LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2013年04月

倉庫の片付けをしていたらこんなポスターを発見!これは確か一昨年前にショップオリジナルのカレンダーを作った際に、ついでに印刷してもらったもの。本来は下の部分に帯状に12ヶ月分のカレンダーが入るのだが、その部分を取り除いて単純にポスターにしたものである。 カレ
『プレゼント』の画像

今朝、レイブリックへの通勤時、クルマの少ないこと少ないこと!世の中は本格的にゴウルデンウィーク休暇に入ったようだ。レイブリックは裏通り沿いにあって、一日中ほとんどクルマが通らなかった。それでもありがたいことに何人かのお客さまが来店してくださった。 そして
『ゴールデンウィーク』の画像

今日からゴルデンウィーク。天気もよいし、愛車の手入れをされている方も多いのでは。 そこで今日は、我々が行っているレザーシートのクリーニング方法をお伝えしよう。 使うのはメラミンスポンジ。自動車パーツ量販店ではなく、スーパーやホームセンターの日用品コーナ
『クリーニング』の画像

ディスカバリー3(ディスカバリー4も構造は同じ)のリヤゲートの開操作は電気式。ボタンを押すと電磁ソレノイドが作動し、ワイヤーを引っ張ってラッチを解除する。その電気部分が壊れることは稀だが、以外に簡単な構造のワイヤーの付け根が破損してしまうことが時々ある。
『開かずのトビラ』の画像

今日は名古屋でオフを過ごした。一日中雨、出掛けるのも億劫・・・。ということで、久しぶりにギターを弾いて過ごした。 このギターについては、もしかしたらずいぶん前にも触れているかもしれないが、なかなか面白い経歴があるので改めて紹介しよう。 その年のお年
『一生モノ』の画像

既に発表になっている新型レンジローバー・ヴォーグ、ショールームなどでご覧になられた方や、あるいは試乗をされた方の多くは、きっとそのクォリティーの高さに驚いているのではないだろうか。 3rdレンジローバーの最終モデルも、個人的には「これ以上のレンジローバー
『絶対に欲しい不必要なもの。』の画像

主にお客さまにご納車させていただくランドローバーに貼らせていただくお店のロゴステッカー、それが残り少なくなったので追加で作ることにした。 先月、高校時代の同窓会を行ったのだが、そこで再会した同級生に印刷物関係の仕事をしている仲間がいた。「何でも相談してよ!
『Network』の画像

1995年にランドローバーに出会い、レンジローバーに一目惚れをした私だったのだが、ディフェンダーというクルマの魅力に惹かれたのはそのもう少しあとのことだった。というのも、ディフェンダーというクルマを見たことがなかったから。 1948年にランドローバーが生まれた
『ディフェンダー』の画像

「LAND ROVER」と出会って18年。クルマ好きの私だが、ある意味では運が尽きたとも言える。気持ちも体も、多くのクルマを受け入れにくくなってしまったのだ。生涯ランドローバーと共に過ごせることには何の不満もないが、怖いのは、他のクルマの現状を見逃してしまうこと。
『ライバル』の画像

今日もIT関連で、頭から煙が出そう・・・。 Appleの製品は、私はiPod nano しか使ったことがない。クリックホイール時代の機種であり、画面をフリックして操作をするタイプのApple製品を私は知らない。 携帯電話をスマホに替えるときも、iPhoneに惹かれたのだが、モバ
『Apple』の画像

導入を進めているオートクラフトの自動車整備コンピューターソフト。今日、その仮設置を行った。ソフト会社のエンジニアに来ていただき、ソフトをインストールしていただいた。 ソフトをインストールしたといえ、すぐに使い始められるものはない。お得意さまの情報や車両デ
『QRコード』の画像

今朝、レイブリックに出社前、私はテレビの前で釘付けになっていた。アメリカゴルフツアーのマスターズ選手権のテレビ中継だ。 私がゴルフを真剣に始めたのは2004年の秋。すぐにその世界にハマってしまった。技術的に上達したいという気持ちとともに、ゴルフそのものに興
『Masters』の画像

ランドローバーのボディーカラーの多くは世界中の土地の名前や、その場所の印象が表現されていることが多い。 現行ランドローバーを例にあげると、 Indus Silver ・・・インダス川 Ipanema Sand ・・・イパネマ海岸 Orkney Grey・・・オークニー諸島 Baltic Blue ・・
『奈良の大仏』の画像

2005年にデビューしたレンジローバー・スポーツとディスカバリー3は、プラットホームが共通なゆえに車体のあらゆるパーツに同じものが使われている。ステアリングホイールもそう。 デビューから数年のモデルは、こんなふうにステアリングホイールのレザーの表面が荒れてく
『CUSTOM』の画像

新型レンジローバー・ヴォーグが発売され、新型レンジローバー・スポーツも発表になり、一昨年デビューしたレンジローバー・イヴォークのデザインの流れを汲んだ新たなランドローバーのスタイルが画一されつつあるように感じる。もちろんひと目で車種の区別はつくのだが、ど
『Sicilian Yellow』の画像

クラシック・レンジローバーの純正パーツは、供給終了になっていくものが増えている。写真はドアのウェザーストリップ。このパーツも既に供給が終わってしまっている。それで、製作してくれる工場を探してレイブリックのオリジナルパーツとしてリリースしたのがもう3年ほど
『Made in Japan』の画像

一週間ぶりにレイブリックに出社すると、3月に受診した人間ドックの結果が郵送で届いていた。人間ドックは朝8時半から行い、1時間半ぐらいで終了する。そのまま午後まで病院に居ればすぐに検査結果を聞くことができるのだが、すぐに仕事に戻りたいのでいつも即日での結果は聞
『検査結果』の画像

レンジローバーには代々「コマンドポジション」という概念が存在した。レンジローバーならではの特徴的なドライバーの着座位置のことである。高い視点、単純な形状の広い窓から車両の四隅が見渡せ、車両感覚が掴みやすく運転のし易さと開放感が味わえるポジションのことであ
『カタチが全てだ!』の画像

(昨日からの続き) 食事は精進料理。麦混の飯、そこらの葉っぱを千切ってきたような和え物と、出汁など全く効いていない味噌汁。あとは数切れの沢庵漬け。おおかたの食事が済むと、僧侶がやかんを持ってお茶を汲んで回る。それは必ずもらわなければならない。茶碗にお茶

Fecebookでの友達が岐阜の修行寺「正眼寺」を取り上げていた。今日は私の正眼寺体験修行記を。 正眼寺を訪れたのはちょうど25年前のこと。 大学を卒業して就職した会社の新入社員研修で、ココで修行を「サセラレタ」。3泊だったか4泊だったか記憶がないが、きっと人間の
『修行その壱(座禅編)』の画像

初代レンジローバーというクルマが登場したのは1970年。その30年後の2000年、レンジローバーは第二世代へと進化していたのだが、デビュー30周年を記念して「30th Anniversary」と名づけられた限定車が発売された。 全世界で何台発売されたのかは分からないが、日本への割り
『30th』の画像

好みのボディーカラーを選んだとして、あと「この部分がこんな色だったら」、「ここはこんな雰囲気がいい」、そんなふうに細部にまで拘ってイメージどおりの愛車を作り上げることはとても楽しい!しかし、純正パーツやアクセサリーを使ってカスタマイズするにはどうしても限
『カスタマイズの楽しみ』の画像

ある場所にクルマを停め、降りようとドアを開けた瞬間、すぐ脇の交差点で大きな交通事故が起きた。 キーッ、キーーーッ!というブレーキの音、そして聞こえてほしくなかった「ドーン」という大きく重い衝撃音。私の居る場所からは建物の影になって直接は見えなかったが、気

毎年、年度末の3月はとても忙しいのだが、なんだか今年は特に大変だった。最後の週など、正直なところパニック寸前だった。というか、スタッフ全員パニック状態に陥っていたのをなんとか気合いで乗り切ったという感じ。 とにかくお疲れさん!ということで、今夜は仕事が終
『お疲れさん会』の画像

↑このページのトップヘ