LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2013年02月

マイカーに冷房が付いていないという記憶がある方、私は1965年生まれだが、ちょうど私の世代がギリギリ境い目ではないだろうか。私が幼少の頃、加藤家のマイカーには冷房がなかった。夏はウインド全開!それしか方法はない・・・。たまに信号待ちで横に並んだサルーンの窓が
『フレッシュエアー』の画像

今日、水曜日はレイブリックの定休日。休日を利用して社屋内の照明器具の交換工事を行った。今回導入した器具はLED照明。逆に取り外したのは水銀灯。社屋内全ての照明器具を交換するにはあまりにも高額なイニシャルコストが掛かるので今回は見送り。営業時間内に常時点灯させ
『LED』の画像

一昨年前の夏から使い始め、今ではすっかり仕事に欠かせなくなったスマートフォン。カメラ、天気予報、地図やナビゲーション、電車の乗り換え案内、新幹線や飛行機の予約、交通情報、翻訳、ブログ、フェイスブック、ブックリーダーなどなど。息子たちが携帯音楽プレーヤーだ
『アプリ』の画像

ランドローバーに限らず、オフロード走行でクルマを横転させてしまった経験がある方もきっといらっしゃるだろう。レイブリックのお客さまでも過去に何人かいらっしゃった。つまり転びそうなほど楽しい場所を走って、結果的に転んでしまったわけだ。そのまま笑って済ませられ
『横転させてもよいオフロード走行会(仮称)』の画像

エンジンオイルに関する記事が続くが、今日は3rdレンジローバーのエンジンオイル漏れについて。 これは3rdレンジローバーのマイナーチェンジ前、BMWエンジン搭載モデルの整備風景。オイル漏れの修理を行なっている最中なのだが、答えからいうと、漏れの原因はVバ
『10年選手』の画像

テキストのタイトルには「指定自動車整備事業者」と書かれているが、つまりこれは民間車検工場のこと。指定工場とも呼ばれる。 日本の自動車整備業を所轄しているのは国土交通省である。例えば東京の場合には、国土交通省関東運輸局東京運輸支局が管轄となる。そんなふうに
『オイル交換をしよう。』の画像

クラシック・レンジローバーは1993年モデルから、サスペンションはそれまでのコイルスプリング式からエアスプリング式に変更になった。1995年にモデルチェンジした2ndンジローバー以降は全車がエアサスペンション。 エアサスペンション車をコイルスプリングに交換するこ
『構造変更検査』の画像

2ndレンジローバーの樹脂製のラジエターグリルは、経年でどうしても変色してしまう。そして、その様子はお世辞にも年季が入って味が出てきたとは言い難い。マイカーで、毎日見ているうちに徐々に変化していく過程ではそれほど気にならないかもしれないが、ご来店していた
『ファイト!セカンド。』の画像

現行のランドローバー各車はともかく、2ndレンジローバー世代の頃までのランドローバーでは、酷いオイル漏れはともかく多少の滲みを完全に止めるのはなかな難しい。もちろん本心としては完全に止めたいのだが、現実問題としてまさにイタチごっこ。ここを直せば、やがてあ
『オイル滲み』の画像

最近の天気予報は面白くないほどよく当たる。今日も予報どおりの荒天だった。 今日に備え、昨夜のうちに名古屋から山梨県に移動していた。八ヶ岳山麓在住の知人のお誘いで、地元の方たちで構成されるゴルフコンペに参加する予定だったのだ。都会からこの地に移住してこられ
『曇のち雪のち晴れ』の画像

自動車の機械的な故障の多くは、まず音や振動から始まる。今までと違う音、今までと違う振動を感じたら、それが「サイン」なのである。エンジンなどの駆動系やサスペンションなど、回転や摺動をしている部分の異常が音になって耳に届いたなら、まずは点検をしたほうが懸命。
『Sign』の画像

先日、知り合いの親子とお会いしたときのこと。息子さんとも小学生の時から時々会う機会があったのだが、今はもう中学3年生で部活はアーチェリーをやっているとのこと。アーチェリーとは、中学としてはこれまた珍しい競技で、その場にいた大人たちもみな興味深々!スポーツ
『愛・自由・希望・夢』の画像

先に申し上げておくと、私にはこんな技術も知識もない・・・。 雑誌で羨ましいレンジローバーを見つけた。クラシックレンジローバーに現行ランドローバーに搭載されているディーゼルエンジン、TDV6をスワッピングする作業風景が記事になっていた。 TDV6(3リッターV6
『レンジローバーTDV6』の画像

バハマ号のヒーターが効かなくなった。正確にはブロワファンが回らなくなった。ブロワファンにはOFF→1速→2速→3速(全開)とあるのだが、調べてみると3速だけが回る。なので、ファンの音がうるさいが3速にすればヒーターは全開で効く。 この症状、パっと考えられる原
『ブロワレジスター』の画像

昨日、2月11日(祝日)、休日だった私は岐阜県にゴルフに出掛けた。今日、昨日使ったボストンバッグを片付けていて、バッグのポケットに残っていたイエローのカラーボールを見つけた。 昨日、未明に少し雪が降った。ゴルフ場に向かう道路もところどころ滑りやすくなっ
『Servise』の画像

つい最近2ndレンジローバーをご納車させていただいたお客さまからこんな番組を紹介していただいた。「Wheeler Dealers 」。英国の番組で、日本のケーブルテレビでは「クラシックカー・ディーラーズ」というタイトルで放送されているようだ。 マイクという自動車ブローカ
『Wheeler Dealers』の画像

今日は東京から名古屋への移動日。今夜の移動手段は新幹線。品川から名古屋まで1時間40分、名古屋から地下鉄で30分、たっぷり読書ができる。 私の最近の読書スタイルは、今年はじめに買った電子書籍リーダー「Lideo」。すっかり使い慣れている。およそ1ヶ月使ったので、こ
『電子書籍』の画像

そのお客さまとの出会いのきっかけはおよそ4年前、レイブリックの通信販売を利用してパーツを購入してくださったこと。お客さま、Y様は神奈川県在住でディスカバリー・シリーズ2のオーナー様。その後しばらくしてはるばる神奈川県から愛知県のレイブリックに遊びに来てくだ
『出会い』の画像

以前にも何度か触れたことがあるが、今日も水性塗料の話から。 1994年ごろからランドローバーで採用され始めた水性塗料だが、出始めの数年間は特に安定性に欠けていたと私は感じている。完全車庫保管をするなど、管理状態が良い車両以外は塗装が痛んでしまうケースがほとん
『大切な一台』の画像

都内某所で新型レンジローバーに遭遇!ご了解をいただいて写真撮影。 私の第一印象は、ブラックっぽいボディーカラーのせいもあるかもしれないが、想像よりも小さく見えたこと。実際の寸法は、従来のレンジローバーの全長・全幅=4950mm・1955mm に対して 5005mm・1985mm
『第4世代』の画像

地域性もあると思うが、オートクラフトは名古屋のレイブリックに比べてクラシック・レンジローバーの取扱台数は多い。サービス入庫の台数も、そしてご契約していただける車両の販売台数も。 そういえば、2010年に私がオートクラフトに赴任したときに感じたことは、都内での
『クラシック』の画像

巨匠によってリリースされた1/100モデルの数々、後ろに並んでいるランドローバーがそれなのだが、今回は本人曰く最も苦労したというランドローバーの末っ子、フリーランダー2が仲間入りした。 過去のモデルは、基本的にはその車種がベース。その車種とは、ディスカバリーな
『末っ子』の画像

こんなこと流行ってほしくないが、偶然なのかここのところ数件立て続けに起こっている3rdレンジローバーのトラブル事例の紹介を。 当ブログでも時々取り上げているが、3rdレンジローバーの弱点の筆頭は「水周り」。ラジエター、ラジエターホース、サーモスタットなど
『水周り』の画像

ボンネットの正面のデカールはレンジローバーの顔の大きな特徴である。これがあると無いではその表情は大きく変わる。塗装が終わってずいぶん長い時間が経ってしまったが、今日、そのデカール貼りという儀式を行った。 デカールの文字は1文字づつバラバラになっているのだ
『DECAL』の画像

これはレンジローバー・ヴォーグのメータパネル。ロックを開け、クルマに乗り込むとこんなふうに幻想的な空が映し出されている。もしかしたら別のバージョン、例えば青空とかもあるのかと何度か試してみたが、とりあえず景色はこれだけの様子。それにしてもクルマの計器っぽ
『液晶メーター』の画像

↑このページのトップヘ