9cc60db5.JPG■2ndレンジローバー(95〜01年)のステアリングナックル・ボールジョイント

時期的にほとんどの2ndレンジローバーのこのボールジョイントのブーツは破れてくる。このボールジョイントを交換するのが大変な作業です。見た感じでは、プロの方なら『ん…。ドライブシャフトを抜いて、ナックルを叩いて外して、プーラーをあてがって…。チョチョイノチョイ!』だと思われるだろうが、その作業が至難の業なのだ!ボールジョイントの勘合が固すぎて専用工具(SST)が壊れてしまうのだ。
今ではメジャーになったこの作業も最初のうちは近くのディーラーさんでSSTを借りてきて作業をしていました。ところが、そのSSTが数回の使用で壊れてしまうのです。これでは採算が合わないし、作業自体が止まって予定が狂ってしまうし、なにより時間的にお客さまに迷惑がかかってしまう。かといって、見過ごすわけにはいかない。
そこで、このプーラーを鉄工所で作ってもらいました。しかも純正SSTよりも頑丈に!

ボールジョイントのブーツが破れていると、当然車検は通りません。2ndレンジローバーの車検整備でこのボールジョイントブーツの破れを発見して、作業に取り掛かって苦労された経験のある整備工場さんも少なくないのではないでしょうか!ボールジョイントSST