3522f666.JPG万が一フューエルフラップスイッチが壊れてしまったときのための便利装備がある。これは、とくにオプション扱いとしてカタログに載っているわけではない。おそらく、フューエルフラップスイッチの故障の報告が多数寄せられたことで、メーカーが対処した方法だ。
フューエルフラップは電気的にオープンスイッチを押すことで開くしくみだが、万が一そのシステムが故障したときのためにこんなものが登場した。本来、アクチュエーターがロッドを引っ込めることでフラップがバネ式でハネ上がるの。そのロッドに直接ヒモを引っ掛けてひっぱることでフラップをあけようというもの。原始的なだけに間違いがないシステムだ。
オプションカタログにも載っていないため、このパーツの存在を知るすべもないユーザーも少なくない。トランクルームのトリムの裏に忍ばせておいて、いざというときはヒモを引っ張ってやるのだ。もっとも、ただのヒモなので特に純正部品である必要は全く無いのだが…。