ある四駆専門誌の企画でレンジローバー特集が組まれるとのこと。レンジローバーといえばレイブリックだ!(と言ったか言わないかは確かではないが…)ということで、日程さえ決まってはいなかったが、早ければ今週あたりに取材に来ていただく予定にはなっていた。

今朝10時半ごろ、編集部から電話があった。

 編集:先日、お話させていただいておりました取材の件ですが!
 加藤:ハイハイ!日程は決まりましたか?
 編集:できましたら…、今日か明日で…。
 加藤:またまた急ですね〜!
    (とはいっても雑誌の発売日から逆算すればそろそろタイムリミットかな!)
 編集:これから(東京を)出れば2時過ぎには着くと思います!
 加藤:お気をつけて!

予定通り、2時過ぎには編集部が到着!打ち合わせなしのアドリブでの取材だが、これをうまく誌面にするのが雑誌編集部のスゴイところ。まあ、間に合わなかったのでこのページは白紙で…、なんて許されるわけがないので当然といえば当然なのだが、状況からして数日の徹夜も必至だろう!

44mag608a