LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2009年09月

定休日の今日は私の身体のメンテナンスに出かけた。 特に腰が痛む場合には鍼院に行く。およそ1時間の施術のおよそ半分がマッサージで、残りの半分が鍼治療。これはリラクザーションというよりはやはり治療の領域である。もっとも、痛みの気配によっては整形外科でレントゲン

お客さまからご依頼を受けた厚さ15ミリのホイールスペーサーが完成した。デモカーの分も同時に注文し、お客さまより一足早く試験装着。 スペーサーから新規にスタッドボルトが伸びているタイプ。本来のスタッドボルトの長さはおよそ25ミリ。従って約10ミリは新規のハブ面か
『ホイールスペーサー』の画像

リフォームの突貫工事敢行が決定した。多少の思惑予算はオーバーしたが、まあ大きな買い物の予算オーバーも想定内のこと。「坪単価幾らだとして、これぐらいで出来ないものか?オーバーしてもこれぐらいの範囲で」と勝手にイメージしていた金額にはピタリ収まっていた。見積
『リフォーム』の画像

夕方、仕事を早退し、高校時代のクラス会に出かけてきた。 不義理な私は卒業以来手紙を書いたことすらなかったが、担任は私にとって唯一の恩師と呼べるほど素晴らしい先生だった。卒業してから、早26年半が過ぎた。その間、先生には一度だけお会いできていたが、それでもも
『同窓会』の画像

今日はランドローバーマガジン54号の発売日。レイブリックにもどっさり届いた。つい最近53号が出たばかりなのにという印象。それもそのはず、53号はつい2ヶ月まえに発売されたばかり。 ランドローバーマガジンは年4回発行。普通に考えれば3ヶ月ごとの発行でバランスがとれる
『ランドローバーマガジン』の画像

最近、倉庫のシャッターの開閉時にどうも途中で引っ掛かるようでスムーズに行かなかった。毎日のように開け閉めを繰り返していればガタがきても仕方がない。シャッターがスムーズに開かないようでは仕事に支障をきたす。サッシ業者に修理の見積もりを依頼しようと考えていた
『修繕費』の画像

仕事柄、暇があれば世界各国のランドローバーオフィシャルサイトを見て回る。最近の感想は日本は2010年モデル各車の導入が遅れていること。このタイミングがどういう基準で決まるのかは私は全く知らない。しかし、現在、日本中のランドローバー正規販売店さんが売るべき新車

電話を取ると、以前ディスカバリー3を購入していただいたお客さまだった。 「今、出先のガソリンスタンドで給油しようとしているのですが、蓋が開かないんですよ。」と。 ディスカバリー3のフューエルリッド(給油口の扉)は車両の集中ロックと連動している。ドアのアンロ
『フューエルリッドアクチュエータ』の画像

そういえば、最近はドアミラーを割ってしまうランドローバーユーザーさんがめっきり減った。 2ndレンジローバーやディスカバリー・シリーズ1の時代には左側を電柱にぶつけたり、右側を対向車とすれ違いざまにぶつけたりは日常茶飯事だった。あんまり頻繁だったので、ミラ
『ドアミラーガラス』の画像

「プログラムアップデート」、パソコンにインストールしたソフトを更新する場合に使われる言葉としてよく耳にする。しかし、最近ではクルマでもコレを使うようになりつつある。 オートマチックの変速の具合いに違和感がる、エンジンが不調になる、エンジンが始動できないとき

以前、ブログでステアリングホイールの革の貼替を紹介した。 今回、ユーザーさんのご希望でその第二段を作成した。左右に配したパンチングレザーとのコンビネーションは以前と同様。ユーザーさんのご希望はステッチの色をグリーンで仕上げることだった。 「パッと見ただけ
『レザーステアリングホイール』の画像

ご来店していただいたお客さまに小冊子を見せていただいた。よく見ればご自身のディスカバリー3。この夏に北海道にご旅行に出かけられたときに撮った写真を冊子にされたのだそうだ。最近では写真屋でこのようなサービスがあるとのこと。従来のフィルム現像からデジタルカメ
『LAND in 北海道』の画像

現在、私の頭の中のかなりの容積を占めているのは店内の改装プランのこと。 現在の店内デザインは3rdレンジローバーをイメージしたもの。ちょうど、3rdレンジローバーがデビューした2002年のことだった。色合いとしては、チーク素材とアルミ地肌をイメージしたもの
『LRX CONCEPT』の画像

レイブリックが代理店を務める損保ジャパンの担当者さんがやってきた。 「加藤さん、個人の普通口座に眠っているお金はないですか?」というのが第一声。別に眠っているわけではないが、万が一の時のために大切にとってあるお金はある。その資金を眠らせておかずに活かさな
『積立傷害保険』の画像

3rdレンジローバーユーザーのお客さまから『シフトレバーの手前のスイッチが折れた』との電話があった。レバータイプのこのスイッチは、ギヤのHi/Loスイッチとヒルディセントコントロール(HDC)のメーンスイッチ。お客さまのレンジローバーはこのHDCのスイッチが折れ
『レバースイッチ』の画像

レンジローバースポーツとディスカバリー3は共通のシャシが使われている。エアサスペンシステムも同じ構造だ。写真は、エアサスペンションの圧縮空気回路に組み込まれているドライヤーという部品。その名のとおり、システム保護のために回路内の湿気をとるのが目的である。
『エアサスペンションドライヤーからのエア漏れ』の画像

これは社屋内のリフォームを検討している過程で参考資料として撮影した写真。こんな写真を元に画像処理ソフトなどを利用して改装後のイメージをするためだ。 目的はそうだったのだが、この写真を見て真っ先に感じたことは、レイブリックの正面玄関であるこの扉の周りが大変

Youtubeで音楽を聴き回っていたら偶然にもディスカバリーを発見。ディスカバリーに気がついたとたん、素敵なバラードが耳に入らなくなくなってしまったのは職業病なのだろうか・・。きっと今後、この曲を聴くたびに脳裏ではディスカバリーが交差点を左折していくことになる

レンジローバー・スポーツにレイブリックオリジナルのウインドストーム20インチアルミホイールを装着してくださっているお客さまがオイル交換でご来店してくださった。 オイル交換作業を待っている間にお客さまと「ホイールスペーサー」の話題になった。30ミリでははみ出

懸案のリフォームが僅かながら現実味を帯びてきた。もっとも、現実にするかどうかは施主となる私どもの判断次第なので、この場合の「帯びる」という表現は正しいとは言えないのだろうが。 リフォームの進め方にはいろいろあると思うが、最もスムーズなのは予算が決まってい
『リフォーム』の画像

ランドローバーとジャガー、同じ英国車というだけではなく、現在では同じ資本下で組織される自動車メーカーであり、2005年以降はランドローバーにもジャガー製エンジンが搭載されるようになっている。 ランドローバーは間もなく3車種同時に搭載エンジンが変更されたニュー
『The All New XJ』の画像

1995年から1998年にかけてランドローバーに純正装着されていたタイヤで最も多かった銘柄はミシュランのXPCだった。このタイヤの特徴は、とにかく長持ちすること。5〜6万キロは裕にもった記憶がある。そのため、あまり距離を走らないユーザーさんの場合には残量
『バースト』の画像

下回りの「増し締め」、ランドローバーに限らず、これはメンテナンスの基本項目だ。しかし、正直なところ、私がこれまで整備で経験してきたクルマで、これほどまでに「締まる」下回りのボルトを経験したのはランドローバーだけだ。国産車の整備に携わっていたころ、点検での
『増し締め』の画像

レイブリックとしては既に14年目の期に突入している。しかし、8月末で決算を終えたばかりの私の当面の仕事は、いわゆる決算処理。当分はパソコンに向う時間が圧倒的に多くなる。 こんな内容をブログで公開するのもどうかと考えたが、商売をしていると実際にこんなこと
『決算処理』の画像

風はすっかり秋。今年の夏は短かった。梅雨明けが遅く、おまけに気温が高い日は例年ほど長く続かなかった。しかし、気温以上に蒸し暑さを感じた夏だった。 この夏、私が大変お世話になった「涼」はコレ。サントリーのGokuriのグレ−プフルーツ味。仕事を終えて蒸し暑い部屋
『Gokuri』の画像

↑このページのトップヘ