landrover_919a2ndレンジローバーの代表的なオートエアコンに関する修理の最中。ブレンドモーターという部品を交換しているところ。
オートエアコンは任意に温度設定さえしてやれば、風温や噴出し口の位置(上・中・下)の調整を適切に制御してくれるシステムだ。(2ndレンジローバーの温度調節はかなり曖昧だが…)
ブレンドモーターとは名のごとく『ブレンドするモーター』だ。これはクーラー機能で作り上げられた除湿された冷たい空気と、ヒーター機能で作られた温かい空気とを適量づつ混ぜるためのフラップを動かすためのモーターなのだ。コントロールユニット(ECU)からの指令で動くこのモーターが正常に動かなくなると冷温の調整が効かなくなるのだ。夏なのに生温かい風が出たり、真冬に冷風しか出なくなったりする。

landrover_919bブレンドモーターと同様に、内気循環〜外気導入を切り替えるためのフラップにも、上中下の噴出し口を切り替えるためのフラップにも同じようなモーターが使われている。いずれにしてもダッシュボード内の奥深くにまでたどり着いての作業になる。オートエアコンは確かに便利な装備だが、故障したときはゴマカシが効かないのが悩みの種だ。