ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
3df1195d.JPG2ndレンジローバーのマイナーチェンジ以降にはホワイトウインカーレンズが採用されている。ウインカーはオレンジ色に光らなきゃいけないので、レンズが白の場合は電球がオレンジ色になっている。そのオレンジ色の塗料が剥がれてくると単純に白く点滅するようになってしまうが、これではウインカーとしては相応しくない。
そこでやはり電球を換えることになるのだが、とりあえず油性のマジック(マッキー)で塗ってもちゃんとオレンジに光る。まあ、長持ちはしないが…。

余談だが、最近のヘッドランプはHID(キセノン)タイプが増えてきている。その場合、となりで光っている白いポジションランプがやけに黄色に見えてしまう。カー用品店に行くとLED(発光ダイオード)のポジション球が発売されているが、これはなかなか鮮やかな白さで気持ちいい!ただ、レンジローバーに装着するとダイオードの内部抵抗値の具合から『電球切れ』インジケーターを点灯させてしまうからやっかいだ。レンジローバーには真っ白いポジション球は付けられないのか?!
そこでマッキーの登場!青のマッキーで電球を青色に塗ってしまうのだ。これでは青く光ってしまうのでは?なんて心配はご無用!ちゃんと透き通るような白い光になって輝くのだ!