7e835079.JPG試作品の製作を進めていた3rdレンジローバー・スーパーチャージド用のマフラーが完成した。早速、高速道路へ持ち出して試運転をしてみた。左右4気筒づつの排気がテール部分のサイレンサーで集合され、そこから4本のテールパイプに分かれて排気される。笛と同じで細いパイプから出る排気音は高い音になり、太いパイプの場合は低い音となる。今回は細めのパイプの4本出しだが、これをもう少し太めの2本出しにすることも検討している。試運転の感じでは、小気味いい感じの乾いた滑らかな音に感じた。吹けも良い!
とりあえず、この4本出しのタイプで500〜1,000キロ走行して初期の音の変化が落ち着いたときに方針を考えてみようと思う。