ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
最近はあまり聞かない言葉だけど、よくメカニックの仕事を『3K(サンケー)』の代名詞のように言われたなあ…。危険・汚い・キツい、の頭文字からの3Kらしい!危険だし、確かにキツい仕事ではあるが、「汚い」はないよなあ…。
私も現役メカニックの頃は、爪の中や手のシワの間は年中真っ黒だった!人前で手をかざすのを躊躇することもしばしばあったけど、汚いとは違うでしょ!
クルマの汚れをエアーでプシュー!って飛ばすと、クルマはキレイになるがピット内に充満した埃は肌や髪にいっぱい付いて確かに汚れる。でも、それはクルマをキレイに仕上げる目的の副産物だから仕方ないし、だいたい当の本人は仕事として自分が担当したクルマがキレイに仕上がれば髪に付いた埃なんて全然不快に思わなかったりする。

私にとって『キツい』のはやはり暑さ寒さだった。夏は食欲がなくなるほどバテた。食べないともっとバテるから、弁当はお茶漬けにして流し込んだりした。
冬は寒さで手がかじかんだ。気がつくとささくれから血が出ていたり…。一日に何度も手を洗うが、お湯で手を洗うと肌が荒れるし、かといって冷たい水じゃあ耐えられない。

そんなキツさから開放される季節がようやくやってきた。おとといは日中34℃にまであがって蒸し暑かったが、昨日の休みを挟んで今日は一転カラッっと晴れた。いわゆる秋晴れ。午後になると涼しい乾いた風がピット内にも吹き込んできた。メカニックの間からは、『仕事しやすい!はかどるなあ!』なんて声が思わす飛び交っていた。