LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

LAND COMFORT 加藤ブログ イメージ画像
ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

2015年06月

ディスカバリー・シリーズ1オーナーのお得意さまから「加藤さん、ペダルゴム替えた?」と聞かれた。そういえばずいぶん前にゴムがすり減ってブレーキペダルが滑り易くなったことをブログで書いた。結局、上下を逆さまにしてそのまま使っていた。すると、「もう使わないもの
『ペダルゴム』の画像

週末のレイブリックにイヴォークのお得意さまが来店された。 両手で丸く形を作りながら「加藤さん、あのステッカーは?」と。第一号のお客さま、待ってました! そして数あるカラーバリエーションの中からお客さまが選んだものはブラック地にシルバー文字のタイプ。「ボディ
『シフトダイヤルバッヂ』の画像

ここ数週間、特にパソコン使った事務仕事をしていると気分が悪くなるようになってしまった。やりたいことは山ほどあるのに捗らない。風邪でもひいてしまったのかと体温計を当ててみても平熱。知らず知らずのうちに疲れが溜まっていて体調が優れていないのかとも思って様子を
『加齢か・・・。』の画像

朝型勤務の体制を政府が推している。「ゆう活」と呼ぶらしい。主に公務員が対象となるだろうが、始業を1〜2時間早めて夕方に自由な時間を作ろうという試み。もっともレイブリックのようにお店を構えているサービス業ではそういうわけにはいかないが、世の中にそんな人が増
『ゆう活』の画像

印刷屋さんにこんなものを作ってもらった。丸いステッカーで、樹脂でポッコリと立体的になったもの。 この丸いステッカーをいったいどこに貼るのかというと、ココ!レンジローバー・イヴォークのシフトダイヤルである。貼ったからってどうってことはないのだが、ノッペラでな
『遊び心で。』の画像

OLDランドローバーのパーツ供給体制が画一される、ちらほらとそんな噂も届いていたが、どうやら本当に始まるようだ。 ランドローバーは1948年から製造が始まり、現在も世界のあらゆる場所でそのおよそ70%の車両が残っていると言われている。日本に正規輸入されるように
『Land Rover Heritage division』の画像

ドライブレコーダーを装着される方が増えている。 ドライブレコーダーを使う上で最近問題になっているのは信号がLED化されていること。LEDは細かく点滅しているため、それが録画のコマの波長と同期してしまうと信号の色が映らないことがあるらしい。事故の際に自分が青信号で
『ドライブレコーダー』の画像

入庫している1995年最終モデルのクラシック・レンジローバー、そのメンテナンスの過程でトランスファーレバーを操作したらノブがもげてしまった・・・。クラシック・レンジローバーのこの部分は経年によってほぼ全滅。トランスファーをLoモードに切り替えるなどの操作をする
『Be strong』の画像

夜、帰宅したら「世界一受けたい授業」というテレビ番組がやっていた。そこで取り上げられていた食中毒の話題について。 食中毒を予防するために日ごろからヨーグルトを食べておくと良いとのこと。ヨーグルトなどに含まれている「ラクトフェリン」という成分が菌の繁殖を抑
『ラクトフェリン』の画像

ナイアガラ日記を読み返してみた。ナイアガラ号がレイブリックにやってきたのはちょうど3年前の2012年6月23日。その時の走行距離は74,289km。3年間でおよそ2万1千キロ走った。そのほとんどを私が運転してきたのだが、日ごろ乗るクルマはナイアガラ号以外にバハマ号もあるし、
『ナイアガラ日記 -完-』の画像

ナイアガライ号の写真を良〜く見ていただかないと分かりづらいのだが、前後のホイールの汚れぐあいが違う。フロントに比べてリヤホイールの方がが黒く汚れている。これはブレーキダストの汚れなのだが、通常はフロント側のほうが圧倒的に汚れる。 実は4月にフロントブレーキ
『ブレーキダスト超低減』の画像

入庫した3rdレンジローバーのフロントピラー部分に違和感が・・・。ピラーカバーとプレナムカバー、その上下関係が逆になっている。どこかで整備をした際に逆に組み付けられているようだ。正しくはピラー側が上に重ならないといけない。 作業内容としては一度ピラーカバー
『パーツ在庫』の画像

クーラーガス回路の真空保持点検をしている間に最近効かなくなっていたオートクルーズの点検を行った。 これは一目瞭然で原因が分かった。バキュームホースが劣化して抜けていた。エンジンルームにあるので熱の影響などもあってゴムホースにとってはとても過酷な環境である。
『夏のドライブに向けて』の画像

バハマ号、クーラーのガス漏れが見つかりホースを交換したのは昨年の夏。あれから一年が経ち、再び冷風が弱くなった・・・。今回もガス漏れの様相。ホースを交換した際にクランプの締め付けが完全ではなかったのか?確認してみたがしっかりと締まっている。リークテスター(
『微妙なクーラーガス漏れ』の画像

これは新車から4年が経過したディスカバリー4のフロントバンパー部分。オーナー様宅の駐車環境も良く、直射日光は当たらない。なのでボディ各部をはじめ、車体のコンディションは非常に良い。それでも樹脂部分は若干だが白く曇り始めている。 こんな時は和光ケミカルのスー
『お手入れ』の画像

今日、お客さまとブレーキに関するトラブル事例について話した。お客さまがインターネット上で見つけた事例なのだが、ブレーキキャリパーの「固着」の可能性についての話である。 私はお客さまから、「固着ってキャリパーがどういう状態になっていることを言うのか?」と質問
『ブレーキ』の画像

ステアリングホイールのレザー張り替え、こうしてブログで紹介する機会も多いが、それだけ人気のカスタムといえる。 今日の車種はディスカバリー3。ノーマルのイメージを変えず、しかし、せっかくだから少しだけ個性を表現したいというオーナー様のご意向だった。レザーもス
『ステアリングレザーカスタム』の画像

このマンションに入居したのは昨年の9月。もちろんその時はこんなに早く引き払うことになるとは思ってもいなかった。 2010年に東京で単身生活を始めることになった。以来、ここで三軒目の賃貸マンション。その間には一年間のホテル住まいも経験した。快適性や経済面を考え
『東京』の画像

今日は東京へ移動。一週間ぶりにオートクラフトに出社。いや、今の私の立場では出社ではなく「訪問」かな?まあ、そんなよそよそしい表現はやめて、やはり出社である。笑 今日の主な仕事は先月末に締めた第20期の決算整理の事務処理。名古屋の自宅でもできる仕事は持ち帰れ
『東京出張』の画像

最近のクルマの灯火類にはガラスが使われることが減った。3rdレンジローバーの場合、2005年まではガラスレンズだったが、2006年モデル以降は樹脂になった。メリットとデメリットはそれぞれあるが、樹脂レンズの場合には経年で酷く傷んでくるのが厄介なところ。熱射による
『輝きを取り戻せ。』の画像

新型レンジローバー用にと新たに制作を進めているアルミホイールだが、最終デザインも決定して現在は工場のほうで試作品の製造段階に入ってもらっている。設計の段階で、ブレーキキャリパーやサスペンション、ボディパネルなどへの干渉がないことは前提で進めているのだが、
『第二ステップ』の画像

レイブリックの取引銀行主催のゴルフコンペが年に2回開催される。梅雨入りかと思わしき週間天気予報の中、奇跡的に快晴に恵まれた今日、そのコンペが開催された。 私がこの会に参加するようになって5年ぐらになるだろうか、入会当初は私が一番若かった。今日は22名の参
『世代交代』の画像

オーナーさまのご要望でレンジローバー・イヴォークにトレーラーヒッチを取り付けた。キャンピングトレーラーを引っ張るのが目的だ。というか、そもそもそのためにランドローバーを所有しているのだ。 私は、以前一度だけランドローバーでキャンピングトレーラーを引っ張っ
『そうだ、キャンプいこう。』の画像

これほどまでに「ありのまま」が似合うクルマはなかなかない。 このディフェンダーはレイブリック開業間もない頃からひとりのオーナーさまによって大切に維持され続けているクルマである。およそ18年が経っているのだが、これまでメンテナスを怠ることはなく、もちろん故障
『ランドローバー』の画像

↑このページのトップヘ