7015690c.JPG電子部品にハンダ付けを行おうとしているところへ工業大学の電気科出身で電気工事業を営む友人が現れた。自動車の部品であれ何であれ、ハンダを付ける作業そのものは電気のプロにはかなわない。「ちょうどいいところに現れたな!ちょっとコレをたのむ!」とばかり、ちょうど準備をしたばかりのハンダごてを手渡した。
プロなんだから褒めるもの変だが、さすがに手際良い!そして、シンプルにかつ確実に配線されていく。私がやるときっとハンダが大きな塊になったりして、スマートな仕上がりにはならないだろう。