LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2012年05月

レンジローバーのV8エンジンは、メーカー別に大きく3種類に分類される。クラシック・レンジローバーと2ndレンジローバーに搭載されていたローバー製(元はGMだが)、初期型3rdレンジローバーに搭載されているBMW製、そして2006年以降のジャガー製。 ロー
『オイル漏れ』の画像

私が中学生の頃、もう35年も前のことになるが、当時の制服は学ランに学生帽もかぶっていた。そして黒革の通学鞄を持っていた。 一年生に上がったとき、その新品の学生帽のピカピカ感が嫌だった。本宮ひろし漫画の主人公たちはヨレヨレの学生帽をかぶっていて、その絶妙の
『使用感』の画像

2010年にマイナーチェンジをしたレンジローバースポーツの5リッターモデルにはこんなお洒落な内装色がある。アイボリーとブルーの爽やかなコンビネーション。 レンジローバーにこんなカラーが似合うようになったことが、個人的にはとても嬉しい。クラシック時代にはコンビ
『OCEAN』の画像

東京と名古屋を行き来しながら私の生活は続いている。交通手段はクルマと新幹線の半々。クルマの場合は、新東名高速道路のおかげで劇的に快適になった。では、新幹線の場合は? 裏ワザとまではいかないが、最近私はのぞみ号に乗らない。3月のダイヤ改正でひかり号が使いや
『ひかり狙い』の画像

タイトルに「クリーパー」と書いたが、あえてカタカナを使ってみただけで普段はそうは呼んでいない。「寝板」のことである。キャスターが付いた板の上に寝てゴロゴロとクルマの下に入り込んで下回りの整備をするためのもの。ただ、この寝板、現在ではすっかり自動車整備のス
『クリーパーから4柱リフトへ』の画像

東京のオートクラフトに赴任して間もなく2年が経つ。赴任してしばらくはビジネスホテルを使っていた。そんな生活を1ケ月ぐらい続けたが、その後賃貸のワンルームマンションを契約した。現在の港区の住まいである。 そのマンションを来月引っ越すことにした。引っ越す先は
『単身引越しパック』の画像

オートクラフトのピット内のゴミ箱は、これまでは丸い水色のポリバケツだった。まあ、一般的な業務用のゴミ箱だったのだが、水色はすっかり黒ずんでいてとても見苦しい状態だった。分別用に4つのゴミ箱が要るのだが、丸い形状だとそれを並べるとかなりのデッドスペースがで
『創意工夫』の画像

ゴルフ以外の私の趣味はやはり音楽である。とても人に聴かせられないレベルのギターと、自分で聴くのも嫌になるほどの歌。それらをゴチャ混ぜにしながらひとり弾き語りを楽しんでいるのである。 しかし、今日は超一流の音楽を楽しんできた。出かけた先は東京ドーム。Mr.Chil
『課外活動』の画像

ゴルフは私の大切な趣味のひとつ。 私のゴルフに纏わる環境は2年前に大きく変わった。2年前、そう東京での半・単身赴任を始めるときに、である。それまでは、どうだろう週に最低数回は練習場でボールを打っていた。名古屋市郊外には深夜まで営業をしている練習場がいくつ
『クラブ活動』の画像

いつか映画化されるだろうと思っていた。その思いは期待でもあるし、心配でもあった。 一昨年、百田尚樹先生の「永遠の0」という小説を読んだ。心を打たれた私は、翌年の二月に鹿児島県の知覧特攻平和会館を訪れた。 ストーリーはフィクションなのだが、逆にノンフィク
『映画化』の画像

巨匠がまたやってくれた。缶コーヒー・ジョージアのおまけの1/100モデルをベースにしたカスタムモデルである。今回はディフェンダー90を使って作った「ディフェンダー110」と「ランドローバー・シリーズ3」。一番右がベース車両となったディフェンダー90。 私のお気に入
『MODELER』の画像

lux(ルクス)、明るさの単位のルクスである。今日は明るさと電気料金の話を。 電気工事に携わる知人から「ルクス・メーター」なるものを借りた。これを使ってレイブリックのピットをはじめ、現在の社内の明るさを測るのが目的である。そして、照明器具をLED化する際に必
『lux』の画像

こんな写真では車種が分からないと思うが、これはディスカバリー3。フロントバンパーとヘッドライトを取り外して、その前にしゃがみ込んで何をしているのかというと、ウインドウォッシャータンクの漏れを修理しているところである。 2006年にデビューしたディスカバリ
『小細工』の画像

だいたい、タイヤのパンクの原因といえば釘などの金属片を踏みつけた場合である。時に、ホイールのエアバルブや、打ち込み式のバランスウェイト部分が原因であることもある。更に稀なケースでは、アルミホイールの製造上の問題で目に見えないほどのピンホールが空いている場
『パンク』の画像

夜、レイブリックでの仕事を終え、クルマでコンビニに寄って帰るときのこと。私は駐車場から右側に出ようとして左右から走ってくる車が途切れるのを待っていた。右からの数台が通り過ぎ、当分こない。左からはあと一台のヘッドランプが近づいてくる。その車が私の前を通りす

「利き肩」なんて言葉があるのかどうか知らないが、そういうことがあることはどうやら事実らしい。話の発端はレイブリックの溝口メカニックがバッグを新調したことだった。 スキーをはじめ、車載用のシステムラックで有名なスウェーデンのTHULE(スーリー)、そのブランドか
『利き肩』の画像

今日もオートクラフトには3台のMGが入庫している。MG−Fが2台とMG−TFが1台。ちょうど並んで整備をしているところ。奥のブリティッシュ・レーシング・グリーンがMG−F、手前のロイヤル・ブルーがMG−TF。MGに詳しい方なら「T」の文字の由来を知ってい
『MG-FB』の画像

オートクラフトのサービスファクトリーでは、現在3rdレンジローバーのエンジン・フロントケース付近からのオイル漏れ修理を行なっている。行なっていると言っても、まだ取り掛かったばかり。いや、正確には取り掛かったのは昨日からなのだが、作業はほんの僅かに進んだの
『渾身の』の画像

ランドローバーのボンネットは高い。エンジンルーム内の整備をすると奥のほうに手が届かないため、踏み台は必需品である。レイブリックでは大工さんからもらった大きめの角材を利用している。オートクラフトは塗装工場を併設しているため、シンナーなどが入っていた一斗缶が
『脱一斗缶』の画像

午後、横浜あたりでで雹が降っているという情報が飛び込んできた。その雲は東に進んでいるようなのでやがて東京も危ないかも?! さっそくクルマを避難させた。まずお客さまから預かっている修理車両を全てピット内に移動。続いて商品車も。守らなければならない、ほぼ全て
『避難』の画像

工具備品類をレイアウトし、ピット作業が再開したオートクラフトのサービスファクトリー。レンジローバーが床に映りこむほどの輝き!実際にファクトリー内はかなり明るくなった。お客さまからも「キレイになりましたね!」と言ってもらえてとても嬉しい。私自身ここで過ごす
『床塗装』の画像

ETCを利用し始めてもう10年ぐらい経つだろうか。不注意でETCカードを持たずに出かけてしまったときなど、料金所の手前で「ピンポーン!ETCが利用できません。」とアナウンスされてビックリと同時にガッカリする・・・。 それぐらい、今やなくてはならないものになっている。
『ETC』の画像

毎年のことだが、この束が入った封筒を開けるのはとても気が思い。みなさんのお手元にも届いている頃だろうが、そう、自動車税の納付書である。社用車はもちろん、ナンバーが付いている商品自動車の分もまとめてやってくる。保有台数分なので分かりきったことだが、検算のた
『税』の画像

今日はこどもの日。この春、高校にあがった上の息子は同級生と遊びに出かけた。中学の部活で陸上をやっている下の息子は午前中その練習に出かけた。こどもの日だからとて特にイベントなど必要なくなり、なんの変哲もない休日となった今日の午後は、爽やかな風が吹き込むリビ
『こどもの日』の画像

WEB上でとても興味深いレンジローバーを見つけた。 北米ではディスカバリー・シリーズ2に2ndレンジローバーと同じ4.6リッターエンジンが搭載されたモデルがあると聞いたことがあったが、ドイツにも存在するのかな?ドイツのチューナーによる大胆な改造で、ディスカバ

オートクラフトのサービス工場内は連休に入る前日に床の塗装を行ったために、工具や備品類は全て一箇所にかためてある。なので現在はカラッポの状態なのだが、もちろん連休明けにはまずそれらをレイアウトし直してからピット作業を再開する。それにしても、かなり大量の不要
『5S』の画像

オートクラフトでオールペイントを進めているクラシック・レンジローバーの進捗状況は現在こんな感じ。私がオートクラフトに居なかった一週間の間に作業は順調に進んでおり、塗装工程はほとんど完了していた。というか、私の目には完了しているように見える。 あとは分解
『ボディーリフレッシュ Vol.5』の画像

これがゴールデンウィークの連休に入る前にメカニックたちが自分たちの手でリフレッシュに挑んだオートクラフトのサービス工場の様子。床の塗装は4月29日に行なったのだが、3日目の今日、私が足を踏み入れても大丈夫なほどすっかり乾燥していた。神田店長の報告によれば
『SERVICE FACTORY』の画像

↑このページのトップヘ