e8b14822.JPGディフェンダーユーザーのお客さまから『エンジンルーム内でバチバチ音がする』という相談の電話をいただいた。状況を詳しく伺うとどうやらファンベルト周辺に原因があるようだ。この暑い時期に仮にファンベルトが切れてしまっては大変だ。レイブリックに向かっ途中で状況は悪化。エアコンのベルトが切れ、当然エアコンが効かなくなった。エンジンルームを覗くとファンベルトが端から切れかかっている。大事をとってレッカー車に依頼して入庫することになった。
早速点検したところ、原因はファンベルトのテンショナーにあるようだ。テンショナーのベアリングにガタが発生し、プーリーが傾いたことでファンベルトには前方方向にずれようとする力が働く。それが原因でファンベルトの端に無理な力がかかってほつれるように切れ始めた。ほつれたベルトの端が回転しながら周辺を傷めつけた結果、まずすぐ隣で回転しているクーラーベルトを切ってしまったのだ。その他、クーラントのホースにも僅かに傷が確認されたが、オーナーさんの敏感さが幸いして被害は最小限に留まったと言ってよい。音や振動などの異変に敏感に気づいたためにスグに車両を停車させたのだった。
300Tdiに関しては取付けの不良によるベルト切れは今ではすっかりなくなったが、テンショナープーリーのガタが原因で同様の症状が発生した例だ。