8128e867.JPG一見ただのスパナだが、サイズは32−36mm。しかも薄口タイプ。スナップオンでいうロートルク。薄いスパナでは強い力は掛けられない。なのに32ミリなんていう大きなサイズ。なんともつじつまが合わない工具だ。
32ミリの薄口スパナをレイブリックとしてはカップリングファンを取り外すためだけに持っている。汎用のスパナやモンキーレンチの厚さでは入らないのだ。だから薄くなければならない。汎用工具でありながら用途は限られている。あれば便利というものではない。なければ仕事にならない。まるで専用工具だ。