が騒ぐ。 これ
『部品棚(その弐)』の画像

ここはピットの2階部分。昨年9月にこの2階スペースを作ってから半年以上が経過した。今期(8月)中の一年間に壁という壁を全て収納棚にしようと思っていたが、冬に落ちたペースが春になっても回復することができず、このままでは目標期間内の完成が危うくなってきた。で
『部品棚』の画像

腕時計を購入した時に調整してもらったのだが、しばらく着けているとどうもしっくりこない。微妙にゆるくて手首の内側に回りこんでしまったり、あるいはきつくて違和感があったり。ベルトをもうひとコマ増やしたい、あるいは抜き取りたい。しかし、そんなことにために時計店
『メンテナンス』の画像

マイカーをお持ちのみなさんのご家庭にも郵送されているころかと思うが、レイブリックにも自動車税の納付書が届いた。4月1日時点での納税義務者(車検証上の使用者など)に送られてくるので、社用車はもちろん、展示場に並んでいる商品車でもナンバーが付いているもの、つ
『自動車税』の画像

営業スタッフがあるお得意さまのお宅を訪ね、3枚のCDを預かって帰ってきた。見れば、バッハを中心にしたピアノ曲ばかりのようだ。きっと、クラシックファンなら、「ああ、これね!」というほど代表的な楽曲ばかりなのだろうが、悲しいかな無学の私にはタイトルを見る限り
『クラシック』の画像

↑このページのトップヘ