LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2010年11月

少し出遅れたか? 今日、倉庫の整理をし、中古スタッドレスタイヤを掘り出した。倉庫の整理を兼ねて、毎年恒例のヤフオクセールを行おうかと。主に2ndレンジローバーとディスカバリー・シリーズ2用となるホイールセットをいくつか作った。あとはセットごとの写真を撮って
『ガレージセール予告』の画像

ランドローバーのラインアップの中で、フリーランダーだけ独自の構造をしている。エンジンやシャシの各部においても、他のランドローバーとの共通パーツはほとんどない。だいたい、エンジンが横置きで、駆動スタイルがFFベースなのはフリーランダーだけである。ホイールも
『イグニションコイル』の画像

これはディスカバリー4のフロントブレーキ。ブレーキパッドに円筒形の分銅のような錘が貼り付けられている。おそらく、これは鳴き防止のためのものだろう。 いつの時代でもブレーキ鳴きの対策は解決することはない。制動力を確保したうえでというのが前提ではあるが、絶対
『ブレーキ鳴き』の画像

今日の任務は車両の買い取り。1990年モデルのクラシック・レンジローバーである。しばらくの間、海外に行かれるそうで、急遽愛車を手放すことになった。 その連絡をいただいたのは昨日の夕方。そしてユーザーさんが日本を発つのは来週の水曜日。おっと、あと数日しかない。悠
『愛車』の画像

製作中のクラシック・レンジローバーの様子。エンジンルームの補機類が取り外され、マスキングも完了。いよいよ新たな塗装が吹き付けられる。 これまで、何台ものクラシック・レンジローバーの全塗装を見てきたが、ここまでの作業を行ったのは初めて。実際、ここにたどり着く
『エンジンルーム塗装』の画像

MG-Fのサスペンションは、ハイドラガスが封入された独特のシステムが採用されている。ガスといっても、実際に封入されているのは専用のオイルである。オイルとは言うが、実際には「油」ではなく、「水」に近い成分だと思う。(詳しい成分は分からないが、緑色のクーラントの
『ハイドロ』の画像

これは、レンジローバー・スポーツ用のOVERFINCH(オーバーフィンチ)製エアロキットのサイドスポイラー。自社のデモカーの製作途中なのだが、現在は塗装の下準備の段階。このように塗装ブースの中で待機している。お客さまの修理車や、納車準備で必要な塗装などを優先して行
『段取り』の画像

今朝、早起きして向かった先は三重県の鈴鹿サーキット。知人のショップが主催するサーキット走行会に、私の友人も何人か参加するということで、助手席に乗せていってもらって見学に出かけてきた。自分が走らないのに鈴鹿サーキットに出かけるなんて精神衛生上よくないなあ・
『鉄棒』の画像

今夜はタンレザーについて。 1995年に2ndレンジローバーのデビューと同時にランドローバー業界に入った私だが、そこでいきなりタンレザーに出会った。エプソム・グリーンのボディーにタンレザーの内装。英国車の典型ともいえるコンビネーションだが、それはそれは素
『タンレザー』の画像

クラシック・レンジローバーのリフレッシュを行うにあたり、パーツの供給終了でネックになるもののひとつにフロアカーペットがある。リフレッシュの模様をブログで紹介していると、時々お客さまから「カーペットはどうしてる?」と聞かれる。現実的にはどうもしておらず、つ
『フロアカーペット』の画像

昨日、関西地方のディーラーさんから電話が入った。この週末を利用して愛知県に来られたお客さまの3rdレンジローバーのクーラント漏れが発生。どうやら、そのまま走るのは無理そう。診断して可能なら即修理、場合によっては応急処置ができないものかと。 とにかくクルマ
『クーラント漏れ』の画像

知り合いの不動産屋さんがレイブリックにやってきた。「加藤さん、こんな賃貸物件どうですか?」と。私に勧めているわけではない。私がわざわざ地元で賃貸住宅を借りる必要はない。「どうですか?」とは、「偶然にもレイブリックのお客さまでこんな物件を求めている方はいま
『ビルトインガレージ』の画像

オートクラフトで制作中のクラシックレンジローバー、その塗装工程の様子である。 私が自動車業界に就い22年。その間、塗装あるいは板金という分野の仕事をしたことはただの一度もない。缶スプレーで小さなパーツの色を塗るのがせいぜい。お客さまにサービスとして提供でき
『BESPOKE Vol.5』の画像

2008年、ランドローバーは設立60周年を迎えた。記念するディフェンダー60th限定車が英国で発表されたのだが、ディーゼル車の排気ガス規制の関係もあってか、日本には正規で輸入されなかった。 今日、私は初めて60thのディフェンダー90を見た。ユーザーさんが英国から個人輸
『SVX』の画像

今朝、東北新幹線で仙台へ向かった。人生初の東北訪問である。 8:56、東京発はやて9号。その新幹線に乗るためには品川駅からJRでの移動。きっと朝の猛ラッシュの時間。前日からかなり緊張していた。私はまだその時間の首都圏の通勤列車の経験がない。手の力では曲がるは
『初東北』の画像

先週末、レイブリックでお客さまからCDをいただいた。「加藤さん、今週はこっちだったんですね!ちょうどよかった、東京進出のお祝いにプレゼントします」と。 「三井ぱんと大村はん」 ジャケットどおり、味のあるお二人によるコテコテの関西ブルースである。「東京との
『Blues』の画像

オートクラフトでBESPOKEを進めているクラシック・レンジローバーは、いよいよボディーの塗装作業に取り掛かった。元色はアーデネス・グリーン。さて、どんな色に変身するかは今後のおたのしみ。まずはサフェーサーで下地処理。予定では来週あたり塗装ブースに入り、新たな塗
『BESPOKE vol.4』の画像

おとといの日曜日、私は名古屋に居た。電話をとるとオートクラフトの神田店長からだった。「加藤さん、次のオートクラフトの出社はいつですか?」と。私は今日(火曜日)に出社を予定していた。理由を訊ねると、クラシック・レンジローバーをご契約していただいたお客さまか
『元祖』の画像

レイブリック社用車のフューエルポンプだが、原因を調べた結果、ワイヤーハーネスのコネクター部分が加熱して接触不良を起こしていた。フューエルタンク内には、ポンプとセンダーが一体になったユニットがある。ポンプで汲まれた燃料が写真のリザーバーに一時的に溜められ、
『接触不良』の画像

ディスカバリー・シリーズ1、最終モデルは1998年まであるとはいえ、メンテナンスなどでレイブリックに入庫するクルマはほとんど居なくなった。今日は1994年モデルのディスカバリー・シリーズ1の点検を行った。とても大切に維持されており、ボディーの艶をはじめ、クルマ全
『ピットマンアーム』の画像

メーターなどに使われている液晶パネル、これらの不良で文字がきちんと表示されなくなることがある。「文字欠け」と呼ばれるこの現象、機能上は大きな問題にならないことが一般的なので、数箇所の文字欠けがあってもそのまま乗り続けるユーザーさんも少なくない。2ndレン
『液晶の文字欠け』の画像

レイブリックのデモカーのヴェスビウスのレンジローバー・スポーツをオートクラフトに持ち込んだ。今回の目的は、外装をオーバーフィンチ仕様にすること。エアロキットの取り付け。 エアロの取り付けには塗装工程が伴う。輸入して取り付けてハイ完成!というわけにはいかない
『OVERFINCH』の画像

タイトルを「牛歩」に変更しなければならない・・・。 レイブリックで行っているクラシック・レンジローバーのリフレッシュプランは、開始からすでに一年以上が経ってしまった。辛抱強く完成を待っていただいているユーザーさんには本当に申し訳ない。そして、このシリーズ記
『リフレッシュプラン Vol.10』の画像

今日はオートクラフトの定休日。東京へやってきて5ヶ月目、初めて東京で休暇を過ごした。今日、東京で過ごすことになった目的はゴルフ。関東でゴルフをするのも初めて。今日、ゴルフに行くことに決まった時、周辺のゴルフ場を探した。周辺といっても、かなり郊外に出ないこ
『リンクス』の画像

ラダーフレームにリジッドアクスル、この古典的な構造を見ると一種の安心感を覚える。ランドローバーでは、クラシック・レンジローバー、ディフェンダー、ディスカバリー・シリーズ1などがそれにあたる。 「安心」の意味は「メンテナンスフリー」とか「壊れない」ということ
『スタブアクスルオイルシール』の画像

レイブリックのお客さまに紹介していただき、というか連れていってもらって脳ドックを受けてきた。ご兄弟が静岡県のとある街で病院を経営されていらっしゃるとのこと。「今、加藤さんの身に何かあったら大変だから!」と、受診までの段取りをしてくださった。 今年の4月には
『脳ドック』の画像

今日の出来事、つまり事実なのだが、これを書こうかどうか正直なところ少しだけ迷った。先月末に120点にして出直すと言ったクラシック・レンジローバーの件である。 迷った理由は、そう、自信満々の120点の状態でご納車できなかったからである。しかし、これを書かないこと
『15点』の画像

朝、オートクラフトに出勤するといつもとは違う香りがしてきた。コーヒーメーカーが新調されていた。なるほど、どうりで!朝はこの香りに限る。 オートクラフトのお客さまでコーヒー豆に携わる事業をされている方がいらっしゃる。その方が、お店の改装祝いにとコーヒーメーカ
『オートクラフトブレンド』の画像

マイティーバック、これは負圧を作る機械。グリップを握ると空気を吸う仕組み。民間車検工場には必須の機器。キャブレターや、公害散発防止装置などで使っているバキュームホースを点検するためにも必要である。 今回は何をしているのかというと、オートクルーズのバキューム
『マイティーバック』の画像

今日は祝日の水曜日。レイブリックの定休日と重なったため休暇をとり自宅で過ごした。加藤家には中二と小六の二人の倅がいる。昼間に床屋に連れていった。天気が良かったのでサイクリングを兼ねて自転車で行くことに。しかし、普段使っていない2台の自転車のタイヤがペチャ
『まさローバー』の画像

↑このページのトップヘ