ブログネタ
+++ ランドローバー +++ に参加中!
57fbc0f7.JPG今日も一台の2ndレンジローバーのエアサスペンションシステムに関する修理をした。ドライブボックスと呼ばれる制御ユニットの交換だ。取り外したドライブボックスのシール部分は、いかにも熱の影響だろうというように褐色に変色している。ドライブボックスに限らず、エンジンルーム内にあるバルブブロック周辺のエア漏れの原因もO−リングなどのシール部分の劣化によるものが大半を占める。これらも、エンジンルーム内の熱によって劣化を早めているのではないかというのが我々の見解だ。例えばクラシック・レンジローバーのそれらの部品は全てボディー真下のシャシ部分に取り付けられており、つまり熱の影響も受けないため故障の頻度は2ndレンジローバーより低い。
例えば、このバルブブロック周辺を囲むように遮熱板を設けてみたらどうだろう!あるいは走行風を導いて冷却させるとか!工夫次第ではトラブルに見舞われる確率が低くなるかもしれない。

ランドローバー - livedoor Blog 共通テーマ