ecbd3475.JPG例えばマフラーのフランジ部分のナットなど、錆び付いて更に腐食してレンチを掛けてもうまく緩まず、あげくに角が丸く削れてしまうことがある。できればなんとかして六角の形が残ったままナットを緩めたいと思うのだが、既に角がなくなってしまったナットの場合、もはや丁寧に抜き取る必要はない。
そんなとき、ナットを割ってしまう工具が活躍する。ナットスプリッターというこの工具は、ナットに当てて締めこんでいくとクサビ状の歯がナットに食い込み、やがてひび割れる。これを対角で二箇所から切り込みを入れてやると見事にナットが二分割に割れるのだ。こうすることでボルト側は無傷で再使用できるというわけだ。
最近ではホームセンターでもよく見かけるようになった。だいたいクルマでよく使われているサイズのナットに合ったものなら数千円から手に入る。D.I.Yの最中にそんなトラブルに遭遇したら迷わず買いだ!