LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2010年01月

リヤの車高が下がったこの2ndレンジローバーは1996年モデル。限定150台で発売されたオートバイオグラフィーだ。ボディーカラーはウィロー・グリーンと、このブリティッシュレーシング・グリーンの2色だった。その配分は公表されなかったが、ウィロー・グリーンのほうが良くお
『初期ロッド』の画像

「がと」?、タイプミスかと思われるだろうが、今日は「がと」なのだ。 昨日、営業スタッフが群馬県高崎市へ納車に出かけてきた。そして今日、お客さまからいただいたお土産を持って出社した。そのお土産がこのラスク。 私を含め、レイブリックのスタッフは誰も知らなかっ
『がと』の画像

本日発売のLAND ROVER Buyers & Parts Guide、いつもランドローバーが身近にあり、毎日のように本やネットのランドローバー情報に触れている私もお勧めの一冊。 先々週の取材でT代編集長とお話した内容の一部をご紹介しよう。例えば、2ndレンジローバー。最終モデルでも既に
『LAND ROVER Buyers & Parts Guide 2010』の画像

三重県からご来店していただいたお客さまからいただいたお土産は、ご存知「赤福餅」。三重県伊勢市の名物だが、いまや中部地方の名物といっても過言ではないだろう。実際、名古屋のお土産として買っていかれる観光者も多い。 食べたことのない読者のみなさんに説明をすると
『赤福餅』の画像

最近、ディフェンダーからディフェンダーに代替えされるユーザーさんが増えている。110から110、あるいは90から110といった具合。 1996年にレイブリックがオープンし、最初の一年間の販売台数のおよそ1/3が並行輸入の新車のディフェンダー110Tdiだった。ずっと想いを抱いて
『DEFENDER』の画像

お客さまから岐阜県郡上郡白鳥町のお土産をいただいた。 とうふひねり餅。 まず、食感に驚き。餅というだけあって、まして見た目もそうだが口に咥えれば伸びそうな感じ。それがさほど弾力がない。柔らかめで粘り気のない羊かんって雰囲気。 味も不思議。和菓子なので砂糖の
『とうふひねり餅』の画像

昨年10月に行った店内改装をお願いした工務店さんが完成後の写真のアルバムを作ってくれた。 工務店さんは現場が完成した後、直後の手直しなどを済ませてしまえばその作品を見ることはなくなる。これが、レイブリックのようにお店ならともかく、個人宅であったりすれば尚のこ
『アルバム』の画像

普段はほとんどテレビ番組を観ることはないが、毎週水曜日、定休日の夜はテレビの前で過ごす時間が多い。今日も楽しんだ番組は「クイズ雑学王」。そして、とても興味深い出題があった。 昨年3月から、高速道路の休日利用料金の上限1,000円制度が始まっている。それによって
『クイズ雑学王』の画像

ブログで連載中のクラシック・レンジローバーのリフレッシュプラン、今回はオーナーさんのご意向でオリジナルのウッドコート・グリーンに再塗装を行った。 ランドローバーではないが、かつて私もマイカーを全塗装した経験がある。一台はニッサンGT-R、シルバーメタリックをホ
『Color』の画像

損保ジャパン内の組織AIRの会合に出かけた。ご近所の損保ジャパン代理店で自動車販売や整備をされている会社をお互いに見学し、刺激し合おうという初の試み。午前中だけの日程で、レイブリックを含んだ4社を巡り、最後に昼食をとりながら意見交換会を行った。 お互いの会社
『会社相互見学会』の画像

ホーンを鳴らしたら「プップッ」っと情けない音が・・。 ホーンはHi・Loふたつから成る。私なりに、どっちが主旋律かといえば、Hiのほうかな。Loは3度下をハモっている感じ。それで、今回は主旋律が鳴らない。3度下のコーラスだけでは音楽にならない・・。 わけの分からない
『HORN』の画像

外板の塗装が完了した。新車時の艶か、あるいはそれ以上かも。写真を撮るも、周辺が映りこんでうまく撮影できない。 早く周辺パーツの組み付けを行って形にしたいところだが、オーダー中のモール類は未だに揃っていない。バンパーを取り付け、新品のエンブレムやストライプ
『リフレッシュプラン Vol.5』の画像

GAZERY JAPONES、ガゼレイ・ジャポネスと発音するこの素敵な響きの言葉は、レイブリックのお客さまが代表を務められているデザイン事務所の名前。主には建築デザイン、更には腕時計やギターストラップなども手がけられている。 以前、腕時計の話題になったとき、そのコンセ
『TOKYO NIGHT』の画像

いよいよキタかも。ここ1〜2週間で急に視力の変化を感じている。小さな文字が近くでは見にくく、眼鏡を外すとよく見える。 私は今月で45歳になった。もちろん、加齢現象は視力だけではない。それらは全て受け入れなくてはならないことだが、できることならたとえ一日でも先延
『老視』の画像

先週、メーカーさんからランドローバーに適合するアルミホイールをご案内していただいた。イタリアのOZ(オーゼット)というメーカーのホイールで、過去に私も乗用車では何度か装着したことがあり、お気に入りブランドのひとつでもある。 OZからランドローバーに適合す
『OZ』の画像

今日、ご納車で来店していただいたお客さまから頂いたお土産は浪越軒のお饅頭。アップの写真なので分かりにくいが、このお饅頭の特徴はひとつひとつがとても小さいこと。直径はおよそ3センチ弱ほど。写真のお饅頭をいっきに全部食べてしまうことだってできそうだ。 小ぶりな
『浪越軒』の画像

リフレッシュ中のクラシック・レンジローバーはボディーの塗装が完了した。今後はサッシのブラック塗装をし、その後最終の磨き作業を行う。塗装職人いわく、「元々はこんな色だったんですね・・。」。そう、リフレッシュ前はすっかり艶が失われており、このモスウッド・グリ
『リフレッシュプラン Vol.4』の画像

ディスカバリー・シリーズ2のお客さまがご来店され、「この音を聞いてください」と。エアコンのファンの速度を最大にするとダッシュボードの奥で「ブルルルルル・・・ッ」と振動を伴った激しい音が出する。 状況的にはブロワモーターのガタ。ブロワモーターは助手席の足元か
『ブロワモーター』の画像

水曜日、(結局プレーはできなかったが)ゴルフに出かけたときのこと。クラブハウスの前では、お出迎えのキャディさんがゴルフバッグを降ろしてくれる。その際にキャディさんの視線がボナティー号のある部分に向いたような気がした。視線の先はテールゲート・ストライカーの
『隙』の画像

2ndレンジローバー(M/C後)の納車整備に取り掛かったメカニックがしきりに首をかしげている。聞けばどうもエンジンのレスポンスが悪いと。とくに何がというわけではない。経験値と感覚によるもの。もうちょっとフイ〜ンと回ってもよいのだが・・・と、そんな具合い。 そん
『不適合品』の画像

これはバッテリーの良否判定をするためのテスター。以前から興味はあったが、その実態上の性能を知りたくてメーカーさんに無理を言って一週間ほどレンタルしていただけることになった。 良否判定の方法は、CCA(コールドクランキングアンペア)を基準にしている。CCAとは、0
『バッテリーテスター』の画像

気温が低いのは覚悟していたが、まさかここまで雪が降るとは・・。 朝、7時半、自宅を出るころは曇りだった。途中で雪が舞ってきて、ゴルフ場が近づくにつれて本格的に降り始めた。 8時過ぎ、クラブハウスに入っていくと、既にプレーを諦めて帰り支度をする人たちとすれ違っ
『後ろ髪ひかれオヤジ隊』の画像

来月発売されるLAND ROVER Buyers&Parts Guide 2010、今日はその記事ための打ち合わせ。神奈川から編集長にお越しいただいた。これからオーナーさんになられる読者さんのためのに役立つ記事、そして現在オーナーである方へのメンテナンスやドレスアップに役立つ記事、そんな
『LAND ROVER Buyers&Parts Guide 2010』の画像

エンジンルームの洗浄に挑戦。といっても、商品の中古車のクリーニングや、車検整備でのスチーム洗浄など、エンジンルームのクリーニングは日常行っている作業。ただ、この頃のランドローバーのエンジンルームはなかなかスカッときれいにならないのだ。オイル汚れとかではな
『エンジンルーム』の画像

これはディスカバリー・シリーズ2のラムダプローブ。EFI(電子制御燃料噴射装置)の要になるセンサーである。今回の症状はアイドリング時のエンジンの振れ。僅かにブルブル震えるだけの症状かと思いきや、アクセルを吹かすとマフラーからは多量の黒煙が吹き出た。あきらかに
『ラムダプローブ』の画像

リフレッシュ中のクラシック・レンジローバーは塗装の下地処理に取り掛かった。パネルの凹んだ部分はまず叩きき出し、細部はパテで修正する。そしてペーパーで磨いて滑らかな面を出す。この工程は掌の感覚による部分が非常に大きい。人間の触感は素晴らしい。当たり前だが、
『リフレッシュプラン Vol.3』の画像

これは2ndレンジローバーのデファレンシャル。ユーザーさんからの申し出は、下回りから走行中にポンポンと音がするというものだった。 試運転をしてみると音と振動が確認できた。その周期はプロペラシャフトの回転と同期している。エンジン回転でもなく、タイヤの回転でもな
『デファレンシャル』の画像

もうずいぶん前からだが、ボナティー号の右フロントドアトリムが浮いている。ここのところ、これが更にひどくなり、ドアの開閉の際にパタパタと踊るようになった。 ドアトリムの素材は発泡ウレタン。ドアパネルとの勘合は樹脂製の赤いクリップ。その、赤いクリップを
『悪あがき』の画像

今朝は6:45に目覚ましをセットしておいた。暦によれば山梨県の日の出は6:55。富士山頂が朝陽に照らされるのはそれより少し早いのか、あるいはその通りなのかは分からない。今朝の河口湖の最低気温は-6℃。テラスに出てご来光を待つのは辛い。カーテンを開け、ソファに横に
『家路』の画像

正月といえば富士山!と、こだわったわけではないが、今日、私は河口湖畔に来ている。 12才と10才、二人の倅はこれまで間近で富士山を見たことがなく、その美しさと雄大さを知らなかった。過去に、数度富士山来訪を試みたが、天候に阻まれて対面は実現しなかった。 そこで、
『富士山』の画像

↑このページのトップヘ