LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2012年09月

今日、愛知県みよし市の三好カントリークラブでは男子プロゴルフツアー「コカコーラ東海クラシック」が開催されていた。ところが、早朝、観客入場不可とのアナウンス。台風17号の影響で運営の安全面から、無観客での決勝トーナメントとなったのだ。私の記憶ではそんなこと
『台風17号』の画像

もしかしたら明日は新幹線が止まってしまうかもしれない。東名高速道路も通行止めになってしまうかもしれない。明日、東京から名古屋へ移動するつもりだったのだが予定変更。今夜のうちに名古屋へ移動を済ませた。 昨年も東京でとんでもない台風に見舞われた。大きな街路樹
『台風接近!』の画像

隔週とはいえ単身赴任中の品川のマンションでの暮らしだが、今週ほど時間が足りないと感じたことはなかった。それは先週発売になった浜田省吾さんのDVDとCDのせい!昨年行われたライブツアー、「The Last Weekend」が収録されたDVD2枚とCD3枚の5枚組ボックス!!! これは体
『ON THE ROAD』の画像

バハマ号はいよいよボディ側面の塗装工程に入った。私自身、一連の塗装工程を通して見られることは滅多にない。時々塗装ブースへその様子を見に行くと、既に見たかった工程が終わっていたり・・。今回はちょうどそこに居合わせることができた。 下地処理が終わり、いよいよ
『さしすせそ』の画像

中古車である以上、コンディションはそれまでの使われ方や整備の具合いによって様々。例えば6年経過したクルマの場合、そのクルマは6年の間に2回の車検と3回の12ヶ月法定点検の時期を過ごしてきたはず。乗り方やオイル交換など簡単なメンテナンス以外に、その5回の法
『中古車という名の商品』の画像

ついに色が入った。ここまで来ればもう隠す必要はない。私が思っていたボディーカラーは「Bahama Gold」と呼ばれるご覧のようなイエローだったのだ。写真だと割りと鮮やかなイエローに見えるが、実際にはほんの僅かに濁った印象もある。 バハマゴールドは、まだ日本に正規輸
『Bahama Gold』の画像

レイブリックのお客さまが、ある日ミニカーを持って来店された。この缶コーヒーのおまけのミニカーが流行ったのはおよそ1年前。私もそうだったが、多くのランドローバーファンがこのミニカー欲しさに普段は買わない缶コーヒーを大人買いした。ただ、我々が「巨匠」と呼ぶこ
『僕らをつなぐもの』の画像

昨夜は気がついたらブログも書かずに眠ってしまっていた。昨日は秋の恒例イベント、レイブリック主催のゴルフコンペだった。今回で4回目の開催となったのだが、今回も底抜けに楽しかった。少なくとも私は。参加していただいたみなさんにも、きっと楽しんでいただけたと思う。
『RGBゴルフ』の画像

一台のクルマを家族で共有する場合にはシートやミラーのポジションを頻繁に調整しなおす必要がある。そんな場合には電動ドアミラーが大変便利である。とくに手が届かない左側は。 いつの時代も電動ドアミラーは比較的よく壊れる・・・。上下左右の調整が利かない、電動格納
『本来の機能』の画像

仕事とは全く関係ないが、最近「ホームページ製作」に挑戦している。ブログのデザインのカスタマイズなどを通じて、ちょっとだけ「タグ」の意味が分かってきたので、もしかしたら自分にもできるかも?と思ったのだ。 私事だが、来年3月は私が高校を卒業して30周年になる。そ
『ホームページ』の画像

当ブログのサブタイトルで「ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。」とあるのは、もちろん私がそう感じているからである。もしかしたら、逆に時間が慌ただしく感じられてしまうクルマもあるかもしれない。いや、間違いなくある。私にも心
『優しさ』の画像

ボディーパネルがアルミだから成せる技なのか、あるいはそもそもこういう発想と技術があったからこそ材料にアルミニウムを選んだのか、どちらが先かは知らないが、現在もランドローバー車のボディーパネルにはアルミニウム合金が多く使われている。 もし日本で、いわゆる「
『アルミ』の画像

私もドライブレコーダーを活用している。しかし、取り付けてある車両はメーンで乗るヴェスビウス号のみ。それ以外のクルマに乗る機会も多く、その都度付け替えられるように最近出回りはじめたポータブルのタイプに買い換えようかと考えていた。 そこでこんなモノを発見!保
『スマホの可能性』の画像

ボディーリフレッシュ中のクラシック・レンジローバーはルーフの下地処理を進めながら側面の作業に取り掛かったところ。 両面テープで貼られたモールやエンブレムを剥がし、次に板金作業。大きな凹凸は叩いて面を均した後にパテを塗る。パテが乾いたらペーパーで平面を作る
『塗装は下地が大切です。』の画像

大企業には我々には想像もつかないプロジェクトが存在することを、今日は身を持って体験してきた。都合により企業名は伏せておくが、その「大企業」がどれほど「大」であるかを例えると、レイブリックとオートクラフトが合わせてかかったとしても社員数およそ10,000倍の規模
『車座トーク』の画像

塗装の下地処理をしている間にペイントカラーの最終決定ををしなければならない。「え?決まっていなかったの?」と言われそう・・・。決まってはいたのだが、それは本やウェブ上で見つけた色。私は実際に本物のそのカラーのクルマを見たことがない。だから最終的には自分の
『My Choice』の画像

2002年にデビューした3rdレンジローバーは、2012年モデルを最後にフルモデルチェンジが発表された。2002年から2012年、実に足掛け11年のロングセラーモデルとなったわけだ。 ランプ類やバンパーの形状、エンジンの変更など、大小いくつかのマイナーチェンジを繰り返してきた
『これから始まる3rdレンジローバー生活。』の画像

先月行ったオートクラフト社屋の外装工事で、残っていた看板照明の取り付け工事が終わった。 照明器具はLED電球のタイプ。こういうものも今ではどんどんLED化が進んでいるようで、器具のカタログを見ると巻頭からしばらくはLEDのもが載っている。ただ、まだ私もLED看板照明
『LED』の画像

先週、私が東京から名古屋へ移動したその逆のタイミングでオートクラフトに一台のクラシック・レンジローバーが届いた。そう、ボディーリフレッシュから作業に取り掛かるレンジローバーだ。 東京を離れる前には、メカニックとどんなプロセスで作業を進めるのかの打ち合わせ
『塗装作業開始』の画像

例えばクルマのサスペンションなどのボールジョイントは、ガタがくればパーツ交換で直る。もし人間にそれができたら・・・、などと叶わないことを願っても仕方がない。 私は現在47歳。考えてみれば当たり前だが、体のここそこは着実に老化している。爆弾を抱えているよう
『間接』の画像

2ndレンジローバーにはスーパー・ロックという機能がある。通常、ドアのロック⇔アンロックの操作はリモコンキーを使って行う。リモコンキーを使わない場合の操作方法は、乗車中にはドアのロックノブを上下させる。外からなら鍵穴にキーを差し込んで回す。これらの操作は、ロ
『スーパーロック』の画像

レイブリックの決算は8月。今来月で決算整理を行うのだが、帳簿は会計ソフトを使って日ごろから入力しているので決算だからといってそれほど大掛かりな作業が必要なわけではない。最も時間がかかるのはパーツの棚卸作業。実棚調査として、在庫パーツ全ての個数をチェックす
『決算棚卸』の画像

私は朝が苦手である。最近の健康診断の結果こそそうではないが、もともとは低血圧でなかなか起きられない。年齢とともに徐々に早起きにはなったのだが、それでも念のために目覚まし時計をセットすることは怠らない。というか、心配で寝られない・・。私の目覚まし時計はスマ
『目覚まし』の画像

おととい関東でゴルフをしたばかりなのに、今日も愛知県でラウンドという、なんとも恵まれた加藤である。 今日、訪れたのは名古屋市守山区の緑ヶ丘カンツリークラブ。今月、レイブリック主催のゴルフコンペを行うのだが、ここがその会場となるコースである。レイブリック
『視察ラウンド』の画像

東京・名古屋間の高速道路で初めてACC付きのクルマに乗った。 ACCは、Adaptive Cruise Control の略。前車との車間距離を一定に保ちながら走行できるクルーズコントロールシステムである。正直、使う前までは過剰装備品だと思っていた。それ以前に、この4月に新東名が開通
『ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)』の画像

今日、月曜日はオートクラフトの定休日。レイブリックは水曜日なので、もちろん今日は営業している。なので、私は東京で休暇を過ごすことはほとんどない。あるとすれば、今日のようにゴルフの予定があるときぐらい。夕方マンションに帰ってきてそのまま夜を迎える、そんな”
『休みの日』の画像

品川の単身用ワンルームマンションはこの6月に引っ越しをた。それまでのマンションは洗濯機が備え付けだったが、引っ越した先の現在のマンションはなかったので新品を購入した。前のマンションの洗濯機は乾燥機能つきで、私はそれにすっかり味をしめてしまった。そこで、新
『安かろう・・・』の画像

オートクラフトに念願の4柱リフトを導入することができた。正直いうと、資金があり余っていればスパっと新品を購入するところだが、つまり程度が良い中古品が出るのをずっと待っていたのだ。16年前、レイブリックでは新品を入れた。開業に際して、最短で準備をする必要が
『4柱リフト』の画像

↑このページのトップヘ