LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2013年12月

2013年ももうしばらくで終わりです。一年を振り返ってみても、無駄に過ごした日は一日もなかったと思えるほど充実した年でした。そして、大きな病気も怪我もなく過ごせたことがなにより嬉しいです。 さて、私自身の今年一番の出来事といえば、3月に開催した高校の同窓会で

昨夜、レイブリックの2013年の納会を終え、私の今年の業務は全て終了した。一年の間にはゴールデンウィークや夏休みなどの長期連休があるが、この年末年始の連休に入ったときだけは、なんだか本当にホっと一息つける。自宅の掃除など、仕事以外でやらなければいけないことは
『来年こそ!』の画像

昨夜、東京のオートクラフトでの納会を終えてから名古屋へ移動し、今日はレイブリックに出社。レイブリックは今日の午前中までの営業。午後からは大掃除。最終週をオートクラフトで過ごした私は、レイブリックに溜まっていた事務仕事を片付けているうちにあっと言う間に日
『レイブリック、2013年仕事納め。』の画像

今日でオートクラフトの今年の全日程が終了した。なんとか掃除を終え、看板の灯りを消してお店を閉めたあと、店内でささやかな納会を行った。スーパーでビールとにぎり寿司、オードブルを買ってきた。こうやってスタッフ皆で今年を振り返って「お疲れさま」と締めくくること
『オートクラフト、2013年仕事納め。』の画像

オートクラフトの年内の営業は明日まで。明日は仕事のキリがついたスタッフから順次大掃除に入るつもりではいるが、とてもありがたいことにお客さまからは明日も多くの仕事をいただいており、果たしてどこまで進むか予定が立たない・・・。とはいえ、とにかく時間は過ぎてい
『大詰め』の画像

百田尚樹さんの小説「永遠の0」を読んだのは数年前のこと。太平洋戦争での特攻隊員を題材にした、とても辛い、しかし感動的な小説だった。そらから何冊か零戦と戦争に関する小説を読んだ。そして、零戦と特攻について興味を抱いた私は2011年2月には鹿児島県の知覧特効平和会
『永遠の0』の画像

オートクラフトのメカニックは残業をすることも多いのだが、今日は帰りが早かった。ある者は家族と過ごし、あるいはデートの約束をしている者もいるのだろうか。いずれにしても良いことだ! 私はビジネスホテルで普段と変わりない東京の夜を過ごしているわけで、二人の子
『クリスマス・イブ』の画像

9月16日に予定していたレイブリック主催のゴルフコンペは台風によってあえなく中止となった。確かに台風はすぐ近くを通過し、ゴルフ場に向かう参加者の交通の妨げになったほど。しかし、それでもほとんどの参加者は既に会場に到着しており、そしてすれ違うように台風は遠
『執念の振替開催』の画像

1990年代はじめから徐々に普及していった安全装備のエアバッグ。はじめは運転席のハンドルのみだったが、それが助手席、そしてサイドへと広がっていった。 命を守ってくれる安全装備なので今ではなくてはならないものだが、それと引き換えにステアリングホイールを好みのタ
『ステアリング・ホイールの脱着』の画像

今朝の新聞の特集記事、首都直下地震の被害予想である。食い入るようにオートクラフトの場所を探すと、家屋倒壊の確率は比較的低い位置にあることがわかる。だからといって油断はできない。オートクラフトは臨海の埋立地にあので液状化や津波の心配もある。 2011年3月11日の
『備えあれば・・・。』の画像

この仕事をしていると、何年かに一度は大きな事故に関わる。しかし、幸いなことにこれまで大怪我を負われたお客さまはいない。路肩の田んぼに転がり落ちて一回転半して逆さまに止まった方もいらっしゃった。しかし、幸運にもかすり傷程度で済んだ。 このディスカバリーも高
『師走』の画像

WindowsXPから徐々に7や8に移行していかなければならない時代だが、正直なところついていくのがやっとである。というか、きっと使いこなせないままにまた次の時代へと移り変わっていくような気がする・・・。 OSの変化とともに、メールソフトのあり方も変わってきている。私
『mail』の画像

今年もギリギリになってしまったが、お得意さまにお贈りする2014年カレンダーがようやく完成した。ギリギリになったのは制作会社のせいではなく、原稿を渡すのが遅かった私のせい…。 1996年のレイブリック開業後、しばらくは英国から取り寄せた既製品を使っていた。2ヶ
『コラボレーション』の画像

レンジローバー・ヴォーグのオーナーさまからスタッドレスタイヤへの交換を承った。お客さまは以前レンジローバー・スポーツに乗られていたことがあり、当時のスタッドレスタイヤ用に使っていたホイールを保管されていた。今回はそのホイールを使ってレンジローバー・ヴォー
『タイヤサイズ選択』の画像

Mini、かつて私も所有していたことがあったが、それはそれはゴキゲンなクルマだった。その愛嬌のあるスタイルはどこから見てもかわいらしく、まるでペットのようだった。 そのMiniだが、メカニックとして触れた際にいろいろ驚くことがあった。Miniというだけあって、とにか
『Mini』の画像

これはクラシック・レンジローバーのヒーターユニット。ヒーターは、エンジンの熱を利用して室内を暖める仕組み。エンジンの冷却水は暖機が終わるとおよそ90度で安定する。その冷却水をパイプを通して車室内に引き込み、ヒーターコアを通過させる。ブロワファンで空気を送っ
『ヒーターブロワ』の画像

クラシック・レンジローバーのオーナーさまからご依頼いただいた作業はバハマ号と同じ手法でのインテリアダッシュウッドの交換。ノーマルのウォールナットからマホガニーの無垢材へ変更することでインテリアのイメージはずいぶん変わる。 純正のインテリアウッドは土台と
『クラフト。』の画像

2014年のスケジュール手帳を購入。 2010年6月にレイブリックとオートクラフトを行き来するようになり、それまでは携帯電話のカレンダー機能で十分事足りていたのだが、全く無理になった。スケジュールだけではなく、メモをとっておかないと覚えきれないほどの様々なことが発
『2014年』の画像

先月に引き続き、今日もステアリングホイールのレザー張替えの紹介を。 まずはレンジローバー・スポーツから。オーナーさまのリクエストでサイド部にパンチングレザーをあしらった。ヴェスビウスのボディーカラーとコーディネイトしてステッチはオレンジ色に。欧州車の場
『ステアリングレザーリフレッシュ』の画像

何年か前、腰痛がひどく、とても辛かったことがあった。整形外科、鍼院、接骨院など、藁にも縋る思いでいろいろな治療を試した。それでもスッキリとは良くならず、シルバーのブレスレッドや、ファイテンの商品も身につけた。その頃、ファイテンよりも効くと鳴り物入りで浮上
『Colantotte』の画像

雪の季節が終わってスタッドレスタイヤからサマータイヤへの履き替えは3月〜5月ぐらに分散するが、スタッドレスタイヤへの交換は年末にかけてのこの一ヶ月ぐらいに集中する。今日もレイブリックではタイヤチェンジャーとリフトがフル稼働。そんな中、レンジローバー・イヴ
『お洒落は足元から。』の画像

新型レンジローバー・スポーツのカタログを入手した。オフィシャルWEBサイトなどインターネットを通じて多くの情報を引き出すことはできるが、やはり紙のカタログの楽しみには敵わない。「楽しみ」とは、購入シミュレーションである。つまり妄想!たとえ購入することができな
『SPORT!』の画像

レンジローバー・スポーツ(初代)のユーザーさんが壊れた車載ジャッキを持ってご来店された。パンクをしてご自身でスペアタイヤに交換し、その後パンク修理を済ませて元の位置にタイヤを戻そうとしたときにトラブル発生。車載ジャッキが壊れて降ろせなくなってしまったのだ
『車載ジャッキの取り扱いに注意!』の画像

初めて読んだ東野圭吾さんの小説は「秘密」だったかな。ずいぶん前のことだが、ラジオで東野圭吾さんの経歴を知ったことが彼の小説に興味を持ったきっかけだった。理工系の大学を卒業後、日本電装(現在のデンソー)に入社し、その後作家になった。実際に彼の作品には理系の
『読書』の画像

東京に滞在しているときは一切できないが、名古屋にいるときには時々仕事帰りにゴルフの練習に出かける。今日はインドアの練習場へ。 最近ではシミュレーションゴルフといって、テレビゲームの実写版のような機械が普及している。どういう仕組みだかは分からないが、自分が
『妄想ゴルフ』の画像

仲間内の忘年会に出かけた。その仲間のなかでは私が一番年下。みんなは1970年の大阪万博へは修学旅行で行ったとか、1964年の東京オリンピックでは沿道で旗を降ってマラソンの応援をしたとか。万博の時は私は保育園児だったし、東京オリンピックはまだ生まれていない。 そん

↑このページのトップヘ