0695416e.JPGゴミは分別されてリサイクルするのが当たり前の時代。自動車が構成される部品のほとんどがリサイクル可能な材料だ。エンジンやトランスミッションなども金属のかたまりだが、鉄やアルミ、銅など分解によって分別の必要がある。その点、アルミホイールはそのままでかなりの量のアルミニウムが原料として確保できる。クラッシュして曲がってしまったホイールなどはリサイクルには格好の部材だ。