82078852.JPGすっかり春の気候になった。レイブリックのピットは、先週末からスタッドレスタイヤから夏用タイヤへの交換でご来店されるお客さまで賑わっている。ご自身でガレージで行うにはなかなか大変な作業だが、リフトやインパクトなどの整備機器があればそれほど大変ではない。コーヒーを飲んで待っていていただく僅かな時間で完了してしまう。
我々はただタイヤを交換するだけではない。タイヤを外したときにはブレーキパッドの残量の点検もできるし、タイヤ空気圧の調整をすることでパンクのチェックもできる。リフトでクルマを上げることはそれ自体簡単な目視点検も兼ねているのだ。さらに、ピットへの出し入れの僅かな移動距離でもユーザー自身はまだ気づいていないクルマの異変に気づくことさえある。『あれ?エンジンルームから異音がするぞ!オルタネーターかウォーターポンプのガタかな?』とか、『このイヤな臭いはクーラント漏れかな?!』などなど。
春と秋、年に2回はお客さまの知らない間に簡単な点検が行われているのだ。