36fbb550.JPG新型フィアット500、最近かなり気になる!
中学生の時に劇場版ルパン3世「カリオストロの城」を観た。これが、チンクエチェントとの出会い。免許をとってクルマに乗るようになってからこれまでのおよそ四半世紀、このクルマを街で見たことは僅かに数回。それほど走っていないということは、おそらくとても根性が要るクルマなんだろう!私にはきっとその根性がなかったからこれまでオーナーになることはなかったのだろう。
さて、新型!かつて、ビートルがNEWビートルに、ミニがNEWミニに生まれ変わったように上手に垢抜けている。信頼性もせめて今時のイタリア車レベルまでは向上しているのだろうと勝手に良いほうに解釈している。甘いかな(笑)…。仮に、性能や信頼性が予想以下であってもきっと許せてしまいそうなほど愛嬌がある。
ところで、新型フィアット500の国内の発売時期は決まっているのかな?早く実車を観てみたい!