ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
9d5fdf99.JPGエアサスペンションのコンプレッサーはエンジンルーム内の助手席側にある。不定期に『ブ〜〜〜ン!』と作動する。圧縮のための空気の吸い込み口にはフィルターが付いている。これが汚れで詰まってくるとコンプレッサーは普段より頑張って汲まなければならない。頑張って頑張って吸い込むと作動音が大きくなる。当然コンプレッサーの負担も大きくなる。こまめにとは言わないが、エアスプリングの交換など、ついでの時には交換しておいたほうが良いだろう!
ちなみに、このフィルターは樹脂製だ。取り付けの際、斜めに差し込んだままネジを締めこんだりすると、ネジ山が削れてしまうことがある。そのときの切れカスがエア回路内に入り込みバルブの密着不良など、エア漏れの原因になることもある。無理に締めこまずに適切な力で締めるように注意が必要だ。