20070821a残念ながら今日もオーバーヒートに関する情報だ。オーバーヒートのことなら2007年のブログを見よう!が合言葉になりそうな勢いだ…。
写真は2ndレンジローバーのラジエターとアッパーホース。ラジエターからホースを抜いたわけではない。走行中に抜けてしまったのだ。当然クーラントは一気に噴出してしまった。それにしても、バネ式のホースクランプが冷却水回路内の圧力に耐え切れずに抜けてしまうとは困ったものだ。本来ならリザーバータンクの圧力弁が開いて上昇した内圧を調整してくれなければいけない。それも間に合わないほど一気に圧力が上がったのだろうか?
ラジエター各部の温度を点検してみると場所によって温度にムラがある。クーラントが通っている部分とそうでない部分の差だ。つまり、場所によっては詰まっているということ。ラジエターの冷却効果が完全な状態ではないところへもってきてこの暑さ。推測される原因としてはそんなところだろう。まずはラジエターを洗浄するか、それとも安心のために交換するか。対処の方法はこれからユーザーと相談して進めていく。
抜けてしまったアッパーホースのクランプも念のためにネジ式に交換した。20070821b