彼らの音楽を聴いた人は口をそろえて『インストルメンタルなのに歌っているよう…』という。私は去年の夏に初めてDEPAPEPEを聴いた。
若い二人のギターDUO。自然に体が動き出すような明るい旋律で奏でられる音楽はまるで歌詞があるかのようだ。

昨日、夜中に何気に番組欄を見ると「DEPAPEPE」の文字が!『しまった!!!もう終わる時間だ!』慌ててテレビをつけたら『シュプール♪』の真っ最中だった。1時間の番組もすでにほとんど終わっていてそれが最後の曲だった。
スタジオ内のセットで雪が舞うなか、二人はまるで本当に雪が降ってきたかのごとく空を見上げて楽しそうにギターを奏でていた。
音楽ってこんなに楽しいものなんだ!と、若い二人に再認識させられた。

それにしても、この番組を録画し損なったのは不覚だ…。誰か撮っていないかと今朝から心当たりをあたっているが、深夜のNHK教育をチェックしているのを誰かに期待するほうがヤボなことかな…。