バンパーには一般的に樹脂が使われている。主にウレタンとポリプロピレン、いわゆるPP(ピーピー)バンパーだ。塗装を伴なうものにはウレタン、樹脂のままで使う場合はPPが使われるケースが多い。たとえば、2ndレンジローバーでは、オートバイオグラフィーや50thなどの限定車でボディー同色の場合はウレタン、HSEやSEなど、塗装されておらず表面がザラザラのものがPPだ。
このPPバンパーの厄介なところは経年で白く変色してくることだ。写真のフリーランダーもバンパーの面積が広いのでよけいに目立つ。これではせっかく洗車をしてもパリッとしない。

landrover620zこんなときに活躍するのが樹脂の保護剤だ。今回は和光ケミカルのスーパー・ハードという商品を使った。透明の液剤を付属のスポンジに染みさせて樹脂面に塗るだけ。作業はきわめて簡単。価格は6,300円とケミカル品としてはちょっと躊躇するような値段だ。今回フリーランダーの前後バンパーとオーバーフェンダーに塗ったが、おそらく1/3〜1/4ぐらい使ったと思う。つまり、1本で3〜4台分!
このスーパー・ハードの最大のメリットは長持ちすること。試験的に社用車のバンのPPバンパーに塗ったのが既に2〜3年前!さすがに完全とは言えないがまだ持続している。パッケージには『6〜12ヶ月効果が持続』と遠慮がちに記載されているが、和光ケミカルさんもその実力を把握していなかったのだろうか?!
たかが、バンパーの保護に6,300円?!と思うが、この効果を体験すれば納得できる。病み付きになってアチコチに塗りたくなる。

landrover620a真っ白に変色したPPバンパー






landrover620bスーパー・ハードで作業中






landrover620cキモチイイ!