おとといの深夜(というか昨日の未明…)、たまたまテレビを点けていたら「花嫁のれん物語」というドキュメント番組が始まった。まもなく、私はその世界に吸い込まれ、眠気を忘れてとうとう最後まで観てしまった。
内容は多田屋さんという石川県和倉温泉の旅館のお話。そして、そこへ嫁いだ若女将の物語。慣れない仕事に就いた若女将の奮闘記と、旅館とその地方を襲った能登地震からの復興のご努力や…。とにかく勇気づけられたし、なにより旅館のみなさんの笑顔が素晴らしくとても心が温まる番組だった。今回が再放送だったようだが、もうこれが最後の放映なのだろうか?…。録画しておかなかったことが悔やまれるほどの作品だった。
私が多くを語るより、若女将のブログ『能登ノート』を読んでいただけるとその素敵さが解かっていただけると思う。
いつか泊まりにいきたい!そう思わせてくれる旅館だ。