00bcbb9c.JPGランドローバーとミニ、この組み合わせはスゴク自然である。その証拠に、そうやって複数のクルマを所有されているユーザーはレイブリックのお客さまでも何人もいらっしゃる。ミニに関してはクラシックMini、BMW・Miniは問わない。もちろん、もちろんランドローバーも様々。クルマ等があたかも親子であったり兄弟であるような、そんな関係にも感じる。
ホワイトのMiniのオーナーさんはディスカバリー・シリーズ兇箸諒数保有。今回は車検整備で入庫していただいた。ルーキーマフラーが腐食して穴が空いてしまったので新品に交換したところ。イエローの出口パイプが眩しいが、更にこの先にクロムのディフーザーが取り付いて完成となる。ディフーザーは強引に叩き込んでしまうタイプなので、逆に取り外すのも困難だ。もし、叩き込んでもリヤバンパーよりも飛び出た位置までしか入らなかった場合に車検で引っ掛かるかもしれないので見合わせているところ。検査基準ともかく、この丸みを帯びたパイプ形状もこれはこれでなかなかカッコいい!