競馬にはそれほど詳しくない私でもこの馬の名前は知っている。
メジロマックイーン

(以下、枠番の記憶は定かではないので間違っているかも…)
平成3年秋の天皇賞!
連勝複式の馬券はそれまでは枠で仕切られていた(枠連)が、確かその年から馬連も発売されるようになった。当時、勤務していた職場ではG1レースになると同僚の一人が代表で場外馬券売り場に買いに行くのが習慣になっていた。そして私はマックイーンの馬券を買った。マックイーンは8枠15番。枠連で買えば3−だったのをあえて8枠マックイーンに絞り5−15、6−15と馬連で買った。
武豊騎手が騎乗するメジロマックイーンがスタート直後に外枠から射行で内に進路をとり、それが審議で進路妨害になったレースだった。レース終了後も審議のランプが点いていたが、とりあえず着順は、

 1着・・・メジロマックイーン
 2着・・・ァ????
 3着・・・亜????

ぶっちぎりの一着でゴールしたマックイーンは邪魔をした相手の馬の後ろまで着順を下げられた。その結果ナント18着(涙)。

そして2着以降が繰り上がって

 1着・・・
 2着・・・

もし枠連で買っておけば結果は同じ3−8だった…。悪夢を見ているようだった。ガックリ…。
少しでも高いオッズを狙って欲をかいて馬連を買わずに素直に枠連で買っておけば偶然にも的中していた予想だった。たまにしか当たらないのに幻となってしまった印象深いレースだった。

そのマックイーンが亡くなった。冥福をお祈りいたします。