97d587a2.JPGこれはインターネット専用口座の銀行のパスワードを表示する機械。スパイウェアに侵されたパソコンが第三者から監視され、自信のパスワードを盗まれないようにするために考案されたものだ。キーホルダーに表示された6桁の数字は60秒ごとに任意の数字に変わっていく。この数字が銀行とリンクしていて、入力した瞬間に照合して入出金を可能にするというもの。リンクといっても通信をしているわけではない。ヨーイドン!で、銀行側のシステムとキーホルダーを同時にスタートさせてあとは電池の寿命が続く限り表示し続けるだけだ。『電池が消耗して60秒ごとの時間が徐々にずれたり…』なんて心配をしてしまうが、きっと素人のそんな当たり前の心配はとうに解決済みだろう。
これまで、パスワードはキャッシュカードとは別のIDカードというもので管理されていた。パソコンから振込みなどを行う場合は暗証番号とIDカードに記されたパスワードを入力していたが、そのIDカードに代わるものがこのキーホルダーだ。昨日届いてさっそくヨーイドンの設定を済ませた。
自己の財産の安全が確保できることは嬉しいが、キーホルダーがポケットの中でかさばるのは厄介だ。どうせならテトリスぐらいのゲーム機能を付けておいてくれたら嬉しかった(笑)。