米国ラスベガスで10月30日から11月2日までの期間開催されていた世界最大のアフターマーケットパーツのトレードショーSEMA07へ行ってきたという知人が膨大な画像データを持ってやってきた。アメ車といえばメッキというイメージは徐々に変わってきているという印象だったそうだ。ボディーや内装、足回りなどの機能パーツにもカーボン素材が多用されていたようだ。
パソコンでスクロールしているだけで目が廻りそうなほどのドレスアップカーやパーツの様々な写真の中からランドローバーに関わる写真だけいただいた。メッキグリル、メッキホイールというような従来のアメリカンな味付けとはかけ離れた仕上がりだ。『このエアロやホイールのブランドは?』と尋ねたが、『観るものがたくさんありすぎて覚えてない…』とのことだった。sema1sema2sema07