LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2012年10月

夜、名古屋から東京へ移動した。港区のマンションの部屋は9階。この数日間で決めていたことがあった。体力作りのためにエレベーターを使わないようにしよう! ジム通いなどをしていな私にとって、運動と呼べることはたまに行くゴルフぐらいのもの。やはり運動不足。普段か
『体力作り』の画像

ある日突然エンジンが掛からなくなる、あるいは走行中にエンジンが止まる。そんなこと起きてほしくないが、現実には時々そういうこともある。今日は、2ndレンジローバー(後期型)とディスカバリー・シリーズ2の代表的な事例を紹介しよう。 電子制御燃料噴射装置、通称
『クランク角センサー』の画像

私が住む地域でまだまだ冬支度という実感は沸いてこないが、ここのところ毎日のように北国を中心にスタッドレスタイヤ関連の問い合わせやオーダーをいただいている。最近はタイヤチェーンの需要はほとんどないのが実態だが、今日はちょっとだけ興味深い商品の紹介を。 シス
『本当にカンタン!K-Summit』の画像

ディフェンダー90の幌型への改造第二段スタート。 当分の間、理由があって写真はモノクロで!このディフェンダーは前オーナーの手で大掛かりなモディファイが行われていた。今回の改造の目的のひとつは、その痕跡を残さず消すこと。従って、もう少し改造が進むまでは鮮明な
『分解・分解・分解』の画像

今夜は友人との食事会。私は酒を飲まないので安心してクルマで出かけられる。そして友人の送迎もできる。一石何鳥にもなる。 私の誕生月は1月で、来年の1月には運転免許証の更新がやってくる。更新の案内はがきは誕生日の40日ぐらい前に届くだろうか?それならあと1ヶ
『私の交通安全運動』の画像

ここ何日か、持病の腰痛に襲われている。それほどひどくはないが、なんとなく気を抜けない状況が続いている。急に変な姿勢をとるとギクっといってしまいそうで、いちいち腹筋に力を入れて体を動かしている。 少し寒くなりかけたこの時期の風物詩でもあるのだが、早くスッキ
『鍼』の画像

私がまだ会社勤めの頃の出来事を。 まだペーペーの頃、扱いにくかった私のことを煙たがる上司もいれば、逆に極端にかわいがってくれる上司もいた。もちろん、かわいがってくれる上司の言うことは素直に聞けた。 ある日、本社から統括部長が専用の社用車で私がいる営業所に
『身だしなみの整え』の画像

自動車では、音や熱を遮るパーツや材料のことを「インシュレーター」と呼ぶ。例えば、ボンネット・インシュレーター。ボンネットの裏側に設け、エンジン音を室内に伝わりにくくしたり、エンジンの熱からボンネットの塗装面を守ったりする。 写真はクラシック・レンジローバ
『インシュレーター』の画像

クルマのボディー面を長期間小傷や汚れなどから守るために施すボディーコーティング。オートクラフトでは塗装エンジニアがその作業を行なう。ボディーコーティングというのは塗装面の上に更に皮膜を作る作業。最近主流でなのはガラスコーティングと呼ばれ、名のごとくガラス
『ボディーコーティング』の画像

写真はディフェンダー90のV8ガソリンエンジンだが、クラシック・レンジローバーやディスカバリー・シリーズ1もほぼ同じ構成をしている。写真中央の黒く短いゴムホースはエンジンのインテークマニュホールドからヒーターコアへと続くホース。ホースはただのゴムホースで
『力』の画像

おそらく20数年前のこと、私が初めてこのシステムを見たのはポルシェ928だった(・・・と、思う)。ホイールに圧力センサーが付いているとして、グルグル回るホイールに対して配線を通すことは不可能だからきっと無線だろうということは想像はついたが、それはそれは凄い技術
『タイヤ・ウォッチ』の画像

私が使っているスマートフォンはauのAndroid。昨年の夏、それまでの携帯電話からスマートフォンに換えようと思ったとき、ちょうどiPhone4が発売されたタイミングだった。乗り換えてしまおうとも考えたが、結局はauを選んだ。決め手は「おサイフケータイ」だった。スイカやE
『カメラアプリ』の画像

英国から届いた荷物はディフェンダー90用のロールケージと幌。そうです!またまた始める予定なのです。 一昨年からスタートし、一年以上かけてコツコツと組み立ててきたナインティーは、今年6月に無事に新たなオーナーさんの元に嫁いでいった。「デモカーと同じ仕様のディ
『Second Stage』の画像

四駆(よんく)というカテゴリーの、原型のひとつでもあるディスカバリー・シリーズ1。そのディテールの多くを残したままフルモデルチェンジを果たしたディスカバリー・シリーズ2は、その程よい無骨さが未だに人気である。 今日もレイブリックではディスカバリー・シリー
『ボールジョイントのダストブーツの亀裂・損傷』の画像

先週、レイブリックの中古車展示場の舗装工事を行った。その間、私は東京のオートクラフトに出社し、その後、朝霧高原を経由して昨夜レイブリックに戻ってきた。工事が終わったことは報告を受けていたが、その出来ばえが気になって仕方がなかった。昨夜、暗闇の中で確認。そ
『猫の額ほどの・・・』の画像

2012年10月13日 7:00am 東京からはオートクラフトTeam 名古屋からはレイブリックTeamが、同時に出発。 一路、朝霧高原へ! みんなで走れば楽しさ倍増! 興奮しずにはいられない! 到着! 晴天だ! テントの設営は僕に任せろ! みんなで持ち寄った食
『LAND COMFORT MEETING -in the field- 2012』の画像

構造上、ドアの中には雨水が進入する。ドアパネルの下には水抜きの穴が開けられていて、侵入した水はそこから外に落ちるようになっている。ただ、ドアの内側には内装パーツのドアトリムが取り付けられており、水分が当り続ければ内側から痛めることになる。あるいは、強い雨
『裏方さん』の画像

現在オートクラフトで納車に向けて整備を進めているクルマは2002年モデルの3rdレンジローバー。新規登録からちょうど10年。距離はおよそ8万キロ。年間8,000km平均、つまり5,000mileである。英国なら十分に「Low Mileage!」と呼ばれる範囲だろう。 それはそれとして、オート
『Low Mileage』の画像

オートクラフトで製作中のバハマ号、ドアも取り付いてかなり形になってきた。 私は塗装作業そのものには参加できないが、その前後の作業なら可能。今日はボディー各部のパーツの組み付けを行なった。各ドアのアウターハンドルやウインカーレンズ類、そしてバンパーの取り
『希望という名の光』の画像

自動車を司る全てのパーツの中で、格好いいものランキングをつけるなら、私の場合Brembo製ブレーキキャリパーが第1位になるだろう。オートクラフトのピットで整備中の3rdレンジローバー、OVERFINCHのエアロパーツやマフラーが装着されているのだが、そのクルマのブレンボ
『機能美』の画像

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、気候がよく、あらゆる事がはかどる秋。工事もはかどるのである!ここはレイブリックの中古車展示スペース。砂利を敷いているのたがランドローバーの重量に耐えられず、車輪の場所だけがどんどん沈んで凹んでしまう。そこに雨が溜まり、タ
『秋』の画像

レイブリック・オートクラフトの共同開催イベント「LAND COMFORT MEETING -in the field-」、昨年に引き続き今年も朝霧高原で開催することになった。そしていよいよ来週末に迫ってきた。両店のお得意さまを招いて行われるこのイベント、レイブリックの宮原とオートクラフト
『-in the field-』の画像

今日は10月5日。レイブリックの決算日の8月31日から、まだ35日しか経っていない。決算整理の期間は2ヶ月。つまり今月末まであるのだが、こんなに早く整理ができたのは初めてかも! 従来はレイブリックの年一回だったのが、昨年5月からオートクラフトの決算も加わり、年二回
『次期繰越』の画像

ここのところ、日本生命のテレビCMにすっかりヤラれてしまっている。それはバックで流れている曲のせい。デレク・アンド・ザ・ドミノスのLayla。確かこのCMが始まった頃は、サビの部分「ジャラジャラジャララ〜(ギターソロ)、Layla〜♪」という、エリック・クラプトンに
『みらい創造物語』の画像

サスペンションやステアリング系などの下回りの増し締め、もちろんそれはとても重要なことなのだけれど、しかし、現実的には現代のクルマの多くは増し締めをする必要がほとんどなくなっている。現代といっても、私が自動車業界に入り、国産車の整備に携わるようになった1990
『基本整備・基本性能』の画像

今日から10月。いっきに過ぎ去った台風の影響もあってか、空気が急に秋らしくなった。枯れた葉も舞うようになった。夜になると肌寒く感じるほど。油断して風邪などひかないように気をつけよう。
『秋』の画像

↑このページのトップヘ