LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2012年08月

今日は8月31日、株式会社レイブリックの16回目の決算。決算ということは、そう、恒例(恒例っていうのも変だけど・・・)の棚卸作業。 パーツ棚はピットの中二階にある。この時期はハンパじゃなく暑い。暑さ対策で換気扇をつけたり、風通しのために窓をつけて、それ以
『棚卸』の画像

オートクラフトで2年近くかけて(かかってしまっているのだが・・・)製作中の渾身のクラシック・レンジローバーは、予定では明日、ナンバーが付く。つまり登録が完了する。作り始めたときと、現在、たった2年しか経っていないが、この間にも情勢は移り変わっている。それ
『まだまだクラシック。』の画像

快適な新東名高速道路だが問題点はある。それはトンネルが多すぎること。電話連絡(もちろんハンズフリーで話すのだが)の途中で切れてしまうからだ。「ここから先、トンネル5回連続!」なんて看板があるが、きっとそんな時のための予告もであるのだろう。 トンネルで途切
『Comfort』の画像

もう一日だけ懐かしい私のカーライフにお付き合いください。 今夜も日産スカイラインについて。 あくまで個人の趣味だが、箱スカは文句なしでカッコよかった。ケンメリはボッテリ見えてまあまあ。でも財津和夫さんのCMソングは良かったなあ!ジャパンは、ちょっとヤン
『「R」』の画像

(昨日から続く) 心のどこかで日産車に憧れならが、それでもどういうわけかトヨタの波に流され始めた私のカーライフは、結局その後トヨタディーラーに就職するに至ってしまったわけで、自分の想像以上にその流れが強かったことの証明でもある。 ただ、その間(その後も
『ボンネットリフト(下)』の画像

私が免許を取ったのは1983年。トヨタvs.日産、販売戦争絶頂の時代。贔屓の野球チームと同じく、マイカーにも贔屓のメーカーがあったりした。子供は親の影響を受けるもの。親が乗っているクルマの名前を覚え、それがクルマのスタンダードとなる。加藤家はトヨタ贔屓の家系だっ

長年使ってきた印鑑が欠けてしまった。コンクリートの床に落としてしまったのだ。 この印鑑を作ってくれた職人と連絡を取ろうとしたのだが電話が繋がらない。その瞬間、自分が想像以上に縁起担ぎであることを自覚した。ただ新しい印鑑を作ればよいというわけではないのだ。
『縁起』の画像

自動車の電装品は、基本的に12Vの電圧で作動する。ランドローバーもそう。 ヘッドランプスイッチをONにすれば、バッテリーから供給された12Vが起動電圧となってスイッチやリレーを通過してヘッドランプバルブに働き、ランプを点灯させる。例えば、ヘッドランプが点かず、バ
『迷宮入り寸前・・・』の画像

夜、友人が遊びに来た。トヨタ86をオーダーしていたことは聞いていたが、お盆前に納車されたとのことで、今夜それに乗ってやって来た。彼も私と同じスポーツカー乗りで若い頃にはセリカに乗っていたのだが、社会人になり、そして独立して事業をはじめ、あるいは家庭を築くこ
『86』の画像

ゴルフを趣味にするようになって8年目になる。それ以前もゴルフをしたことはあったが、自分でもとても趣味と呼べるような取り組み方ではなかった。それどころか、おそらく3年ぐらいの完全なブランクもあった。そして、2004年の秋にふいに始めたゴルフがすっかり勢いづいて
『マナー』の画像

先月、フロントの足回りからのコトコト音の原因だったACEの修理をしたヴェスビウス号。現在の走行距離は75,000km。7万キロを過ぎたころだっただろうか、ブレーキング時にステアリングホイールが左右にぶれる現象が出始めていた。特に高速走行時に症状は顕著に出る。ブレーキ
『ブレーキング時の振動』の画像

今月10日から始まったオートクラフト社屋の外壁および看板工事は、今日までで予定の工程を無事に終えることができた。看板の照明器具の取付とその他若干の手直し箇所は残されているが、営業するうえでネックとなる工事用の足場を使う作業を優先させることに徹し、今朝撤去
『再び!リフレッシュOPEN』の画像

私は3人姉弟の末っ子。二人の姉は共に東京にいる。下の姉の住まいは中央区で、私が住む港区からはクルマで10分ほど。今日は仕事を終えたあと、姉夫婦のマンションを訪ね、夕食をご馳走になった。 普段のほぼレトルトだけの夕飯とは異なり、「普通の食事」をいただいたあ
『メンテナンス』の画像

名古屋の自宅で休暇を過ごし、5日ぶりに出社したオートクラフトだったのだが今日の蒸し暑さはハンパじゃない・・・。だいたい名古屋よりも東京のほうが涼しいものなのだが。もっともここのところは関東はずっとこんな暑さだったらしい。 港区の今日の最高気温は34℃、そ
『湿度』の画像

あっという間に夏休みは終わり、明日からオートクラフトは営業再開。東名高速道路は大渋滞のようなので今日は名古屋から品川まで新幹線で移動。 品川駅からマンションの前を通過しオートクラフトに直行。外はすっかり暗くなっており、今日の作業は既に終わっているが、それ
『リフレッシュ工事』の画像

小説は書店でじっくり選ぶこともあれば駅の売店で直感的に手に取ることもある。アマゾンや楽天ブックスなど通販を使うこともある。 以前読んだ「1日30分を続けなさい」という自己啓発に関する著書の中で読書の方法についても触れられていた。そこに書かれているコツのひと
『AB型の読書法』の画像

長期連休前の課題だった板金塗装ファクトリーの床塗装が完了した。かなりの量の不要物を捨てたし、こうして床もキレイになった。しかし、残念だが劇的な変化とはいえない・・・。どこが問題なのかな?柱や壁に手を加えなかったのも原因のひとつだろう。整理・整頓・清掃、と
『夏休み前』の画像

一昨年の秋からオートクラフトで製作に取り掛かった渾身のクラシック・レンジローバー。いよいよ内装など細部の仕上げ段階に入った。オーナーさまのご意向があり、それにチャレンジする製作担当の大橋、共に高みを見つめながらここまでやってきた。本当に、本当にもうひとい
『匠』の画像

高速道路の集中工事のようなタイトルになってしまったが、事実オートクラフトはリフレッシュ工事の真っ最中! 今朝から看板を含む社屋外壁の改装改修工事に入った。今日はそのための足場を組んだまでだが、ご覧のとおりすっかり工事中の様相。ペンキ屋や看板業者は明日以降
『リフレッシュ工事』の画像

18歳からクルマに乗るようになって早30年近く経とうとしている。そのクルマ人生で、これまで数えるほどしかクルーズコントロールを使ったがなかった。せっかちな私の性格ゆえの理由もあるだろうが、私の生活圏内にはクルーズコントロールを使って定速走行できる道路がほ
『クルーズコントロール』の画像

ディスカバリー・シリーズ2の7人乗りモデルには、リヤ側にエアサスペンションが採用されている。これは正常な車両の右後輪部分。くの時型に折れ曲がっているのは車高を検知しているハイトセンサー。全体的にちょうど劣化する時期にさしかかっているのか、最近はハイトセン
『ハイトセンサー』の画像

これらの椅子は、共に3年前の店内改装に伴って新調したもの。茶色のほうはカウンターの外側でお客さまが掛けられるもの。黒はカウンターの内側でスタッフが使うもの。購入したとき、スタッフ用はかなり節約した。つまりケチった・・・。値段はお客さま用の1/5ほどだったかな
『安物買いの・・・』の画像

一世帯あたりの自動車保有台数は、レイブリック地域の愛知県ではおよそ1.3台。世帯の1/3が2台保有していることになる。ちなみに、オートクラフト地域の東京は47都道府県で最低のおよそ0.5台である。 そんな土地事情もあって、レイブリックのお客さまには複数保
『親子ガレージ』の画像

これがオートクラフト社屋の全景。この建屋の歴史は古い。40年近く前に港南自動車整備協同組合として自動車整備工場がスタートした。株式会社カーサービス港南として、それまでの組合員だけを対象とする組織から一般顧客に向けたサービスに切り替えたのはおよそ7年前。ちょ
『進化』の画像

OVERFINCHからイヴォーク用のエアロスタイリングKITが発表された。スタイルは比較的大人しめで純正然としているが、コンプリートカーのパープルのボディーカラーがなんとも奇抜である。レンジローバー・スポーツのデモカー、ヴェスビウスしかり、私は派手目のボディーカラ
『OVERFINCH』の画像

オートクラフトは今年のゴールデンウィークの前後にファクトリーの床の塗装を行なった。そしてこの夏、残る板金塗装コーナーのリフレッシュに取り掛かることになった。 オートクラフトの夏休みは8月13日から。予定ではその数日前から取り掛かるつもりだったが、塗装作業
『Car Painting Factory』の画像

こんな理不尽な出来事が起きてしまうのが現在の行政の実態である。 ある一台の自動車は新車時から中古車となって数人の元を渡ってきた。新車時のオーナーをAさん、2番目のオーナーをBさん、3番目のオーナーをCさんとしよう。 問題が発覚したのはCさんが販売店で新
『嘱託設定登録』の画像

↑このページのトップヘ