特にテニスを熱心にやったことはないが、テレビ中継で試合を観るのは好きだ。(今年に限ってはサッカーのワールドカップの盛り上がりで影を潜めた感があるが)現在、イギリスでは全英オープンテニス(ウィンブルドン)が行われている。
10年前に私がイギリスに行ったときにもちょうどウィンブルドン大会の開催中だった。1996年の大会では伊達公子の活躍が印象的だった。あいにく渡航の日程と合わずに伊達選手のゲームを観ることはできなかったが…。
伊達選手は準決勝で女王シュティヒ.グラフ選手(ドイツ)と互角以上の闘いを展開した。第一セットこそ落としたものの、徐々に自分のペースに持ち込んだ伊達選手は第二セットをとり、確か第三セットに入ったあたりで日没サスペンディットになった。完全に勝ちパターンだった。
翌日、試合の残りが行われたが、立ち上がりから調子の良いグラフ選手と、徐々にペースが上がっていく伊達選手とではその日1セットだけのゲームは不利だった。日没だから仕方ないが昨日あと30分ゲームを続けていられたらかなりの確立で伊達選手は決勝に進んでいただろう!応援する側もすごく残念なウィンブルドンだった。

さて、今年のウィンブルドンは杉山愛選手に期待だ!残念ながらダブルスでは初戦で負けてしまったが、シングルでは昨夜の試合でヒンギスを下し、ベスト16に進出した。このまま快進撃を続けてほしい!