LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2009年11月

岡山からご来店していただいたお客さまから煎餅をいただいた。包み紙には「作州黒豆せんべい」と書かれている。作州?岡山からのお土産なので、きっとそのあたりの地域のことをいうのだろうが、恥ずかしながら作州ということばを私は始めて聞いた。スタッフにも尋ねてみるが
『黒豆せんべい』の画像

写真は3rdレンジローバーの左フロントのストラットASSY。ショックアブソバーとエアスプリングが一体になったパーツだが、供給はこれが最小単位となる。つまり、エアスプリングからのエア漏れが生じた場合にもこの単位で交換することが必要になる。 3rdレンジローバ
『エアスプリング』の画像

夕方になりちょうどお腹が空いて集中力が切れかけてきた頃、お客さまがスイーツの差し入れをしてくださった。カスタードが私の大好物であることはきっとご存知ないと思うが、幸運にも大きなケーキ箱いっぱいのシュークリームを届けてくれた。PINEDE(ピネード)さんのシュー
『PINEDE』の画像

レカロシート、私もファンのひとりである。しかし、残念ながら最近ではシートを交換する機会もすっかりなくなった。その理由はランドローバーのシートが、レカロに交換する必要がないほど座り心地が良いからである。 もちろん、これは私の体との相性の問題であり、やはりレ
『RECARO』の画像

今日のスイーツは、LAYBRICKロゴ入りオリジナルクッキーでお世話になった静岡県の洋菓子店nikoさんのプリン。 バニラと抹茶の両方を賞味。どちらもとろけるような食感で濃厚な味わい。カップは控えめな大きさ。その微妙に足りない感がいっそう余韻を誘う。スプーンでスミのス
『ほんとうにおいしいプリン』の画像

1995年にローバーディーラーのサービスに配属され、驚いたことのひとつは明確な指定オイルがなかったことだった。インポーターさんいわく、規格を満たしていれば何でもよいので各サービス工場さんでお好きなオイルをご自由にどうぞといった具合。 配属されたサービス工場には
『MOTUL』の画像

店内の改装工事が終わって既に一ヶ月が過ぎた。我々スタッフはようやく新しいレイアウトに慣れてきたところ。ご来店していただいたお客さまからは新装されたインテリアデザインを褒めてくださったり、あるいは「自分ならこうするなあ!」「ここはこんな風だったらもっとよか
『お礼』の画像

もうずいぶん前のこと。北陸方面(だったかな?)からレイブリックにご来店していただいたお客さまが、「ここまで来たついでに高原書店へも寄ろうと思っているのですが」とのことで、地図を書いてご案内したことがあった。恥ずかしながら、レイブリックのスタッフ内でも「え
『高原書店』の画像

久しぶりの空中作戦。 もともとはこのように床に置くタイプの収納具。主に細かなパーツを収納するための棚である。樹脂製のケースは背面で引っ掛けるように固定される。メーカーのカタログによれば「パーツハンガー」と言うらしい。 このパーツハンガーを床に置くと、どうし
『空中作戦』の画像

店内に展示するためにしまいこんでいたミニカーを出してきた。スケールを合わせて並べようと思い、ある棚には1/18を揃えよることにした。といっても、手元にあったのはレンジローバー・ヴォーグとレンジローバー・スポーツ、そしてフリーランダー(初期型)。とりあえず、現
『1/18』の画像

りんごの木のオーナー制度というものがあることを、私はあるお客さまから聞いて初めて知った。そのお客さまは愛知県からそれほど遠くない南信州(だったかな?)の農園でりんごの木のオーナーになっていらっしゃるとのこと。 今日の午後、そこで収穫したりんごを改装のお祝い
『りんご』の画像

カーボン調加工が施されたグリルフレームが専門業者さんから返ってきた。さっそく分解したグリルを元の状態に復元。強力な接着剤を使用してしっかり貼り合わせるだけ。製品として完成するこの瞬間がたまらない!
『ラジエターグリル』の画像

私は1996年に初めてディフェンダーというクルマに出会った。それまで写真では見たことがあったが、実際に見たときは思ったより小さく感じたことが第一印象だった記憶がある。さらに整備やアクセサリーの取り付けなどでクルマに触るようになると、なんと古典的なクルマだと驚
『カビーボックス』の画像

これは改装前に使っていた防犯カメラ用のモニター。改装後はインテリアのイメージに合わずに取り付けるのを躊躇していた。内装に合ったシックなデザインのモニターに買い替えようとも考えたが、それすらなかなか良さそうなものが見つからなかった。    そこで塗装す
『分解』の画像

保険会社である損保ジャパンの研修会に出かけてきた。今日のメーンイベントは『社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった』の著者である香取貴信さんの講演会だった。私は特にディズニーのファンではないが、別にアンチでもない。何度か訪れたこともあるし

昨年の春以来の鈴鹿。2004年にゴルフを始める前は、月に数回は鈴鹿を走っていた。今では年に一回あるかないか・・・。そんな具合なので、走るたびにもの凄い緊張感に襲われる。もっとも、ゆっくり走ればよいのだが、過去の自己タイムの記憶が消えない以上、それを無視して走
『鈴鹿』の画像

先月の店内改装工事に携わっていただいた電気工事業者さんのブログを発見。というか、『ウチのブログで使わせていただきました。』との連絡をいただき、早速拝見させていただいた次第。この写真を見ても、これがどこだか、そして何だか全く分からない。これは新たに新設した
『照明効果』の画像

『今日のスイーツ』、こんなカテゴリーを作ってみた。全国各地、あるいは我々も気づいていない地元の名産品など、とても嬉しいことにお土産をいただくことが非常に多い。その味わいをレイブリックのスタッフだけで楽しむのも勿体無いと思い、今後は読者のみなさまにも雰囲気
『たこ焼き』の画像

ご来店していただいたお客さまのレンジローバーのレンジローバーのドアトリム。ドアのインナーグリップ部分に毛皮が巻いてある。これはオーナーさん自作のアイテム。柔らかい毛皮に裏地が縫い合わせてあり、グリップにぐるりと巻いてマジックテープで留められていた。クルマ
『ドアハンドルカバー』の画像

自宅のデスクトップパソコンが壊れた。電源は入るがソフトが何ひとつ作動しない。これは困った。しかも、今日はノートパソコンを会社に置いてきてしまった。 今の私の生活はすっかりパソコンに依存しきっている。パソコンが使えず、インターネットがつながらないことは『恐

レンジローバースポーツのラジエターグリルのフレーム部分をカーボン柄にするご要望をいただいた。これにはまずグリルの分解が必要だ。 裏側から見ると樹脂が溶着されている。これをなんとかして取り外さなければ分解することはできない。この解けて盛り上がっている部
『ラジエターグリル』の画像

今日は取引先の銀行さん主催のゴルフコンペに出掛けた。レイブリックが取引している銀行は地域密着型の地方銀行さん。その銀行の取引先内で組織されるグループの懇親会なのである。銀行が事務局を務め、グループ内で会長、副会長、そして我々会員から成る。そして年に2回こ
『涼仙』の画像

ポリカーボネート、この名前を初めて聞いたのは中学一年の冬だった。お年玉でラジコンカーのキットを買った。その模型のボディは透明の樹脂製だった。窓になる部分をマスキングし、ボディー色を裏側から専用のスプレーで塗装する。その塗料に「ポリカーボネート用」と書かれ
『ポリカーボネート』の画像

来週、愛知県春日井市のマフラー専門店J-WOLFさんの鈴鹿サーキット走行会が開催される。そして私もカレラで参加する予定。 サーキット走行ではそのクルマの限界付近の性能が試される。クルマの動力性能はもちろん必要なことだが、それよりも「安全」「安心」という身の危険
『跳ね馬』の画像

そういえば、一昨日フジノを訪れた時に、サドルシューズのK村氏からたいそうなお土産をいただいた。 まず、これをいただいた経緯をもう少しだけ詳しくお話ししよう。 もちろんランドローバーに関するあるテーマに沿って座談会を進める過程で、何度かゴルフの話題にそれた
『王室御用達』の画像

昨年の今ごろは毎日のように棚作りを行っていた。冬になって中断し、春には再開したのだが、その時に作りかけの棚を放ったまま再び半年以上が経っていた。8月までの昨季の目標だったD.I.Y.の棚作りだったが、ペースからは大きく遅れ、未完成部分を多く残した格好だった。 店
『再開』の画像

日帰りでフジノに行ってきた。フジノとは、正しくは藤野。神奈川県相模原市藤野町である。ランドローバーマガジンの出版元であるサドルシューズさんの本拠地がフジノにあるのだ。 何故、カタカナでフジノと表現するのかといえば、ランドローバーマガジン誌上で編集部の代名
『フジノ会議』の画像

2002年に3rdレンジローバーが発表になったとき、私が最もこのクルマに惹かれたのはダッシュボードを中心とした大胆なデザインのインテリアだった。カタログでは、一見、太いチーク材は無垢にも見えた。しかし、木材の変形などを見据えるとそれはとうてい考えられない手法
『ウッドインテリアトリム』の画像

レイブリックの正面玄関でもあるピットの入口のハンガー戸をリフレッシュした。塗装をし直し、カッティングシートによる看板も貼り替えた。もっとも、塗装はペンキ屋さん、カッティングロゴは看板屋さんに依頼したわけで、私はただ職人の仕事を見ていただけである。 以前は
『山脈デザイン』の画像

昨日から急に冬らしい空気に変わった。気温も下がり風も冷たい。今日、山梨県から来店していただいたお客さまの話によれば、今朝は氷点下であたりはすっかり真っ白だったようだ。 さて、冬といえばスタッドレスタイヤの季節。商売っ気満々の表現だが、レイブリックとして
『ガレージセール』の画像

↑このページのトップヘ