国内ではすっかり低迷しているスポーツカー市場である。レーシングカーの最高峰であるF1で大変盛り上がっているトヨタ自動車では現在スポーツカーは発売されていない。
そんな中、時代背景に真向勝負をしてくるかのごとく、日産自動車からGT−Rが発売されることが発表された。デビューは10月24日の東京モーターショーだというのに今月26日から予約開始とのこと。全貌も把握できず、グレード構成や価格もまだ不明確だ。それでもきっと予約は入るだろう!歴代GT−Rを振り返ってみてもどのモデルも決してファンを裏切っていない。それは紛れもなく実績であり、それ故に深い信頼も築きあげている。特に我々中年以上の世代にとってはGT−Rとはそんなクルマだ。
1991年にデビューしたR32GT−R時代からイギリスへも輸出されており、価格は£50,000だった(と思う…)。当時の為替換算で約1,000万円。欧州ではフェラーリのV8モデルやポルシェ911のライバルとして比較対象になるほど高次元のスーパーカーなのだ。
一ヵ月後のデビューが楽しみだ!