ec50456b.JPGディスカバリー3、お前もか!
なんて冗談を言っている場合じゃないが、ディスカバリー・シリーズ1の頃は日常茶飯事だったリブベルトのトラブルがディスカバリー3でも発生した。走行僅か2,000キロ。オートテンショナーのガタが原因でベルトがプーリーからずれながら回転し、ベルトが端から切れて細くなってしまっていた。
今回の車両はディスカバリー3・SE。FORD製V6エンジンだ。なにもこんなところまで遺伝しなくても…。たまたまの製品不良で今後多発しないことを願う。