仕事帰り、小説を買いに書店に立ち寄った。特に東京〜名古屋を新幹線で移動する際の必須携行品である。二冊の小説を選び、レジに向かう途中でこの本に目が留まった。正確には、この笑顔に目が留まった。 次に、表紙の三分の二を覆うほどの帯に書かれたコピーに惹かれた。