8ae593a6.JPGこれはクラッシック・レンジローバーの天井。中世ヨーロッパ建築の内装のようでなかなか素敵な天井張りだが、これはただの偶然。本来しっかり貼り付いていないといけないヘッドライニングが垂れ下がってきてしまったのだ。幸いルームランプやスピーカーなどでうまくバランスがとれている。見栄えは決して悪くないのでこのままでも良いというユーザーは多い。ただ、サンルーフの修理を行うなど、一度ライニングを取り外さなければならない事態になったときはここまでキレイにギャザーを再現するのは難しい!そのときはあきらめて本来の姿に張り替えていただくことになるだろう。